yukitaの想い出日誌 CLANNAD―クラナド―・第6回・『姉と妹の創立者祭』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

CLANNAD―クラナド―・第6回・『姉と妹の創立者祭』

三井さんって、やっぱり良い人だったんだ!信じて良かった!!
――やっぱり、三井さんは良い人でした。本来なら、風子の一番の親友になっていたかも知れない三井さんが、『嫌な人』でないとは思っていましたが、本当に良い子だと思いました。

※済みません。一週遅れになりました…。
『テスト前とかじゃなければ、行けるかも知れません。』
――この言葉は、『時間を作ってでも、参加します』と同義だと思います。

三井さんにとって、公子さんは『赤の他人』です。
渚と違って面識も無いので、何の思い入れも無いでしょう。
それでも、風子の『ヒトデの招待状』を受け取り、公子さんを祝おうと思ったのは、風子に友情を感じていたからでしょう。

『Kanon』・16話で、栞はこう言っています。

「想い出に時間は関係無いです。その人にとって、その一瞬がどれだけ大切だったか。――それだけだと思います。」

――友情も、同じだと思います。
風子と三井さんは、ほんの1日、しかも少ししか話をしていません。
それでも3年間、お互いの事を忘れずに居たのは、二人の間に友情が芽生えていたからだと思います。
もし、風子が事故に遭わずいたら、誰よりも三井さんと一緒に居たでしょう。
もしかしたら、「ふぅちゃん」「みっちゃん」(三井さんの名前が解らないので、取り敢えず)と呼び合っていたかも知れません。

最後に、三井さんは「頑張って下さいね。」と言って、風子に微笑みかけていました。
少なくともこの瞬間は、風子と三井さんの心が通じ合っていたと思います。
そして、この二人は紛れも無く『友達』だと思いました。

※このままだと、風子と三井さんの事で感想が埋まってしまいそうなので、ここからは、順を追って書きます。風子と三井さんの事も、また書きます。
(書くのかよっ!⇒書くのです!今回の話で、このシーンが一番好きだから!!)

朋也が渚たちを迎えに来た時、『古河パン』は、『春のヒトデぱん祭り』が開催中。(景品は出ません。)
早苗さんが全てのパンを『ヒトデぱん』にした事を知り、「最悪だと思います。」と言った朋也。
「秋生さんと、同じリアクションですね…。」泣き崩れる早苗さん。
「オッサンは?」もはや、早苗さんへのフォローも入れず、秋生の居場所を訊く朋也。
これは、早苗さんが泣く事が、既に朋也の『日常』に組み込まれている証拠だと思います。
また、それ位、渚との距離が近くなっている証拠とも言えます。(無意識に名前を呼ぶ事さえある程。)

秋生は、パンが焼きあがると同時に、「早苗、お前は最高に可愛い奴だが、焼くパンは最悪だぁ!」と言って、逃げ出した様子。
多分、焼き上がりと同時にパンを全種類・試食させられる事を恐れての事でしょう。
その後、フォローの電話を入れたものの、電話に出たのが風子だった為、秋生は赤っ恥をかいた様子。
――多分、『古河パン』では日常茶飯時な展開なのだと思います。でも、こんな毎日だと本当に、古河家の経済事情が心配になって来ました…。

それと『ファイナル・ヒトデ使い・風子』のシーンは、笑えました。
あの物語を即興で考えられるのだから、朋也と渚が付き合う様になったとしたら、『脚本家を目指してもいいのでは?』と思いました。

風子が『ヒトデぱん』に囲まれて、『あはあぁ』となっている隙に、鼻から飲み物を飲ませる事に成功した朋也。また一つ、『風子マスター』へ近付いていく。

風子が地道にヒトデを配っている姿は、校内でも有名になり、親衛隊まで出来る始末。
その親衛隊は3人で、少し(かなり)暑苦しい連中ですが、根は良い奴の様子。
でも、そんな彼等に兄妹だと勘違いされ、辟易する朋也と風子。

もっと皆にヒトデを受け取ってもらう為に、作戦会議中の朋也達。そこに、春原が。
『渚ちゃんの為に』と言いつつ、仲間に入る気満々の春原。「結構です。」と風子に断られ、朋也にまで戦力外通告される始末。
しかし、起死回生の策として春原は『彫刻勝負』を風子に持ち掛ける。

題材は『鵺(ぬえ)』。
頭は猿・胴体は狸・尾は蛇・手足は虎の怪物。
しかし『風子補正』では、『頭は猿・胴体は犬・好物はキビだんご。』と言う、謎の生物に。
「岡崎さん。鵺って動物園に行けば、観られるんですか?」
渚に空想上の生物と説明し「アホだらけだ。この部屋は…。」と、溜息を吐く朋也。
「出来ました…!」
風子の完成させた物体は、『けろぴー』だった!
がっくりと膝を折る風子。その隙に彫刻を完成させようとする春原。
――よそ見して、彫刻刀で手をグサリッ!

