yukitaの想い出日誌 ハピネスチャージプリキュア!・第5話『めぐみとひめ!仲良しおたすけ大作戦!!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ハピネスチャージプリキュア!・第5話『めぐみとひめ!仲良しおたすけ大作戦!!』感想

めぐみの家に招待される事になった、ひめ。
『友達のお宅訪問』と言う初めての経験に、ひめの胸は躍ります。

道すがら、困っている人を見掛ける度に人助けをするめぐみ。
不思議に思いながらも、ひめもまた、一緒に人助けをしていました。

めぐみの家で夕飯をご馳走になった、ひめ。
仲睦まじい母娘の様子を見て、家族や故郷の人々の事を思い出し、少し切ない気持ちに。

帰り道。お互いの家庭の事情を知っためぐみとひめ。
2人はプリカードを全て手に入れて、お互いの夢を叶える事を誓い合いました。

其処に、プリキュアを倒す為にホッシーワが登場。
人助けをするめぐみの行動を詰り、嘲笑いました。

悪意を向けられ、傷付いためぐみの心を守る為に、奮闘するひめ。
その行為に胸を打たれためぐみもまた、勇気を取り戻しサイアークに立ち向かいました。

果たして2人は、サイアークを浄化し、ホッシーワの悪意を撥ね退ける事が出来るのでしょうか?


「はい。飴いかか?」
めぐみとゆうこと一緒に帰宅中のひめ。
「学校に慣れた?」とゆうこに訊かれても、まだ気恥ずかしくて、めぐみの背中に隠れる始末。
そんなひめの緊張を解す為に、ゆうこはひめに『特製ハニーキャンディ』を手渡しました。

食べると幸せな気持ちになれる、『特製ハニーキャンディ』。
めぐみは製法を訊きますが、ゆうこの答えは『秘密!ミステリアス!』との事。

「ちなみに、隠し味は私の愛です!」
めぐみとひめにキャンディ製作の秘訣を、悪戯っぽい笑顔で明かしたゆうこ。
家の手伝いの為に、一足早く帰宅する事になりました。

ゆうこに手を振って見送った、めぐみとひめ。
めぐみはひめを、自宅に招待しました。

「ひめ。今日、ウチに来ない?お母さんが、パンケーキ焼いてくれるんだ!」
「パンケーキ~!?行く行く!!」

めぐみの自宅にお呼ばれされ、心の歌を歌いながら上機嫌のひめ。
しかし、友達の家に招待される事が初めてだと気付き、一瞬で緊張してしまいます。

「大丈夫だよ!おっ!」と、道端の空き缶を拾うめぐみ。
更に、ひめの足下のごみにも気付きました。

めぐみに倣って、足下のゴミを拾いながら、ゴミ拾いする理由を問うひめ。
「ゴミが落ちてたら、拾うでしょ?」「はぁ。」
ひめが曖昧な返事をした瞬間、小学生っぽい少年が、空になったペットボトルをポイ捨てしました。

「ポイ捨てしちゃ、駄目だよ!」「あん?」
めぐみが注意しても口笛を吹いて無視し、そのまま立ち去る少年。
お仕置きが必要と思われる事案ですが、めぐみは傷付いた表情を浮かべ、何も言えません。

少年の不遜な態度に腹を立てた、ひめ。「ポイ捨て許さん!」とプリチェンミラーで婦警に変身。
犯罪スレスレの手段(※軽犯罪法違反)で、少年を更生させる事に成功しました。

「其処の君、止まりなさい!ポイ捨て現行犯で、逮捕します!!ゴミ箱まで連行するので、覚悟する様に!!」
「え~!?」


「済みませんでした…。」「よ~し!以後、気を付け給え!!」
「皆で、綺麗にしようね。」「うん!」

反省する少年の表情を見て、したり顔を見せるひめ。
めぐみに諭されて、少年は元気良く返事をし、その場を駆け去りました。

「こう言う時こそ、プリカードを使わないと!」「成程ね~!良い事した分、おやつがきっと美味しいよ!」
プリカードの効果的な使用法をひめに教わり、感心するめぐみ。
そんな2人の許に、前足を怪我した子犬が近寄って来ました。

