yukitaの想い出日誌 ハピネスチャージプリキュア!・第1話『愛が大好き!キュアラブリー誕生!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ハピネスチャージプリキュア!・第1話『愛が大好き!キュアラブリー誕生!』感想

謎の敵・幻影帝国の魔の手から人々を救う為に、世界各地でプリキュアが活躍中。

その内の一人・キュアプリンセスこと白雪ひめ。
彼女もまた、人々の為に戦い続けていました。

しかし、怖がりで人見知りな性格が災いしてか、戦歴は全戦全敗。
更に、世界を守る仲間である筈のプリキュアの一人・キュアフォーチュンには、何故か恨まれている様です。

思った成果を上げられず落ち込むひめは、地球の精霊・ブルーから貰った『愛の結晶』を手に町へ。
大切な友達が見付かる様にと、運を天に任せて愛の結晶を塔の天辺から放り投げました。

新たなプリキュアになる資格が得られる愛の結晶は、買い物中のプリキュアに憧れる中学生・愛乃めぐみに命中。
こうして、めぐみとひめは運命的な出会いを果たす事になりました。

人懐っこくて友達の多いめぐみと、人見知りで友達の居ないひめ。
対照的な2人の出会いをキッカケに、新たな物語が今、始まります!

『上手く言えないけど、何となく第1話と言うよりは、第5話位から観ている気がした。』
今回の話を観て、何となくそんな感じがしました。

プリキュアが人々に認知されていて、世界中で活躍している。
そして、人々を守るプリキュアは、皆の憧れである。

この条件を満たする理由。
それは、地球が既に、幻影帝国の攻撃を受けていたからでした。

世界を、不幸の下へ!愛・勇気・幸せ!全ては幻よ!!」

多くの臣民に号令を下す、幻影帝国女王・クイーン・ミラージュ。
まるで、女王アリの様な雰囲気を醸しています。

クイーンの身辺を守る屈強な幹部達。
その中には、正義の味方っぽい雰囲気の人物も。
何か秘密があるのかも知れません。

そして、配下には働きアリにも似た多数の戦闘員・チョイアーク達が。

アリの大軍を連想させる、幻影帝国の面々。
この難敵に、プリキュア達はどう立ち向かうのでしょうか?

――新たな物語の幕開けは、戦いから。

人々を守る為に幻影帝国の手下と戦う、キュアプリンセス。
しかし、敵幹部の一人・ナマケルダの繰り出す『サイアーク』に早速苦戦しています。

苦戦し、逃げ惑うキュアプリンセスに奮闘を促す、妖精・リボン。
リボンに促され、逃げ腰ながらも立ち向かう事を決めたキュアプリンセスは、技を繰り出しました。

「プリンセス!弾丸マシンガン!!」
「やりましたわ!全戦全敗のプリンセスが、遂に勝ちましたわ~!!」


プリンセスの技が命中し、サイアークの身体から噴き出す煙。
それを見て喜ぶリボン。しかしそれは、ぬか喜びでした。

勇ましい技名と手数に反比例して、威力の弱いキュアプリンセスの技。
雑魚敵である筈の『サイアーク』一体に、ダメージを与える事が出来ません。
もしかしたら、自身の気弱さが、技の威力を弱めているのかも知れません。

リボンと共に敵の光線を浴び、吹き飛ばされたキュアプリンセス。
その瞬間、キュアプリンセスの変身が解けそうになり、キャミソールっぽい姿に。

『ハートキャッチプリキュア!』を彷彿させる、変身半解除シーン。
もしかすると、彼女の力は『ハートキャッチプリキュア!』由来なのでしょうか?

敗北寸前のキュアプリンセスに迫る、サイアークの巨大な拳。
プリンセスを救ったのは、新たなプリキュア・キュアフォーチュン。
パートナー妖精・ぐらさんと共に、敵に立ち向かいました。

「フォーチューン・スターバースト!!」
キュアプリンセスと違い、強力な攻撃を繰り出したキュアフォーチュン。
敵に反撃の機会を与えず、速やかに浄化しました。

「星の力を聖なる力に!ラブプリブレス!プリキュア!スターダストシュート!!」
「星よ!天に帰れ!!」

敵が浄化されると、解放された少女は、キュアフォーチュンにお礼を述べました。

キュアフォーチュンがサイアークを浄化すると、ぐらさんが身体からプリカードを排出。
排出されたカードは、カードホルダーに収納されました。

「これでまた、大いなる願いに近付いたぜ!」

ぐらさんが語る『大いなる願い』。
キュアフォーチュンの望みは、果たして何なのでしょうか?

