yukitaの想い出日誌 CLANNAD―クラナド―第14回『Theory of Everything』・一言感想編
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

CLANNAD―クラナド―第14回『Theory of Everything』・一言感想編

「おとといは、ウサギを見たの。昨日は、鹿。今日は、あなた。――あなたは、朋也君。」
「迎えに来た!皆、お前を待ってるんだ!」

朋也とことみが、本当の意味で再会した瞬間のこのシーンが、一番好きです。

両親の想いが篭った縫ぐるみを抱いて、「お帰りなさい。」と、ことみが言ったシーン。
あの時に溢れた光を、朋也達は感じる事が出来たのでしょうか?

『CLANNAD』放送前に、ことみ編のドラマCDを聴いた時の感動(詳しくはこちら。)が強くて、ボロボロと泣く事は無かったのですが、ウルッと来ました。――何だか、幸せを感じました。

※日を置いて観たら、ボロボロ泣くかも知れない。

改めて『ことみ編』を最初から観れば、新たな発見がありそうです。(繰り返して観てしまうかも知れません。)

後日、改めて14話の感想を書きます。――では。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。