yukitaの想い出日誌 ドキドキ!プリキュア・第29話『マナのために!シャルル大変身!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ドキドキ!プリキュア・第29話『マナのために!シャルル大変身!』感想

たとえ夏休み中でも、生徒会室で業務に励むマナ。その様子を見て、何か手助けをしたいシャルル。
しかし、身体が軽くて小さい為、上手く行きませんでした。

「マナの手助けをしたい」と願うシャルルは、ダビィに変身の術を教えて貰う為に弟子入り志願。
同じくパートナーの役に立ちたいラケルとランスも、ダビィに頭を下げました。

ダビィから人間に変身する方法を教わり、変身するシャルル達。
初めは失敗したものの、3人は人間に変身する事に成功しました。

その中でも、理想的な変身を遂げたシャルルは、マナと瓜二つの有能さを発揮し、マナを補佐。
シャルルの頑張りを見て、マナは心から嬉しそうでした。

忙しいマナに代わり、『大貝第二中学校』迄、書類を運ぶシャルル。
しかし、その最中で次々と人助けをした為、当初ダビィから注意されていた『1時間』と言うタイムリミットを超えて、変身を続行してしまいました。

折り悪く、シャルル不在の時にジコチューに襲われたマナ達。
変身出来ないマナは、シャルルを探す為に、大貝第二中学校に向かって走り出しました。

人間に変身した影響で、闇の鼓動を察知出来ないシャルル。
果たしてマナとシャルルは、無事に合流し、ジコチューとの戦いに駆け付ける事が出来るのでしょうか?


「承認!承認!承認!」
生徒会の様々な資料を確認しながら、次々と承認印を押して行くマナ。
その様子を見て、「マナ大忙しシャル~!」と驚くシャルル。

其処に六花が合流して、分刻みのスケジュールをマナに伝えました。
その直後、お腹が空いて泣き出すアイちゃんに、マナはミルクを与えてあやしました。

生徒会室にアイちゃんを連れて来ていると言う事は、『アイちゃんがマナの妹』と言うアイちゃんが使った魔法(?)の効果が、大貝町全体に及んでいると言う事でしょうか?

もしかしたらアイちゃんは既に、大貝第一中学校の生徒全員に、その存在が知れ渡っているのかも知れません。

「マナ、忙しくて可哀想シャル…。」
休む間も無く働くマナの様子を見て、気の毒に感じたシャルル。
六花の「猫の手も借りたい位ね。」と言う呟きを聞き、自分の手をじっと見詰めた後、ホッチキスを手にして、書類の整理を手伝おうと試みました。

しかし、身体が小さく体重も軽い為、ホッチキスを押す事すら出来ないシャルル。
自分の不甲斐無さを実感し、涙を浮かべました。

生徒会業務が終わり、ソリティアでミーティングを始めるマナ達。
シャルルは早速、DBに変身しているダビィに向かって、頼み事をしました。

「ダビィ先生!どうかシャルルに、変身の仕方を教えて下さい!」
「変?」「身?」アイちゃんのおしゃぶりと化していたランスや、その様子を見ていたラケルも、シャルルの言葉に注目しました。

「この姿だと、マナのお手伝い…出来ないから!私、人間になって、マナのお手伝いしたいシャル!」
「成程ね。そう言う事なら…。」「「ダビィ先生~!」」
「僕にも教えて下さいケル!」「ランスも人間になりたいランス~!」
ダビィがシャルルの願いを受け入れようとした瞬間、ラケルとランスも目を輝かせて飛んできました。

