yukitaの想い出日誌 らき☆すた・3話『いろいろな人たち』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

らき☆すた・3話『いろいろな人たち』

うわあぁぁぁ!メッチャ恥ずかしい!!
『次回はEDで、超神ビビューンのテーマ曲が流れると思います。』
・・・なんて予告して、うろ覚えのテーマ曲の歌詞まで、ノリノリで書いてしまいました。
全然違ってた!!!
もう、穴があったら入りたい!!!!
無ければむしろ、こなたに『歯医者ドリルロボ』を借りてでも、穴を掘って入りたいです・・・。

こんばんは、yukitaです。(穴に入ったと思ってください・・・。)
やっちゃいました。でも、多分一度は通る道なのでしょう。

『コレは通過儀礼だよ』と、ゲンドウさん(声:立木文彦さん。『らき☆すた』にも出演中。)に、
慰めてもらいたい気分です。
今回は、かがみの人柄が、浮き彫りになった回だと思いました。
僕は、かがみを『弄られ型・ツッコミ』と分類したいと思います。

彼女は基本的に、ツッコミです。
妹の天然ボケにツッコミ。(姉としての心配。)
こなたの言動全てにツッコミ。(コイツはもう、と言う感じで。『相方』として)
周りがボケだらけなので、ツッコミを入れざるを得ない。
(みゆきはしっかり者ですが、天然です。むしろ萌えキャラ。)

でもそれ以上に、こなたに弄られます。

雑誌の懸賞に応募し忘れて、『愛が足りない』

【もし、かがみとつかさが一卵生双生児だったら?】という話題では、
・つかさは『のんびり』だけど、かがみは『凶暴』と、からかわれる。
・『つかさ髪のかがみ』を想像され、失笑される。
・好きな色を訊かれ『黒』と答えて、『心の色と一緒だね』と皮肉られる。
(つかさは『白』。共通項は甘いもの好き・左利き【柊家は父以外・全員】)

ジューンブライドの話題⇒結婚式⇒『DQ5』のネタ。
『持参金持ちのお嬢様(フローラ)か幼馴染(ビアンカ)か?』との問いに
「断然、ビアンカね!」と、かがみ。

「おっ、かがみ。意外と純粋ジャン。てっきりお金持ちに走るかと。」
こなたのツッコミ。

「・・・ツッコミ無しかよ。」
と、かがみ。実際は、フローラを選んだ様です。
ボケたつもりが『意外と純粋』と言われ、思い切りハズシた様子。
(所謂、『ボケ殺し』をされたのでしょうか?)

しかし、反撃のかがみ。
こなたに借りたゲームの攻略法を訊くと、「自分で解かなきゃ。」
それを受け、「うん、一理あるわね。」と、かがみ。
「そうそう。」と調子に乗るこなたに・・・。
「つまり、自分でやる意義を解っているんだし、こなたも、これからは宿題を自分ですると。」
『うっ!』青ざめるこなた・・・。カガミン、反撃完了!
(これは『ツッコミ返し』でしょうか?この二人・お笑いのレベル、高い!)

おやつを食べずにダイエットしていると、
「水着を見せる相手も居ないのに・・・。」と、こなたに失笑される。

七夕が誕生日のかがみ・つかさ。

『前厄(女性は17歳。)だから、色んなお守り集めてる』という妹に
「うちにもヤケクソお守り・・・あら違う、厄除け守り。」と、失言のかがみ。
「ヤケクソ守りか、フフッ。もう良いや!安産も交通安全も、纏めて面倒見てやる・・て感じかな?」
こなた、改心のツッコミ。

7月7日は、『ポニーテールの日』でもあるらしい。
つかさ・こなたは可愛いが、かがみは『武士っぽい』(僕は、似合ってると思いました。)