ここで春原が使っていたのは、彫刻刀の丸刀(細)です。あんなので鵺を彫ろうとするなんて無謀過ぎます。せめて平刀か、切り出しを使うべきでしょう。

風子はヒトデを彫る時、彫刻刀一本で全てを賄っている様ですが、相当時間がかかるでしょう。
本来なら、のこぎり等で大まかな形を切ってから、平刀や切り出しで形を整え、三角刀・丸刀等でヒトデの『表情』を作った方が、早くて綺麗に出来ると思います。
それでも、あれだけの物を彫っているのだから、それ程、公子さんへの想いが強いのだと思いました。

放課後。公子さんを創立者祭に招待する為、風子を先に古河家へ帰した朋也達。
一人去っていく風子の後姿に思わず、
「私達、何だかふぅちゃんのお父さんとお母さんみたいですね。」
と言ってしまった渚。
直後に照れた顔を見せる渚と、それに反応する朋也の表情が初々しいです。

伊吹家へ向かう途中、祐介に再会する朋也。祐介に事情を説明すると、
「行くか行かないかは、あの人次第だが、そう言う話を聞くだけでも気が晴れると思う。――頼む。」

何とか公子さんの説得に成功した、朋也達。その理由は、『事故に遭う前に、風子と約束したから。』
それを訊いて、必死に涙を堪える渚。何とか誤魔化して、その場を去る朋也達。

翌日。部屋中ヒトデだらけにして、眠る風子をおんぶして登校する朋也と渚。
朋也の背中で寝ていた風子が目覚め、「そこはかとなく最悪です。」と微妙な台詞を。
朋也に背負われていた所為か、おかしな夢を見たらしい風子。

海パンを穿いた巨大ヒトデと一緒に、海岸で砂遊びをしている風子。
そこに、黒タイツ一丁の朋也が、爽やかに登場。
「おーい、ふぅちゃーん。イヤッホゥ!岡崎サイコー!!」(⇒微妙に変態ちっく)
そして、風子の手を引く朋也。
「お前、一人で何やってんだ?今日は、『ヒトデ祭り』だぞぉ!


「――って、『ヒトデ祭り』って、何ですか?」夢と現実の区別がつかない風子。
「俺が知るかっ!」ツッコミを忘れない朋也。

講堂の舞台を見つめる渚に、「学園祭には、あそこに立てるといいな。」と励ます朋也。
「はい。」頷く渚に「どうぞ。」と、風子からヒトデを進呈。
――まるで、渚を励ますかの様な風子のヒトデを受け取る渚。

出店廻りをしていると、朋也が微妙な顔を…。
『風子親衛隊』の3人がヒトデ&風子グッズを作り、風子を助けようとしている様子。
そのグッズの中には、『テレカ・500円』が。
テレカを500円で売ると、グッズとしては原価割れなので、本当に風子を手伝いたいんだなぁと感心しました。

そのグッズを見て、満足そうに『あはぁ』となる風子を、そのまま運びウエイトレスに仕立てた朋也。(『別の場所に置いて来る』を極めた。)
『喫茶杏仁豆腐』(D・E組の有志から成る喫茶店。藤林姉妹が委員長と言う事で、発足。)のウエイトレスとして、合流した渚と共に活躍する風子。
「どうぞ!」「これ、コースター?」「コースターじゃありません、ヒトデです!」

朋也達の計らいで、沢山のヒトデを配る事が出来た風子。
いつしか校内で有名になり、応援してくれる生徒も増えてきた。

そんな風子の頑張りを見て、自分も諦めずに演劇部員を集めて、文化祭では必ず皆で舞台に立とうと決意した渚。
そんな渚を応援する朋也。そして春原も。
「僕も応援するよ!――愛する渚ちゃんの為にさ!」――途中から、渚を口説いていました…。
しかし、「春原、あの子フリーみたいだぞ。」と朋也が言った途端、他校生をナンパする始末。
そして、女の子にしつこく迫る春原の前に、熊の着ぐるみが立ちはだかる。
着ぐるみは、華麗な回し蹴りで春原を撃退。――その正体は、智代だった。

見廻りのボランティアをしていた智代に、ヒトデを手渡す風子。
「本当は受け取らないんだが…こう言うのは。」
風子の傷だらけの手を見た智代。そして、風子の真摯さを見て、ヒトデを受け取る事に。
「――でも、手作りみたいだからな。同性から贈り物をされる事は多いが、手作りは中々無い。ありがたく頂こう。」
パトロールに戻る智代を見送る風子。「優しい人です。」