「「「お願いします~!」」」
頭を下げるシャルル達に、ダビィは一応、人間に変身した際のデメリットを語りました。

「でも、人間の姿になると飛べなくなるし、通信も出来なくなるし、他にも、妖精なら出来る事が、出来なくなるかも知れないわよ?」

「それでも、マナを助けたいシャル!」
「僕も、六花のお手伝いしたいケル!」
「ランスもでランス~!」

3姉弟の熱意に打たれ、ダビィは3人に人間に変身する方法を教えました。

「ただし!人間に変身するのは、凄いパワーを使うから、最初は1時間位にして置く事!」
「「「はぁ~い!!!」」」

ダビィ先生の注意事項の説明の後、早速、講義が始まりました。

「ではでは!」と、妖精の姿に戻ったダビィ。
「変~身!」煙に包まれた瞬間、DBの姿に変身しました。
その華麗な変身シーンに、目を輝かせるシャルル達。
でも、どうやって変身したのか解らなかった様です。

「大丈夫。大切なのは、心から『変身したい』と言う気持ちだから。」
何となくですが、この一言には、とても重要な意味が隠されている気がしました。
――例えば、亜久里の正体は、誰かの変身した姿だとか…?

それは考え過ぎかも知れませんが、プリキュアと妖精には、『想いの力で変身する』と言う共通事項がある様です。
もしかしたら、今後マナ達が更なるパワーアップを果たす時、『想いの力』が、重要な役割を果たすのかも知れません。

「まずは、なりたい人間をイメージして、そして強く願うの!」

「マナみたいな女の子に!」「六花と同い年位の男の子に!」「カッコいい男子に!」
「「「なりたい!!!」」」

それぞれの理想像を強く念じた3人。しかし…。

「何これ?椅子!?」「何~で、長靴~??」「私なんか、やかんシャル~!もう~!!」
雑念が入ったのか、変身に失敗していました。
「もっと集中して見て!」と、ダビィから助言を貰い、可愛いしかめっ面を披露しながら、必死に念じ続ける3人。

「今度こそ、人間に!」「人間に!」「人間に~!」「「「変~身!!」」」
光に包まれた後、遂に人間に変身する事に成功しました。

「わあ~い!変身出来たシャル~!」
「でも僕、ちびっ子になっちゃったでランス~!」「ランス、末っ子だしね。」
「僕長男なのに、何でシャルルよりちびっ子ケル!?」「何でかな?アハハっ!」


中学1年生位の女の子に変身出来たシャルル。
小学5年生位の男の子に変身した、ラケル。
5歳前後のちびっ子になってしまった、ランス。

悲喜交々あるも、無事に人間に変身する事が出来た3姉弟。
『慣れない内は、変身は1時間位に』と言うダビィの注意を聞き終える前に、人間になった自分達の姿を、マナ達に披露しに行きました。

「ジャジャーン!」と、嬉しそうに人間に変身した姿を披露したシャルル達。
マナ達は一様に驚きつつも、それぞれのパートナーが人間に変身した事を、心から喜びました。

「皆、一つ訊かせて頂けますか?どうして人間になったのです?」
真剣な面持ちで、シャルル達に質問する亜久里。

「僕、前から六花と一緒に勉強したり、運動したりしたかったケル!」
「ランスは~。ありすに子守唄を歌ってあげたいでランス~!」
「ハーイ!ハイハーイ!シャルルは、マナのお手伝いしたいシャル!」


「この子達の想い、認めてあげて貰えないかしら?」と、アイちゃんを抱きながらシャルル達の後押しをするダビィ。
真琴からも頼まれて、亜久里は「これも、妖精達の成長の証。」と、納得。
シャルル達に「人間としても、パートナーを手助けしてあげて下さい」と語り、3人の行動を承認しました。

「は~い!」と、元気良く返事するシャルル達。早速、それぞれのパートナーの手助けを開始しました。

「終わったシャル~!は~い。マナ。」「凄~い!上手に出来たね!助かったよ!」
手際良く、マナが持ち帰った書類の整理を終え、マナに褒められて嬉しそうなシャルル。
何となく、シャルルがホッチキスで書類を纏めるのを失敗してマナがフォローする場面を予想していたので、シャルルの有能さに驚きました。