「あっ!怪我してる!」「めぐみ!」
ナースに変身し、怪我をした犬の手当てをするめぐみ。
すると、犬の飼い主の少年が現れ、2人にお礼を言いました。

プリカードを人助けに仕える事を喜ぶめぐみ。
「じゃあ、今度こそパンケーキ食べに~!」と、パンケーキま待ち遠しいひめ。
すると、迷子の少女・みっちゃんの泣き声にめぐみが気付き、2人はまた人助けをしました。

困っている人を見過ごせないめぐみが次に気付いたのは、木の陰で女性を見詰めながら溜息を吐く男性。
事情を訊くと、『恋人にプロポーズをするつもりだけど、勇気が出ない』との事。

めぐみとひめは、男性の恋を応援する事にしました。

「あっ!お花屋さん!」「知ってた?女子って、お花貰うと、嬉しいんだよ!」
「そうか!」と、勇気を振り絞り、黄色いバラの花束を恋人・ゆきこさんにプレゼントして、プロポーズをしました。

「人助けて、メンドクサクない~?」「えっ?メンドクサクないよ。」
「どうして?」
「皆の笑顔が見られるから!皆幸せ!幸せハピネス!最高だね~!」

いつも誰かの手助けをしているめぐみの行動を、不思議に思うひめ。
そんなひめの疑問に、めぐみはそれが自分にとっての幸せである事を伝えました。

「ふぅ~ん?私はお腹が空き過ぎて、不幸な感じ!」「ソイツは不味い!幸せ注入~!」
「…どう?」「う~ん。幸せ34%位、アップしたかも?」

お腹を空かせているひめの肩を掴み、自分の幸せを分け与える仕草をするめぐみ。
めぐみの温かさが肩から伝わり、ひめは何となく幸せな気持ちに包まれました。

「良いねぇ!仲良しだねぇ~!」2人の仲睦まじい様子を見て声を掛けた、お弁当配達中のゆうこ。
ゆうこの運ぶお弁当を見て、ご相伴に与ろうとするひめ。

「これはお客さんのだから、あげられないけど…。あるよ、作り立て。」
オーバーオールの胸ポケットからハニーキャンディを取り出し、ひめに与えるゆうこ。
ゆうこに貰った飴を舐めて、ひめは人心地付きました。

「めぐみちゃんと居ると、大忙しでしょ?」
「そうなのよ~!人助けしまくりでさ!チョー疲れたよ~!」「良いジャン!人助け!」

ゆうこもかつて、めぐみに引っ張り回された経験がある様です。
いつも落ち着いているゆうこですら、『大忙し』と言わしめるめぐみの人助け。
ひめが今回体験した事は、まだ序の口なのかも知れません。

「でも、人に喜んで貰うと、嬉しいよね?」
「そうだけど…。やっぱり、疲れた!」

『そうだけど…。』と口籠りながらも、人助けをする喜びを実感しつつあるひめ。
既に、めぐみに影響されつつある様です。

「じゃあ、走っ帰ろっ!パンケーキが~!待ってるぞ~!」
「ちょっと、引っ張らないで!!」

腹ペコのひめにご馳走する為に、ひめの手を引き、張り切るめぐみ。

「ふふっ。仲良き事は美しき哉。」
仲良く走る2人の姿を見送り、微笑むゆうこ。

「ただいま~!お母さん、友達連れて来たよ!」「あら?いらっしゃい!」「は、初めまして!白雪ひめです!」
「あなたが、噂のひめちゃん?目、大っきい!睫毛長~い!髪の毛クルックル!ホントのお姫様みた~い!」
緊張するひめを目の当たりにして、興奮気味に話す、かおりさん。
初めてひめを目にした時のめぐみと、ほぼ同じ台詞です。
めぐみの性格が、かおりさんに影響されている事が窺えます。