「あっ、三井さん。」
改めてヒトデを配ろうとした風子は、三井さんを見つけて声を掛ける。
「ずっと、続けてたんですね…。」
風子の鞄一杯に詰められた『想い』に、目を遣る三井さん。
「良かったら、どうぞ。」
差し出される風子の想いを受け取る、三井さん。
「お姉さんの…結婚式は、何時なんですか?」
――以前とは違う反応。風子の真摯な気持ちが、三井さんに通じた瞬間だと想います。
「まだ、決まってないんです…。」「そうですか…。」
「――テスト前とかじゃなければ、行けるかも知れません。」
「それじゃあ…。」三井さんがそう言った瞬間、風子の表情に変化が。
「えっ?」思わず、訊き返してしまう風子。
「頑張って下さいね。」――色んな想いが入り混じった、三井さんの微笑み。

前回、風子の願いを無碍に断ってしまった、三井さん。
友情を感じていたであろう風子に対して、後ろめたさと申し訳なく思う気持ちがあったと思います。
それなのに風子は、前回と変わらずに自分に接してくれた。
誰も恨まず、ただ『お姉ちゃんを祝福したい』と言う、真っ直ぐな気持ち一つで。
三井さんのあの表情は、何処までも真っ直ぐで真摯な風子の姿が眩しかったのだと思います。
そして、そんな風子ともう一度友情を育もうと思い、微笑んだのだと思いました。

「良かったですね。ふぅちゃん。」「はい…。はいっ!
――風子の、この上なく嬉しそうな笑顔。

僕は風子には、どちらかと言えばオドオドしていて、小動物めいた儚い印象を持っていました。
他人との接し方が解らない様な、この上なく不器用な少女だと思っていました。
だから、この無上の喜びを湛えた風子の笑顔が、すごく印象に残っています。

風子は、三井さんともう一度心が通じ合えた事が、本当に嬉しかったのだと思います。
お互い、たった1日しか一緒じゃなかったけど、今また、こうして友誼を結ぶ事が出来た。
きっと三井さんは、入学式で風子に笑顔で語りかけたのだと思います。
その時に風子に見せたのは、きっと、この上なく優しい表情だったと思います。
そんな笑顔を三井さんが、再び自分に見せてくれたのが、すごく嬉しかったのでしょう。

『時間が過ぎても、変わらないモノ』
これが、『CLANNAD』のテーマだと思います。

それは友情だったり、家族愛だったり、異性への愛情だったり。
時が経てば、それらの関係は嫌でも変化して行く。
そして…どうしても逃れられない別れが、いつの日かやって来る――。

それでも心の中に、『大切なモノ』が芽吹いていれば、何時までもソレは変わらなくて、ずっと残って行く。
一度絆を結んだ相手との想い出は、時間が経ても決して無くならない。

――ふと、そんな事を考えてしまいました。
そう思うと、この後の風子が、どれだけ切ない想いをしたのかと想像してしまい、本当に切なくなります。

校庭で、公子さんを見かけた朋也達。三人で公子さんの許に。
久し振りの学校は、知らない生徒ばかりで緊張したらしく、『二人の顔が見られて、ホッとした』と言う公子さん。

――風子が、目の前に居るのに…。
公子さんが望んでいた、元気な妹の姿が…そこに居るのに。

「会えないから…。声が届かないから。風子は、こうしてるんだと思います。
――他に、何も出来ないから…。」


風子の言葉を思い出す、朋也と渚。――二人は、ただ立ち尽くすしかなかった。

※冒頭の早苗さんの『(パンが)焼き上がってすぐ…』と言う台詞を、『野球があって、すぐ』と聞き間違えてしまい、『仕事をサボって野球に行くなんて、秋生はヒドイ!』と思い、その方向で感想を書き始めていました。

再度6話を観た時、聞き間違いに気付き、一から書き直していたら一週遅れに…。
本当に、済みません!
次回は、そう言う『凡ミス』をしない様に充分注意して、感想を書きます。

毎回お待たせして、申し訳ありません。
それでも、ここまで読んで下さった方には、本当に感謝しています。ありがとうございます。
――では、また次回!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『CLANNAD』 第6話 観ました

おっ!?!もうGW過ぎまで進みましたか?って、アレ?じゃ創立者祭は?あぁ~、なるほど創立者祭は5月に開かれるプチ文化祭みたいなものなのですか…進学校にしては珍しい企画イベントですね。それに…創立者祭って言うからにはやっぱり私立高校なんでしょうか?公立では

CLANNAD -クラナド- 第6回 「姉と妹の創立者祭」 その4

実は、まだ、書き足りてなかったりして…。さて、その4です。一応、これで4:3版での最後のつもりです。

CLANNAD -クラナド- 第6回 「姉と妹の創立者祭」

ちょろっと。あとで書き足す(というか、書き直す)かも。たぶん書き足す。※以下には、京都アニメーションの「CLANNAD」6話までの内容が含まれています。 アニメのネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。