「よ~し!まずは宿題を終わらせるケル!!」「もう宿題なら、休み時間に終わらせたわ。」
「じゃあ、晩御飯作るケル!」「それも…。今朝、仕込み済ませちゃった!!」
「うう…。流石は六花。「僕…役に立てないケル~!」

小学生の外見なのに、中学生の宿題をしようとしたり、料理を作ろうとしたりと、少し背伸びして頑張ろうとしているラケル。
悔しがってカエル柄のバンダナを齧った時に、ラケルの表情に合わせてカエルが涙を浮かべている演出が、芸が細かくて面白いです。
役には立てませんでしたが、その心意気が嬉しくて、「一緒に居てくれるだけで、嬉しいし。」とラケルの頭を撫でる六花。
普段、一人で家で過ごす事の多い六花にとって、ラケルは『可愛い弟』みたいな存在なのでしょう。

「ありす~。子守唄で寝かし付けてあげるでランス~。」
眠りに就こうとしているありすに、子守唄を歌ってあげようとするランス。
ありすが寝ている天蓋ベッドは、もの凄く豪華で、その周りに置かれている人形も、かなりのサイズです。

その中でも、一際目立っているのは、紳士っぽい装いのカエルの縫いぐるみ。
この縫いぐるみは、六花のプレゼントした品でしょうか?

「眠れ~。眠れ~。ね~むれ~…zzz。」
髪を解き、いつもより大人っぽいありすを寝かし付けようとして、そのまま寝てしまったランス。
「やはり、眠ってしまわれましたか?」「ええ。」
「可愛らしいですわ。まるで、小さな弟が出来た様で。」「はい。」

予想通り、ありすより先に寝てしまったランスの姿を観て、目を細めるありすとセバスチャン。
その姿はまるで、我が子の健やかさを喜ぶ若奥様と執事の様です。

「ありす~。お布団、掛けるでランス~。」
夢の中ではきっと、ランスの子守唄で寝たありすに、布団を掛けてあげているのでしょう。

そして翌日。
マナの手伝いが出来て嬉しそうなシャルルに対して、何も出来ずに落ち込むラケル。
「傍に居てくれるだけで嬉しい。」と六花に慰められ、「だったら僕、六花の傍を離れないケル!」と六花の肩にしがみ付きました。

六花と同い年の男子に変身したがったり、やたらと甘えてアピールしているのはやはり、先日のイーラと六花の件がキッカケでしょうか?
子供のこう言う甘え方は、観ていて微笑ましいです。

「放課後になったら、もっとマナのお手伝いが出来る」と、張り切るシャルルを見て、「私もキュンキュンだよ!」と興奮気味のマナ。
歳の近い可愛い妹の存在は、マナにとっても嬉しい様です。

「今日は、何を喰いまくるかなぁ~?」
「ついでに、プリキュアを誘き寄せて、王女の行方を突き止めましょ。あの間抜けトリオを出し抜いてね!」

歩道橋(?)の上に座りながら、アン王女探索の作戦を練るリーヴァとグーラ。
しかし、『食べるついでに探す』と宣言してしまっています。

歴代の悪役も、地球の食べ物に魅せられて堕落して行きましたが、彼等もまた、地球に『馴染んで』来ている様です。
段々、当初の威厳が無くなりつつある2人。気を引き締めないと、そろそろ立場が危うくなるかも知れません。

「わーい!放課後シャル~!変身っ!」
マナ達とお揃いの制服姿に変身したシャルルを見て、目を輝かせるマナと六花。
イメージ通りに変身出来るシャルルを羨ましがるラケルに、「ラケルの分まで頑張るシャル!」と、2人分樺る事を宣言したシャルル。

こうして、シャルルの生徒会業務手伝いが、始まりました。

「会長。その子は?」
「え~っと、臨時でお手伝いをお願いしてる~。」「シャルルです!宜しくお願いしますシャル。」

十条君の質問に、何とか誤魔化そうと、髪を弄りながら答えるマナ。
いつもの癖で、語尾に『シャル』を付けてしまい、大慌てで誤魔化すシャルル。

※ダビィも人間に変身した当初は、語尾に『ビィ』を付けたのでしょうか?
あの大人っぽい外見で、「~だビィ!」と言ってる姿を想像すると、思わず吹き出しそうになります。