「召し上がれ~!」「おお~!いっただき…!」「待って!何か忘れてな~い?」
かおりさんが手にしているのは、お手製のイチゴジャム。
パンケーキにもの凄く合うらしいジャムをパンケーキに塗って、いざ、ひめの実食!
「美味し~い!」
「やっぱり、お母さんのジャムは最高だね!」
「その笑顔が見たくって、頑張っちゃうのよね~!」

ジャムの美味しさに感動し、目を輝かせるひめ。
それを見て、満足そうに語り合うめぐみとかおりさん。

仲睦まじい親子の光景を見て、ひめは密かに、寂しそうな笑顔を見せました。

「良いなぁ。めぐみ。お母さんと仲良しで。」
「ひめのお母さんとお父さんって…?」
「私のお父さんとお母さんは、鏡の中に閉じ込められてる。国中の人と一緒に…。」

ひめを家に送る道すがら。
寂しそうに呟いたひめに、両親の現状を訊いためぐみ。
ひめの答えを聞き、彼女が寂しそうに呟いた理由を悟りました。

※『鏡の中に捕らわれている』と言う事は、ブルースカイ王国の人々は全て、ジコチューにされたトランプ王国の人々の様に、サイアークに変えられているのでしょうか?

ブルースカイ王国の人口は不明ですが、ひめの故郷を取り戻す戦いは、かなりの困難を伴う事になりそうです。



「あ~あ!私も食べたくなっちゃったな~!お母さんの手料理!」
ひめの事情を深刻に受け止め、何かを伝えようとするめぐみ。
めぐみに気を遣わせまいと、ひめは努めて、優しい笑顔を見せました。

「絶対!絶対助けに行こう!でもって、全部のカードを集めて、ひめの願いを叶えよう!!」「うん!」
ひめの手を取り、熱く語るめぐみ。その熱意に感動し、微笑むひめ。

「あっ!めぐみは?カードが全部集まったら、何をお願いするの?」
何となくめぐみの望みを訊いた、ひめ。しかし、その答えは、意外なモノでした。

「あたしは、『お母さんを元気にして!』ってお願いする!」
一見元気そうに見える、かおりさん。
しかし、常に数多くの薬を飲まないといけない程、身体が弱かった事が判明しました。

母を元気にしたいと願うめぐみに、ひめはプリカードを集めて、お互いの願いを叶える事を提案。
2人は手を取り合って、微笑みながら一緒に夢を叶える事を誓い合いました。

『全てのプリカードを集めた者は、願いを一つ叶えられる』
世界中のプリキュアが戦ってる、大きな理由の一つと思われる、大きな成功報酬。
しかし、プリカードが何枚あるのか、願いを叶えられる人数について等、その詳細は明らかではありません。

もし、叶えられる願いが一つだとすれば、今後、世界中のプリキュア達で争いが起きる可能性があると思います。
その時、めぐみとひめは、どう振る舞うのでしょうか?

少しインチキっぽいですが、プリカードを集めている全てのプリキュアの願いが叶う方法があります。

『世界中の人達が、大切な人達と、元気に笑顔で過ごせます様に!』
この願いなら、ブルースカイ王国は救われ、かおりさんの病気は完治し、大切な何かを取り戻す為に戦ってるキュアフォーチュンや他のプリキュア達の願いが、一斉に叶うと思います。

このプリカードのシステムを作ったのが誰かは不明ですが、仲間同士が争う可能性を敢えて残している事から、一筋縄ではいかない人物だと推測出来ます。

それならば、願いを叶えたいプリキュア達も、システム製作者の思惑を超える事をする必要がある筈です。
めぐみ達ならきっと、その答えを見出す事が出来ると思います。


その頃、幻影帝国では――。
「またあの町より、生暖かい愛を感じるわ。何とかなさいっ!」
めぐみとひめの友情を感じ取り、プリキュア打倒を部下に命じるクイーンミラージュ。
プリキュアが思いの外手強い事を報告する、ナマケルダとホッシーワ。
その時、ディープミラーが、人助けを餌に、プリキュアを誘き寄せて倒す事を進言しました。

「で、あれば。わたくしにお任せを…!」
不敵な笑みを浮かべ、自身の程を窺わせるホッシーワ。
果たして、どの様な作戦を練って来るのでしょうか?