「勘違いしないで!私は、あなたを助けたんじゃない!世界にサイアークが溢れたのは、あなたの所為よ!!」
「私はあなたを、許さない!絶対によ!!」

少女に続きキュアプリンセスが、お礼を述べようとした瞬間、キュアフォーチュンの態度が一変。
敵意を剥き出しにして、キュアプリンセスを罵倒し、その場を去って行きました。
――何やら、特別な事情がありそうです。

「ううう~!また負けた~!!!!!」
こうして、サイアークが齎した危機からは脱する事が出来たものの、キュアプリンセスは今日も敗北。
果たして、キュアプリンセスが勝利する日は訪れるのでしょうか?

OP映像を観ていると、ラスボスである筈のクイーン・ミラージュも、元は普通の少女と思われる描写が。
そして、その姿を切ない表情で見詰めているのは、地球の神様・ブルー。
両者は一体、どんな間柄なのでしょうか?

今はまだ、名前だけが明らかになっている、キュアハニー。
OPから察すると、めぐみの友人・ゆうこが変身しそうな感じです。

攻撃方法は、マイクを使った歌の様子。
敵をメロメロにしてしまうその歌声には、どんな力が宿っているのでしょうか?

歌と言えば、前作の最終回で『世界の歌姫』になった、キュアソード。
3月の映画で、キュアソード&キュアハニーが歌の力で敵をメロメロにするシーンが観られるのかも知れません。

「強~いぞ、プ~リキュア!無~敵だ!ワッショイ!!サイアークになんか、負けないぞ~!!イエ~イ!!」
元気良く調子っ外れな『心の歌』を披露しながら、友達の大森ゆうこと一緒に登校中の主人公・愛乃めぐみ。
サイアークと戦うプリキュアに憧れる、元気一杯の少女です。

「この町も、サイアークに侵略されているけど、でも大丈夫!プリキュアがきっと、ババ~ンと現れて、ドカ~ンと解決してくれるよ!!」
「そうだね!」「だってプリキュアは、無敵なんだから~!!」


敵幹部の攻撃を受け、侵略されつつある町に住む、めぐみ達。
しかし、プリキュアの活躍のお蔭なのか、悲壮感はありません。
実際の紛争地でも、其処に住む人々は案外、戦闘時以外は普通の生活をしているそうです。

とは言え、街並みがお菓子塗れやカビだらけなのに平気な町の人々と言うのは、この世界が『プリキュアの居る世界』だと言う事を再確認させてくれます。

人々から信頼され尊敬されている、プリキュア達。
その頃、プリキュアの一人であるひめは、連戦連敗のショックからか、やる気を無くしかけていました。

「やだやだやだ!」と、駄々を捏ねて落ち込むひめを慰める為に、鏡から現れたのは、地球の神様・ブルー。
リボンはブルーに、「ひめに足りないのは能力ではなく、気持ちですわ!」と説き、ひめの奮起を促しました。

「だって、怖いんだもん…。」と落ち込むひめに、「これをあげよう。」とブルーが手渡したのは、『愛の結晶』。
一緒に戦ってくれる仲間を探す為の大切な道具でしたが、怖気付いたひめは受け取ろうとしません。

しかし、この道具が友達を作るキッカケを作ってくれる事を知り、ひめは一気にやる気を取り戻しました。

「私、友達欲しかったんだよね~!友達と一緒に居ると、とっても楽しいのよね!」
「困った時に助けてくれたり、何でも言う事聞いてくれたり、友達って、とーっても便利なのよね~!!」
「友達が居れば、全部解決じゃない!!じゃ、友達捕まえに行って来ま~す!!」「とうっ!!」

まるで、マナと初めて出会った頃のレジーナの様な事を言う、ひめ。
『ドキドキ!プリキュア』を思い出して、微笑ましい気持ちになりました。

「ただいま~!今日の夜ご飯、なぁに?」
「また、クリームシチューにしちゃおうっかな~?」


自宅マンションに帰宅しためぐみに、夕飯の献立を伝える、めぐみの母・かおりさん。
娘の為なのか、それともお手軽だからなのか?
表情から察すると、後者の様な気がします。

帰宅するなり、買い物に行ってくれると言う娘を気遣うかおりさん。
めぐみは自室に鞄を置いた直後、「どか~んと任せて!!」と自分の胸を叩いて快諾。

勢い良く胸を叩いた所為で、むせるめぐみ。
それを見て微笑む、かおりさん。
どうやらこれが、2人の日常の様です。

ブルーに貰った『愛の結晶』を手に、意気揚々と高台(煙突?)の天辺まで飛翔したキュアプリンセス。
「これが当たった子が、友達よ~!!!!!」と、満面の笑みで愛の結晶を放り投げました。

大切な仲間選びを運任せにしたパートナーの行動に、驚愕するリボン。

無理もありません。
当たった対象が犬などの動物だったり、年頃の男子だったり、歳の離れた男女だったりしたら大変です。
ただでさえ引っ込み思案なひめが、動物ならまだしも同世代の女子以外で、どうやって友達になるつもりなのでしょうか?