「さぁ~!何でもお仕事頼んで下さい~!」
張り切るシャルルに十条君は、書類の束の整理を頼みました。

「出来ました~!」「早っ!」一瞬で書類の整理を終えたシャルルの能力に、驚く十条君。
「次は、何をすれば良いですか~?」と訊くシャルルに、文化祭の備品チェックを頼みました。

「出来ました~!」「早っ!しかも完璧!流石、会長のお知り合い!素晴らしい助っ人ですね。」
シャルルの完璧な仕事振りに、感心する十条君。それを聞いて、心底嬉しそうなマナ。
十条君に、「似ていますよねぇ。まるで、姉妹みたいです!」とまで言われて、マナとシャルルは、微笑み合いました。

「お~い、相田!ちょっと良いか?」と、生徒会室を訪れた城戸先生。
マナに『大貝第二中学校』の生徒会長宛ての書類を届ける事を依頼し、生徒会室を去りました。
遂に登場した、大貝第二中学校。果たして、どんな中学校なのでしょうか?

「でも会長!この後、文化祭の打ち合わせが入ってますし、バレー部の助っ人も頼まれてるんじゃあ…?」
「そうだった!あ~。もう、身体が2つ欲しいよ~!」

生徒手帳に書かれているマナのスケジュールを確認し、報告する十条君。
それを聞いて、頭を抱えるマナ。

六花だけでなく十条君もまた、マナのスケジュール管理をしていました。
大貝第一中学校の生徒会は、会長のマナを生徒会全体で盛り立てるスタンスだと判明しました。

「シャルルにお任せ!お届け物、私が行って来ま~す!!」
張り切って、書類を抱えて第二中学校に向かうシャルル。
それを見て、少し不安な表情を浮かべるマナ。

果たしてシャルルは、無事に辿り着けるのでしょうか?

「マナの役に立てて、嬉しいシャル~!」と、上機嫌で第二中学校まで向かうシャルル。
その途中で、カートを片手に階段を苦労して登っているお婆さんを発見。
『こんな時、マナなら…。』と思い立ち、「荷物持ってあげるシャル~!」と笑顔でカートを持ち、お婆さんの手助けをしました。

次にシャルルが目にしたのは、サッカーボールを追い掛けるのに夢中になり、目の前に近付くトラックに気付かない少年の姿。

「危ないシャルー!」と、少年を抱きかかえ、その身を守りました。
「済みません!」「ママー!」

「危ない所を、有難うございました!」「どういたしまして、シャル~!」
しかし、その直後に書類がトラックの荷台に乗っている事に気付き、大慌て。
必死で追い掛けて、何とか書類を取り戻す事に成功しました。

生徒会業務を難なくこなしたり、走行中のトラックに追い付いたりと、結構ハイスペックなシャルル。
全体的な能力の高さも、パートナーのマナ譲りです。

「1時間過ぎちゃったシャル!でも、マナのお手伝いを此処で止める訳には…行かないシャル~!」
カメラ店の壁時計を見て、ダビィが推奨した変身継続時間の1時間を過ぎている事に気付いたシャルル。
しかし、途中で業務を投げ出す訳には行かず、全力疾走で目的地まで向かいました。

「遅いなぁ、シャルル。大丈夫かなぁ?」
バレー部の試合が始まる寸前になっても戻らないシャルルを心配する、マナ。
その様子を眺めながら、他校のバレー部員の生徒は、大貝第一中学校バレー部の強さを羨んでいました。