「お母さんが、『皆の笑顔が一番だ』って言うからだよ。あたしも、皆に喜んで貰うと、嬉しいし!」
ひめに人助けをする理由を訊かれ、笑顔で答えるめぐみ。
めぐみの性格は、母・かおりさんの影響を色濃く受け継いでいる事が判明しました。

「笑顔じゃ、お腹一杯にならな~い!」と、ぼやくひめ。「そうだよね!」と、微笑むめぐみ。
その瞬間、2人は近くの土手で、チョイアーク達に襲われている女性の叫びを耳にしました。
「キ~ヤ~!!!!!」
「お~た~す~け~!!!!!」

女性の声の正体は、髪をストレートに下して変装した、ホッシーワ。
普段より若く見えますが、その台詞回しの古臭さから、実年齢を隠し切れません。
(※勝手に『おばお姉さん認定』していますが、実際はまだ10代だったら、どうしよう…。)

「あ~!プリキュアを、呼んで下さいまし~!!」
某ふなっしーの様な叫びを上げながら、めぐみ達を誘き寄せようとするホッシーワ。
その見え見えの演技に、何か裏があるのかと疑う、リボンとひめ。

「とにかく、あの人を助けなきゃ!」「う、うん…。」
女性の正体を怪しんでいるものの、めぐみの勢いに釣られ、ひめはめぐみと一緒にプリキュアに変身しました。

「もう、大丈夫ですよ!」と、ホッシーワを庇い、チョイアーク達に立ち向かう2人。
大勢のチョイアークを一掃する為に、リボンはキュアラブリーに、『ロリポップヒップポップ』のプリカードを手渡しました。

「プリキュア・ポップンソニックアタック!!」
巨大な音符を召喚し、敵を一掃するキュアラブリー。その様子を観察する、ホッシーワ。

「助けてくれて、有難う!――じゃなくて!」
「オーッホッホホー!襲われる振りをして、アンタ達を誘き出したのよ!この、見~事な演~技力で!!」


「何か、怪しいと思ってたのよね!」「ですわぁ…。」「騙すなんて酷い!」「「えっ!?」」
「こんな事したら、本当に助けが必要な人が困るでしょ!?」

ホッシーワの演技を怪しんでいたキュアプリンセスとリボン。
しかしキュアラブリーは、まんまと騙されてしまいました。

人を騙したホッシーワを諭す、キュアラブリー。
そんな彼女に対し、ホッシーワは、思わぬ一言を投げ掛けました。

「人助けなんかするから、騙されるのよ!それに、ちょっといい気になってるんじゃな~い!?」
「『人助けをしている自分は、良い子ちゃ~ん!』とか思っているから、こんな見え透いた手に引っ掛かるのよ!」


「良い子…だなんて。」
「――ちょっと!騙す方が、騙される方より悪いに決まっているでしょ!?」

傷付いた表情を見せるキュアラブリーを庇う、キュアプリンセス。

「それにラブリーは、素直だからアッサリと騙されちゃうだけだよ!」
「お人好しで!ちょっと迂闊で!それに~あの~、何だっけ?」「えっ…!?」

キュアラブリーを庇っているのか、段々解らなくなって来た、キュアプリンセスの弁護。
しかし、その真心は、キュアラブリーにしっかりと届いていました。

「有難う!プリンセス!」
「私は何故、人助けをしたいのかは解らない。ただ、困っている人が居たら、手を差し伸べたいだけなの!」

ホッシーワに手を差し伸べ、微笑み掛けるキュアラブリー。
その行為が癇に障るのか、ホッシーワはサイアークを差し向けました。

「お馬鹿ねぇ~!人の事より、自分の心配をした方が良くってよ~!誰だって、自分の事しか考えてないのよ。」
「アンタ達だってそう!『自分が気持ち良い』とか、『人に褒められるから』とか。結局、自分の為じゃない!」