しかし、ひめの運が良いのか?それとも、見えない運命に導かれたのか?
ひめの最初の友達になる人物は、運良くめぐみに決定しました。

「今日のご飯は、クリームシチュ~!お母さんの大好きな、クリームシチュー!!」「――うわっ!」
ジャージにスカートと言う、実用重視の私服で買い物に出掛けるめぐみ。
母の好物を題材に、心の歌を披露しながら上機嫌です。

今日の献立をめぐみに告げたかおりさんが困った顔をしていた理由。
それは、自分の好みを優先していたからでした。

もしかしたら、カレーが大好きなキレンジャーみたいに、しょっちゅうクリームシチューを食べているのかも知れません。

「おっ、何だぁ…。おおっ!綺麗~!!」「お巡りさんに、落し物~!」
頭にぶつかった愛の結晶を手に、交番に向かうめぐみ。
その姿を遠くから見守る、ひめとリボン。

「あの子に愛の結晶、当たりましたですわ!」「あの子が…!私の初めての友達!!」
2人の胸に広がる、出会いへの期待。
果たしてひめは、めぐみと首尾良く友達になる事が出来るのでしょうか?

市場に買い物中のめぐみの様子を、遠くから見守るひめ。
人見知りのひめと違い、めぐみは人懐っこい性格の様です。

『ドキドキ!プリキュア』で日常パートで流れていたBGMが流れると、やっぱり落ち着きます。
何となく、何処かからひょっこりとマナ達が現れそうな気すらします。

「大きい人参、お幾ら万円?」「大安売りで、200万円!」
八百屋の主人と、昭和を連想させる懐かしい遣り取りをするめぐみ。
じゃがいもをオマケして貰った後、めぐみが向かったのは、ゆうこが店番をしているお弁当屋『おおもりご飯』でした。

「ゆうゆ!ゆうゆ!飴ちょうだい!スペシャルサービスで!」
「はい!」「あ~ん!甘~あ!」

20円で飴を一粒貰い、幸せそうに頬張るめぐみ。
その気さくさを眺めながら、ひめは「良いなぁ…。」と羨ましがりました。

川に流れてしまった真央ちゃんの帽子を、自分が濡れるのも顧みずに「ドーンと任せて!」と拾いに向かうめぐみ。
どうやら「ドーンと任せて!」と言うのが、彼女の口癖の様です。

「おい、何やってんだ!危ないだろ!」と、めぐみを心配して声を掛けたのは、真央ちゃんの兄で幼馴染の少年・相良誠司。
「もうちょっとで拾えるから!」と言った傍からバランスを崩しためぐみの腕を掴み、水浸しになるのを防ぎました。

「マジかよ!あの子、男子と喋ってるよ!!」と、めぐみが男子と話している事に驚くひめ。
これは想像よりも遥かに、引っ込み思案な様です。

そして意外と、目立つ外見に反して、影が薄いのかも知れません。
めぐみ達が話している木の陰に隠れているにも関わらず、誰一人として存在に気付かれていません。

「その帽子、形とかリボンとか、すごく可愛いね!」
川に近付いた事を誠司に叱られて落ち込む真央ちゃんに、笑顔を振りまくめぐみ。
帽子が母からの誕生日プレゼントだと知ると、「流石、真央ちゃんのお母さん!」と、真央ちゃんの母親のセンスも一緒に褒めました。

他人の良い所を見付けて、褒める事が出来る。
これが、めぐみの美点の様です。

「お前。人助けも良いけど、自分の事、少しは考えろよなぁ。ドジなんだから。」
「でも、真央ちゃんが喜んでたし、誠司もゆうゆうも助けてくれて、私も嬉しいし、皆幸せ!」