『良いなぁ~。一中は強くて。ウチの学校、負けてばっかりだし。――今日こそは、ズルしてでも勝ちたい…!』
魔が差して、反則してでも勝利をもぎ取ろうと企んだ、女性部員。
しかし、すぐに正気に戻って、自分の力で頑張る事を決意しました。
その直後、リーヴァとグーラに目を付けられ、プシュケーを闇に染められてしまい、女生徒はジコチューへ変えられてしまいました。

「闇の鼓動が聞こえるビィ!」「闇の鼓動でランス~!」
異変に気付いたダビィとランスの報せを受け、現場に急行する真琴とありす。
マナと六花が避難誘導した生徒達と入れ替わる様に、2人が到着。

「皆、行くよ!プリキュア・ラブリンク!――って、シャルル居ないんだった!!
シャルル不在に気付くマナに、シャルルが人間に変身しているかを確認するダビィ。
マナの答えを聞き、シャルルが闇の鼓動に気付いていない可能性を示唆しました。

「私、シャルルを探して来る!」「ええ!此処は私達にお任せを!」
ありすの言葉に後押しされ、シャルルを迎えに行くマナ。

「私達が相手よ!」ジコチューに立ち向かう、キュアソード達。
スパークルソードとロゼッタリフレクションで、ジコチューのサーブを次々と躱し、止めはエースショットの電光石火。

しかし、浄化出来たのは、ジコチューの片面だけ。
サーブ練習機(と言うのかな?)の化身であるジコチューは、片面が浄化されても、もう片面が攻撃可能。
その間に、もう片面が復活。それを繰り返せば、永遠に戦い続ける事が出来ると言う、厄介な能力を有していました。

この難敵を倒す方法は、唯一つ。両面を同時攻撃する事。
キュアダイヤモンドがその事に気付きましたが、ラブリーフォースアローは3人では放てない為、キュアハートが合流するまでは、倒せない事が判明しました。

その事実に衝撃を受けるプリキュア達。
一瞬の隙を突かれて連続攻撃を浴び、大ダメージを負ってしまいました。

「やっと届け終わったシャル…。疲れたシャル…。」
限界を超えながらも、何とか書類を届け終えたシャルルは疲労困憊。
其処にマナが駆け寄り、ジコチューの襲来を告げました。

「でも、闇の鼓動、聞こえなかったシャル…。」
そう告げた瞬間シャルルは、人間に変身した場合のデメリットを示唆したダビィの言葉を思い出しました。

「ごめんなさいっ!ダビィの言う事を聞かなかった、私が悪いシャル…!」
「悪いのはシャルルだけじゃない。私も同じ。だってシャルルは、私の為に人間に変身してくれたんだもん!」
「だから今度は、私がシャルルの為に頑張る!」


自分の迂闊さに気付き、涙ぐむシャルル。
その肩に手を遣り、『私も同じ』と慰めて励まし、シャルルの頑張りに感謝するマナ。

「行くよ!シャルル!!」
マナの号令を聞いた瞬間、シャルルの顔が引き締りました。
この凛々しい表情を見ると、やはり、マナのパートナーなんだと改めて思いました。

度重なるジコチューの攻撃を受け、疲労困憊のプリキュア達。
キュアエースの変身時間が活動限界を超えそうになった瞬間、「遅くなってゴメン!」と、キュアハートが合流。
その瞬間、一同の表情に力が戻りました。

「皆さんは表の顔を!わたくしは、裏の顔を狙います!」「了解!」
「チャンスは、一度です!!」
一瞬でジコチューの背後に回り込んだキュアエース。

そして、エースショットとラブリーフォースアローの両面同時攻撃により、ジコチューは浄化。
浄化されたプシュケーは女生徒に戻り、ジコチューにより破壊された体育館も、無事に再生しました。

戦いとバレー部の試合が終わり、夕暮れ時。
シャルルは、自分の迂闊さが危機を招いた事を、皆に謝罪しました。

「シャルルは、忙しいマナの役に立ちたかったでランス~!」
「シャルルの気持ち、解るケル!大好きな人の力になりたいって気持ち。」

シャルルを優しく慰める、ランスとラケル。
でも何となく、ラケルがドサクサに紛れて六花に告白している気がしたのは、気のせいでしょうか?