「それで、誰にも感謝されなかったりしたら、丸損よね~!?」

サイアークに捕えられたキュアラブリー達に、持論を展開するホッシーワ。
損得勘定だけで動く彼女の言い分に、腹を立てるキュアプリンセス。

キュアラブリーは、ホッシーワの皮肉に対し、笑顔で答えました。

「そうかも知れない!でも私は、助けて貰ったり笑顔を貰った時の嬉しい気持ちを、皆にあげたい!」
それで、損したり大変な目に遭っても、皆が幸せならそれで良いの!」


「…何それ?何より、自分の方が大切でしょ!」

※キュアラブリーの言葉を受け、奥歯を噛み締めるホッシーワ。
もしかしたら、彼女もかつては、めぐみと同じ考えを持っていたのでしょうか?
そして、人に裏切られ続けて、今の考え方になってしまったとか…??


「サイアーク!綺麗事なんて、潰しておしまい!!」
「うっ!」「ぐっぐうう~!!」
サイアークに握り潰されそうになる、キュアラブリー達。

「無様ねぇ~!自己満足の為に、仲間まで巻き込んで~!アンタこそ、自分勝手な人じゃない!」
ホッシーワに煽られ、仲間を傷付けてしまった自責の念に駆られ、落ち込むキュアラブリー。
もし敵がジコチューなら、プシュケーを闇に染められかねない事態です。

「ラブリーは、自分勝手なんかじゃない!!!!!」
「私も!人助けなんかメンドクサイと思うけど!ラブリーと一緒に居ると、次から次へと大変だけど!」
「…何か、温かい気持ちになるの!だから、だから…!友達の事…悪く言わないでえぇ~!!!

初めて出来た大切な友達の心を守る為に、底力を発揮したキュアプリンセス。
気合を込めて縛めを破り、そのままの勢いでキュアラブリーを救出しました。

「生意気…!」侮っていた相手に反撃され、不機嫌になるホッシーワ。

「有難う!プリンセス!私も、プリンセスと一緒に居ると、ほわっとした気持ちになるよ!!」
「この気持ちって、アレだよね!」

「友達って感じ!」「そう!それっ!」「行こう!プリンセス!」「ウィ~!」
心が通じ合い、微笑む2人。その勢いのまま、サイアークに立ち向かっていきます。

「行くよ!ラブリービーム!!」
目から怪光線を発し、連続攻撃を与えたキュアラブリー。
キュアラブリーに負けじと、キュアプリンセスも新しい技を生み出しました。

「私も行くよ!プリンセス!爆弾ボンバー!!」
『後で後悔する』みたいな言い回しの技を放ち、敵を翻弄するキュアプリンセス。
その威力は、『弾丸マシンガン』を遥かに超えていました。

「ラブリー今よ!」「プリキュア!ピンキーラブ・シュート!!」
キュアプリンセスの合図で、サイアークを浄化したキュアラブリー。
「やった~!」「スゴイですわ~!」勝利の雄叫びを上げる、キュアプリンセスとリボン。

「友達なんて、下らない!人の笑顔なんて、お腹の足しにならないのよ!!」
「この次こそ、お腹一杯になってやるわ!!」

※初登場時から、『お腹を満たす事』に執着している事が窺えるホッシーワ。
やはり彼女には、何らかの事情があるのでしょうか?
 