「織姫と彦星、今年は逢えると良いね。」キラキラ顔のつかさ。
「ヤケクソ守りもあるしね。」ニヤケ顔のこなた。
「ほっとけ!」怒り顔のかがみ。

喫茶店。意外とモテナイらしい、つかさ。
「この娘、地味で目立たないからねぇ。」と、フォローする姉。
「怖いお姉ちゃんが、ガードしてるからじゃないの?」こなたの言葉に「何かいったか?」と、かがみ。

みゆきも、意外とウワサが無いらしい。
『告白されてても、それを好意と感じていないんじゃない?』そう分析する、こなた・つかさ。
「全く、だらしないわね。あんた達のクラスの男子は。誰か、自分の想いを熱く語って、みゆきをオトせる根性のある奴はいないの?」

こなた曰く。『みゆきさんは、若干マニア向け』と。
実は、こなたのクラスに一人・・・居ます!
その名は、白石みのる君!!

こなた達を差し置いて、DVDの宣伝をする、みのる君。
彼の活躍の場。そこは、『らっきー☆ちゃんねる』!!

本編・CMで大活躍のみのる君ですが、此処には支配者が居ます。
小神あきら様。彼女は、今日も『本編進出』を画策。

「ウ~ン。何かまだ白石さんが、あきらに心を開いてくれない気がするんですよね?いつもより離れて座ってる気がするし・・・。」
すかさず近寄る、みのる君。離れていく、あきら様。

みのる君を貶め、本編から脱落させようと企んでいる様子。

『らき☆すた・レギュラー陣』の紹介。最初はみゆき。

『白石さんは、みゆきさんの事、知ってるんですよね?』
その言葉を受け、みゆきの事を熱く語り始める、みのる君。

「もちのロンロンで御座います!良いですよね、みゆきさん。先ずあのメガネが!後、すっごく綺麗ですよね?普通あれ位美人だと、何とな~く自分は近寄り難い気がするんですけど、こう、意外に親しみ易かったりするんですよね。」さらに語ろうとするみのる君に、「へぇ~。みゆきさん語らせたら、止まらないんだ?」と、あきら様。

へぇ~。ラジオでもこれ位、話して欲しいよねぇ・・・。

以降、みゆきへの不満を延々と語る、あきら様。自分が一番で無いと気に入らない様子。

みゆきへの熱い想いを語った、みのる君。
『らき☆すたレギュラー陣』なんて言うから、『この作品は劇中劇なのか?』と思いましたが、
彼の語りを聞いていると、違う気がしました。
彼の語らいは、どう聞いても『実在の人物』に対してのモノに聞こえました。
(もしかしたら、この作品はドキュメンタリー?)
今の所、彼は『みゆきさんファン』位ですが、いつか本人に告白して欲しいです。
でも、こなた達には認識されていない感じの、みのる君。
先ずは存在をアピールする事から始めた方がいいかも。

(色々考えましたが、余り考えず『素直に』楽しんだほうがいいかなぁ?とも思いました。
始まったばかりなのに、この作品は奥が深いです。)



























スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らき☆すた 第3話 「いろいろな人たち」

こんばんは、たこーすけです。「らき☆すた」第3話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。原作は未読です。以下、「らき☆すた」第3話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注意下さい。Last modified: 2007-04-29 23:40

らき☆すた 第3話 いろいろな人たち

「ひだまりスケッチ」第9話「9月4日 裏新宿の狼」を見た。関西地方では、まだ、ひだまりスケッチをやっているんですよ。…………おい、「らき☆すた」は?………いやぁ、ひだまりスケッチは、Kanonの始まる前に、ぼーっと眺めていただけなので、ほとんど記憶になかった

レビュー・評価:らき☆すた/第3話 いろいろな人たち

品質評価 26 / 萌え評価 56 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 30 / シリアス評価 4 / お色気評価 8 / 総合評価 23レビュー数 347 件 双子には、「一卵性双生児」と「二卵性双生児」がある。そういえば、「柊かがみ」と「柊つかさ」は双子だけれどもどっちなんだろうか。「柊かがみ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。