自分よりも、人の幸せを優先すると言うめぐみの姿勢は、マナに通じるモノがあります。
3月の映画で2人が出会った時、とても気が合いそうな予感がします。

「幸せハピネス!これって、愛だね!」「幸せ増量!大盛りね!」
微笑み合うめぐみとゆうこを見て、居た堪れなくなったのか、ひめはその場を去りました。

めぐみが一人になった所で、尾行を再開するひめ。
しかし、何時までもめぐみに声を掛けないひめに痺れを切らたリボンが、ひめにタックル。

押し出される形で、ひめはめぐみと初遭遇する事になりました。

「あ、あの…すしせそ、そのっ…!」
可愛い!お人形さんが着るみたいな服がそんなに似合う人、初めて見たよ!あなた、凄く可愛いね!!」

緊張を解す為か、スカートの裾を握り締めるひめ。
そのちょっと挙動不審な態度には目もくれず、めぐみはひめの姿を確認した瞬間、目を輝かせて近付きました。

「そんな事…あるけどっ!私、オシャレにはちょっとウルサイの!今日のコーディネートのポイントは、このリボンよ!」
「おお~!可愛いっ!!」

めぐみに褒められて上機嫌になったひめは、自分のオシャレを得意満面に披露。
可愛いもの好きなのか、めぐみはひめの言葉に釘付けになりました。

「あなたは、オシャレしないの?」と訊かれ、つい実用重視の服を選んでしまうと照れ笑いするめぐみ。
そんなめぐみに、オシャレの大切さを熱弁するひめ。

「オシャレは、出会いと閃きとチャレンジよ!」「私にも、出来るかな?」
「やるのよ!やって、自分を磨くの!女の子は誰でも…キラキラ光る宝石なんだから~!」

好きな事になると、夢中で語り出す事の出来るひめ。

ひめの熱弁に心を打たれためぐみは、ひめの手を握り「師匠!」と呼び、弟子入り志願。
頬を赤らめ、目を逸らしながら、「別に良いけど…。」と呟くひめ。

こうして2人は、友達の第一歩を歩み始めました。

「私、めぐみ!愛乃めぐみ!俺!お前!会えて!嬉しい!!」
手話を交えつつ、身体中で自己紹介するめぐみ。

※めぐみが何故、手話交じりで自己紹介をしたのかは不明ですが、きっと何らかのキッカケがあるのでしょう。
例えば、昔はひめと同様に人見知りで、人と話す手段として手話を使っていたとか、そんな感じでしょうか?

「私は…!ヒメルダ・ウイング・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイよ!」
「えっ…ヒメ…。」「長いから、ヒメで良いよ!」「じゃあ、ひめ!」

初めての友達が出来て、笑顔を見せるひめ。その様子に安心して、リボンが顔を出してめぐみに語り掛けました。

妖精に語り掛けられ、驚くめぐみ。
リボンはめぐみに、ひめが『ブルースカイ王国』の王位継承者であり、次期女王である事を告げました。

「本物のお姫様~!?素敵過ぎる~!!」「そんな事、あるけど!」
目を輝かせて興奮するめぐみに釣られ、調子に乗るひめ。

「色々と至らない所のあるひめですが、どうぞ宜しくお願いですわ~!」
「と言う訳で、めぐみはプリキュアね!」


「えっ!?プリキュア…??」
突然プリキュアにスカウトされ、戸惑うめぐみ。
その頃、お気に入りの帽子を被りながら上機嫌で散歩中の真央ちゃんの身に、魔の手が近付いていました。

上機嫌で散歩中の真央ちゃんに近付き、変質者っぽい雰囲気を纏わせて語り掛けるナマケルダ。
ナマケルダは、真央ちゃんを謎の棺に閉じ込め、『サイアーク』に変えてしまいました。

「鏡に映る未来を、最悪にしろ~!来い来い~!サイアーク!!」
ジコチューの様に、人の心の闇を利用するのでは無く、人の感情自体を自分勝手に利用する、幻影帝国幹部の力。
今作の敵は、『理由の無い悪意』をばら撒く存在なのでしょうか?

「天空に舞う、青き風!キュアプリンセス!!」
サイアークにされてしまった真央ちゃんを救う為、プリキュアに変身したひめ。
初めてプリキュアの変身を目の当たりにし、大興奮のめぐみ。

しかし、キュアプリンセスの力は想像以上に弱く、「また負けに来たのですか?」とナマケルダに馬鹿にされる始末。
キュアプリンセスに止めを刺すべく、サイアークが近付いて来ました。