『満たされない何か』が彼女の中で満たされた時、もしかすると、彼女の『本当の姿』が明かされるのかも知れません。

捨て台詞を吐き退散したホッシーワを、見送るキュアラブリー達。
そして、夕暮れ――。

「ひめ。有難う!」「えっ?有難う…って?」
「ひめと2人でプリキュア出来て、改めて嬉しいなって思ったの!だから、有難う!」
「何かね!何か嬉しいの!!」


「私も!私も、めぐみと2人でプリキュア出来て、嬉しい!!」

「一緒だね!」「一緒、一緒!」
夕暮れを背に、橋の上で向き合って手を繋ぎ、微笑む2人。
その姿を見てリボンは、新たなプリカードを生み出しました。

「大量ゲットですわ!」「何で何で??」「今日は沢山人助けをしたから、幸せが溜まってたんですわ~!」

「『情けは人の為ならず』だね!」
「情けは、人の為にならないの~?」
「あっ…!違いますわ!『人に情けを掛けるって事は、自分の為にもなる』って意味ですわ~!」「へぇ~。」

感心するひめの表情を見て、微笑むめぐみ。

「情けは人の為ならず…か。めぐみが人を助けるのが好きなの、解ったかも!」
「こんな気持ちって、悪くないね!」「めぐみ!人の笑顔って良いね!!」

「でしょでしょ!」「これからも、モリモリ人助け!プリキュアGO~!!」

笑顔で橋を駆け渡る、めぐみとひめ。

その姿を、河原の土手から苦々しい表情で見詰めるキュアフォーチュン。
彼女の胸に去来しているのは、どんな感情なのでしょうか?

そして次回予告。

リボンが折角、ニシン(?)のパイを作ってくれたのに、他の食べ物が食べたいと我儘を言うひめ。
ひめの我儘さに、流石のリボンも堪忍袋の緒が切れた模様です。

勢い余って、家を飛び出したひめ。
果たしてひめは、食事を作ってくれる人の気持ちを、汲み取る事が出来る様になるのでしょうか?

※『人が笑ってくれると、自分も嬉しい』と語る、めぐみ。
一方、人助けをを全否定し、自分の空腹を満たす事に執着するホッシーワ。

正反対の考えを持つ両者ですが、今後、解り合う事は出来るのでしょうか?

また、人に優しさを振り撒くめぐみの態度に苛立っていたホッシーワの表情が、とても気になります。
もしかしたら、めぐみが『自分が出来なかった事を続けている』からなのでしょうか?
今後の彼女の言動に、少し注目してみようと思います。

今回のホッシーワの言動で、何となくですが、思い付いた事が。

『怠け者』のナマケルダ。そして『欲張り』のホッシーワ。
彼等は、鏡の魔力を使い人々の心を反転させ、サイアークにしているのだと思います。

鏡に映った文字は、反転します。
――もし、彼等も、本来の性格から反転させられた存在だとしたら…?

『寝る間を惜しんで頑張り続ける青年』
『自分の身を犠牲にしても、誰かを助けたいと願う女性(※或いは少女)』


もしかしたら、彼等の正体は、善良な人物なのかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ : ハピネスチャージプリキュア!
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハピネスチャージプリキュア第5話 コスプレで人助けするあたりを見ました。

今日のハピネスチャージプリキュアは婦警コスプレとかナースコスプレとかその辺り。誰得なのだw なんですかねぇ、過去に見た「オトナに変身していい事をする(性的な意味ではなくて)」正統派魔法少女ものテイストをjin!jin!感じますw 最近はそのテンプレを使いながら「魔法少女=ゾンビ化」とか魂を抜かれるお話が大ヒットしてしまったくらいですからねぇ・・ プリキュアの30分前にそれの脚本作った人が...

ハピネスチャージプリキュア!感想/第5話「めぐみとひめ!仲良しおたすけ大作戦!!」

 「お金?」(白雪ひめ)  ハピネスチャージプリキュア!第5話「めぐみとひめ!仲良しおたすけ大作戦!!」の感想です。

ハピネスチャージプリキュア! 第5話「めぐみとひめ!仲良しおたすけ大作戦!!」

【プリキュア10周年:キュアハッピー】 ハッピーさん:  「キュアハッピーだよ」  「プリキュア10周年、すごーい」  「もっともっとウルトラハッピーだよ!」 これまでのパターン台詞「おめでとう」「ありがとう」を使わず、「すごい」「ウルトラハッピー!」。 ...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。