yukitaの想い出日誌 らき☆すた・14話・『ひとつ屋根の下』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

らき☆すた・14話・『ひとつ屋根の下』

こんばんは、yukitaです。

遂に、こなたの従妹・小早川ゆたか(愛称・ゆーちゃん)と、岩崎みなみが登場です。
「ゆたかー。そろそろ行くよー。」ゆい姉さんの車に乗り込む、ゆたか。
「さあ、我が妹よ。今日から新しい生活だ。張り切って行こー!」
「うんっ。うわあぁぁぁー!あぁぁあ!

こうして始まった、ゆたかの新生活。居候先は、こなたの家。
ゆたかの高校合格を報告する、ゆい姉さん。
「これで例の『ハンカチ少女』と再会出来るね。」と、こなた。

陵桜高校の入試で出逢った『ハンカチ少女』こと、みなみ。
(後半は、この二人が親友になっていく過程が、もう一つの軸になりそうです。)
ゆたかが気分が悪くなった時、保健室に付き添い、そっとハンカチを手渡した長身の優しい少女。
仲のいい友達が出来そうな予感の、ゆたか。

合格が決まり、制服採寸の時に再会した二人。ハンカチを返し、入試の際の御礼を言うゆたか。
再会出来ると思っていなかったので『あげたつもり』だった、みなみ。
ゆたかの身長から、同学年と思っていなかった様子。
帰り道のバス停で、別れた二人。(この日は、みなみは家の車で来ている。)
「これから3年間、よろしくお願いします。」
ゆたかの呼びかけに、手を振って応えるみなみ。
みなみと早速、友達になれた事を喜ぶゆたか。でも、みなみの名前を訊き忘れてしまう…。

今回のメインシナリオは此処で終了なので、此処からは気付いた事を書いていきます。

【かがみの服装について】
「勧誘の電話が増えて困っている」と、みゆきに打ち明けた時、かがみは大人びた服装でした。
そして、こなた・つかさと一緒だった時、ネクタイをしていました。
此処から気付いたのは、かがみが一緒に居る人によって、服装(違う言い方をすると、役割)を変えていると言う事です。
『じゃあ、かがみは本音を隠しているのか?』というと、そうでは無いと思います。
かがみが状況に合わせ服装を変えるのは、傍に居る人とのバランスを考えての事だと思います。
大人びたみゆきと二人きりの時に、子供じみた格好をすると、みゆきが浮いてしまいます。(みゆきと同学年なのに、かがみが年下に見えてしまう。みゆきと似た背格好なのに、不自然にうつる)
一方、こなた・つかさと一緒の時は、少し子供っぽい服装です。(みゆきと二人きりの時に比べて)これも、一人だけ大人じみた服装だと『妹二人連れの姉』に見えます。
では何故、ネクタイなのか?
これは、三人の中で一番大人びている、かがみの心情の表れと思います。
ネクタイは、サラリーマン等、大人がしている場合が多いと思います。(ブレザーの制服を除く)
三人の中で、一番しっかりしているかがみは、脱線しがちな二人を嗜めています。
これは、年長者や大人の役目です。
『私が、しっかりしなくちゃ!』という、かがみの気持ちが、無意識にネクタイに表れているのかなぁ、と思いました。

【みんな、お姉ちゃんになっていく】
ゆたかの登場で、こなたは『姉』としての自覚が芽生えました。
『何でも出来る、お姉ちゃん』として、ゆたかに尊敬されているこなた。
その威厳を保つ為には、努力が必要です。もしかすると今後、かがみに宿題を見せて貰う回数が減るかも知れません。
つかさにとっても、ゆたかは妹のような存在になっていくと思います。
高校の事を知らないゆたかに、アレコレ教えようと頑張る様になっていくと思います。
かがみにとっても、妹が増えたような感覚ではないでしょうか?
中学と高校の違いをゆたかに訊かれ、丁寧に説明しているし、こなた・つかさが『居眠りが多くなる』と言うと、「ああいう風にならない様にね。」と助言しています。
少しだけネタばれになりますが、みなみはみゆきの近所に住んでいて、みゆきを姉のように慕っています。それは、みなみがストッキングを穿いている事が、如実に語っていると思います。
ゆたか・みなみの登場は、こなた達に『年長者』としての自覚を与えると思います。

これからは、こなた達の『成長』と、ゆたか・みなみの友情が深まっていく過程に注目したいと思います。

他に気になるのは、田村ひより(OPのメガネさん)と、パトリシア・マーティン(ひよりの隣りの金髪さん)の存在です。
二人とも、ゆたか・みなみのクラスメートですが(ネタばれ反転)パトリシアは、原作(4巻までを参照)でもあまり登場していません。(ひよりは、よく登場している)
この二人にも、活躍の場を与えてあげて欲しいです。(特にパトリシアは、出番が少なそうで不安)

『らき☆すた』も、いよいよ後半。どんな展開か、今から楽しみです。

追伸。
あきら様を『本編』に登場させるには、みのる君を利用すると良いと思います。
『みのる君を兄と慕う、可愛い妹』として登場すれば、結構出番が増えると思います。
(「お兄ちゃん、忘れ物だよ。」「お兄ちゃん、大好き」とか言って、高校に毎回顔を出す、とか。
それ位の演技は、あきら様なら出来るでしょう。)
他には、みのる君を放送部に入部させ、ゲストとして毎回登場。昼休みに『らっきー☆ちゃんねる』を放送するという手も。
最後は、必死に頑張って、飛び級入学する…とか?(漢字苦手そうだし、無理?)



























スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らき☆すた 第14話 ひとつ屋根の下

さて、前回とんでもない話の連続だった荒谷さんの脚本回。今回は、なんというかストロングスタイルというか、オリジナル部分の非常に少ない原作に準拠したシナリオを書いてこられました。しかし、そこに創作性がないのではなく、非常に、しっかりと魅せてきました。

らき☆すた 14話「ひとつ屋根の下」

この二人は非常にいいですね。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。