倒れたキュアプリンセスを庇い、敵の前に立ちはだかるめぐみ。
膝の震えをナマケルダに指摘されてなお、友達を助ける為にその場から離れようとしません。

「こんなの、怖いに決まってるでしょ…!」
「怖いけど、どうしたら良いか解らないけど…!でも私、友達を助けたい!!」


「自分だけ良ければいいなんて、私は嫌だ!!」
「皆で幸せになる!それが幸せ…ハピネスなんだから~!!!!!」

「自分さえ良ければ、それでいい」と言うナマケルダの主張に、真っ向から反論するめぐみ。
その心の叫びに呼応し、愛の結晶が輝きを放ちました。

『愛が。地球を救う愛が…生まれた!!』
新たなプリキュアの誕生の瞬間を目の当たりにし、歓喜の声を上げるブルー。

愛の結晶は、プリチェンミラーとプリカードに変わり、めぐみの手の中に。
興奮した表情でリボンが道具の説明をしようとした瞬間――。

「知ってる!さっき見てたから!!」
リボン以上に歓喜の表情を浮かべ、張り切るめぐみ。
ひめの変身シーンを一度見ただけで、変身の仕組みを理解している事から、物覚えは良い方だと推測出来ます。

「愛乃めぐみ!行きます!!」「プリキュア・くるりんミラーチェンジ!」
「世界に広がるビッグな愛!キュアラブリー!!」

プリキュアに変身した自分の姿を見て、めぐみは小躍りしました。

「キュアラブリーは、何でキュアラブリーですの?」
「私!好きな言葉か、愛とラブとラブリーなんで!!」

リボンの質問に、単純明快に回答するキュアラブリー。

キュアラブリーを倒すべく、サイアークを差し向けるナマケルダ。
迫り来るサイアークに、慌てて掌底を繰り出すキュアラブリー。
その威力は意外と強く、巨大な敵を仰け反らせる事に成功しました。

「わぁ!やるじゃん、私!」「すご~い!」
キュアプリンセスとキュアラブリーの、技の強さの差。
それはきっと、敵に立ち向かう時の心の強さの差なのでしょう。

「不幸は此処まで!このキュアラブリーが、皆のハピネス、取り戻すんだから!!」
キュアハートを彷彿させる決め台詞で、サイアークに立ち向かうキュアラブリー。
果たしてサイアークを浄化して、真央ちゃんを助け出す事が出来るのでしょうか?

EDで更なるCGの進化を確認した後、次回予告。

敵に果敢に立ち向かおうとするキュアラブリーと、逃げ腰のキュアプリンセス。
一時撤退して大使館に避難した2人は、それぞれの意見をぶつけ合う事に。

心を通わせた2人は、サイアークとの再戦に。
果たして2人は、サイアークに勝利して真央ちゃんを助け出す事が出来るのでしょうか?

めぐみとひめの2人の物語は、今始まったばかりです。

※めぐみの、他人の為に尽くそうとする考え方は、前作の主人公・マナに似ていると思いました。
今作の設定の詳細がまだ解らないのですが、もし『ドキドキ!プリキュア』の世界観と繋がっているのなら、めぐみの行動理念は、マナに憧れてのモノなのでしょうか?

何故めぐみが、人の為に尽くそうとするのか?
それを1年掛けて描いてくれる事を、期待しています。

また、プリキュアの設定としては、変身の半解除と、自分で好きな名前を名乗れるという点が、『ハートキャッチプリキュア!』を彷彿させます。
もしかしたら、プリキュアの力の源が同じなのでしょうか?

既に敵の侵略を受け、平和では無いにも関わらず何処か明るい雰囲気のある、ぴかりヶ丘の人々。
逞しい町の人々との触れ合いを通じて、ひめはどんな成長を果たすのでしょうか?

これからじっくりと、この物語を楽しんで行こうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ハピネスチャージプリキュア!
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハピネスチャージプリキュア! 第1話 愛が大好き!キュアラブリー誕生!

初代「ふたりはプリキュア」開始から10周年。 今週から第11作目の「ハピネスチャージプリキュア!」さんが発進します。 ワシはMaxHeartからの参戦ですが、やはり感慨深いものが。。 初代キュアブラック先輩からのご挨拶。 そういえば最初は、美墨さん目当てで視聴して...

ハピネスチャージプリキュア!感想/第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」

 「マジかよ! あの子、男子と喋ってるよ!」(白雪ひめ)  ハピネスチャージプリキュア!第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」の感想です。

ハピネスチャージプリキュア! 第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」

【プリキュア10周年:キュアブラック】 新しい1年が始まりました。 しかもただの1年ではない。 今年はプリキュアさん10周年! 美墨先輩:  「キュアブラックだよ」  「プリキュア10周年ありがとう!」  「これからもよろしくね」 挨拶トップバッターは美墨先輩。...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。