「私もだよ。私ね、シャルルが私を助けようとしてくれて、本当に嬉しかった!十条君に『姉妹みたい』って言われた事も。」
「シャルルの事、本当の妹みたいに思ってるし、大好きだから!!」

マナから心から信頼され、妹みたいに思われている事を知り、感涙するシャルル。
その様子を見て、微笑む一同。
其処に突然、来訪者に声を掛けられ、大慌て。

「あの~。済みません。先程、こちらの生徒さんにお世話になって。」
「私も、助けて貰ったんです。」
「改めてお礼を言いたいんですが、お名前が解らなくって。」
「『シャル~!』って言ってた!」「あ、そうそう!『シャル~!』って話してたわね。」
「お心当たり、無いですか?」

マナ達に声を掛けたのは、シャルルが助けた人達でした。
シャルルが遅れた真相を知り、感動するマナ達。

「あります!」
「『シャルルちゃん』と言う、それはそれは素敵な。」「私達の大切な友達です!」
「私達も、いつも助けられているんですよ!」

パートナーの優しさに感動し、飛び付く様に3人に語り掛けるマナ。
ありす・真琴・六花も、シャルルの人柄を笑顔で3人に伝えました。

「いらした事、伝えて置きますね。」3人を笑顔で見送るマナ。

「シャルル~!シャルルは私達の、自慢の仲間だよ!」
シャルルを抱き締め、微笑むマナ。仲間達もまた、マナと同じ笑顔を湛えていました。

「皆…!シャルルに、お任せ!」
可愛らしい決めポーズを取り、喜びを全身で示すシャルル。
通常なら此処で終わりですが、まだ続きがありました。

「皆さん!妖精達との絆も深め、更に上のステージへ登りましたわね!ブラボーですわ!!」
「時は来ました。あなた達には、最後の試練に挑んで頂きますわ!」
「最後の試練…?」

夏休みを通じてお互いの絆を太くし、パワーアップを果たした、マナ達。
その総仕上げが今、始まろうとしています。

そして、次回予告。

絶海の孤島に辿り着いたマナ達が出会ったのは、1万年前のプリキュアのパートナー妖精・メラン。
メランが持つ『水晶の鏡』を巡って、マナ達の最後の試練が始まります。
果たして、その結末は――?

※今回の話が関西で放送される迄、携帯サイトの次回予告を何度も観ました。
そして、放送日当日の8月26日。

「もしかしたら、人間に変身したシャルルに十条君が惚れる展開に?」と思いながら観てみると、シャルルがマナの為に精一杯頑張る、感動的な内容でした。
人間に変身したシャルルが、マナ譲りの優秀さを発揮したのは、本当に驚きました。

その中でも、困っている人達を助ける優しさと、変身限界時間を超えても頑張って、マナに尽くしたいと考える健気さを見せたシャルルの姿に感動しました。

そして、シャルル達パートナー妖精が、マナ達プリキュアにとって、どれだけ大切な存在であるかを、改めて実感出来る内容だったと思います。

今後も、何らかの形で、シャルル達が人間に変身するエピソードを観てみたいです。
そして、『14歳のDB』や『カッコいい男子になったランス』『六花と同い年のラケル』の姿も、出来れば観たいと思いました。

※28話の感想を書いた後、そのままのテンションで一気に今回の感想を書き上げたかったのですが、体力が尽きてしまいました。
結局1周遅れになり、申し訳ありません。

30話の感想は、何とか間に合えば良いなぁ…と思っています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドキドキ!プリキュア 第29話 「マナのために!シャルル大変身!」

生徒会長として、部活の助っ人として忙しい日々を送る相田さん。 まあ、何も読まずにただハンコ押してるだけのようにも見えますが。。    うりゃうりゃうりゃうりゃ〜〜。 それに...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。