yukitaの想い出日誌 ドキドキ!プリキュア・第27話『バレちゃった!?キュアエースの弱点!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ドキドキ!プリキュア・第27話『バレちゃった!?キュアエースの弱点!』感想

自転車ジコチューに苦戦するキュアハート達の様子を、ビルの屋上から見詰めるキュアエース。
その表情にはいつもの余裕が無く、何処か焦っている様です。

「時間が掛かり過ぎですわねっ!またお会いしましょう!アデュー。」

ビルの壁時計を確認した瞬間、何故か戦いに加勢する事無く、キュアエースは戦線離脱。
突然の出来事に焦るものの、キュアハート達は力を合わせて、何とかジコチューを浄化する事に成功しました。

その後マナは、家の手伝いで和菓子を手に六花達と一緒に、茶道の先生・円茉里さんの自宅へ。
マナが呼び鈴を押すと、「はぁ~い!」と言う可愛らしい声が。

その声の主は、何と亜久里。計らずともキュアエースの自宅を知り、驚くマナ達。
4人の疑問に答える為に、亜久里はマナ達を野点に誘いました。

今明かされる、キュアエースの秘密。
そして、リーヴァとグーラの『共同作業』とは――?


「何を手を焼いているのです!この程度の相手なら、問題無い筈ですよ!」
自転車ジコチューに思わぬ苦戦を強いられるキュアハート達に、ビルの屋上から喝を入れたキュアエース。
しかし、隣の壁時計を目にした瞬間、「時間が掛かり過ぎですわね!」と言い残し、その場を去ってしまいました。

キュアエースの突然の戦線離脱に、驚くキュアハート達。しかし、ジコチューの攻撃は待ってくれません。
気を取り直して、4人で戦う事に。

「マッハ1000!」と言う、ジコチューのハッタリに、驚くキュアハート。
キュアダイヤモンドが空かさずフォローに入り、キュアソードにタイヤを狙う様に指示。

自転車ジコチューのタイヤに、スパークルソードが命中。
そして、止めのハートシュートで、無事にジコチューを浄化。

キュアエースの課した試練を乗り越えただけあり、ラブリーフォースアローを使うまでも無く、無事に勝利を収めました。

今回ジコチューにされた人物の描写はありませんが、サドルが鍵になるタイプの自転車であった事と『マッハ1000』と言う、有り得ない単位のハッタリをかましていた事から推測すると、富裕層の小学生でしょうか?

何にせよ、今後は安全運転をしてくれる事でしょう。

勝利を喜び合うキュアハート達を、ビルの物陰から確認し、静かに去った亜久里。
今回参戦しなかったのには、特別な事情があるのでしょうか?

そして、OP曲。亜久里が正式な仲間になった事により、一部映像が差し替えになりました。

一番の注目は、キュアエースに変身した亜久里と対峙しているのが、レジーナである事だと思います。
亜久里とレジーナの間に、どんな秘密があるのでしょうか?

姉妹?それとも、同一人物??
2人の秘密が明かされるまで、色々と想像してみたいと思いました。

そして、キュアエースがトランプっぽい武器を掲げた後、最後に5人の決めポーズ。
キュアハートの隣に確保されている『空きスペース』には、きっとレジーナが加入するのでしょう。

最後に、新しい提供イラストが提示されました。
しかし運悪く、亜久里とアイちゃんが、所謂『提供目』(※スポンサー名で顔が隠れる)の餌食になってしまいました。

毎回思うのですが、何とか上手く顔を隠さずにスポンサー名を表記する方法は無いのでしょうか?
それが出来れば、番組内の告知で登場人物の顔が隠れる事態も、防ぐ事が出来ると思います。


「ああ、あそこだよ。ママが茶道を教わってる、円茉里先生のお家!」
戦いが終わり、六花達と一緒に茶道の先生の家に和菓子を届けるマナ。
マナが手にしている和菓子は、父・健太郎さんお手製。洋食屋のシェフなのに、随分と器用です。
もしかすると、健太郎さんは元々、和菓子職人だったのかも知れません。

「はぁ~い!」
円先生の自宅に到着したマナが呼び鈴を押すと、可愛らしい少女の声が。
その声の主の正体は、何と亜久里。意外な展開に、マナ達は驚きました。

「あら?」「あ、キュア…。」「円!亜久里です!!」
マナ達の近くに必死に駆け寄り、自分の正体を誤魔化そうとする亜久里。
其処に、亜久里の祖父・円茉里先生がやって来ました。

「マナさん。お菓子を持って来てくれたのですね?」「あ、はい…。」
曖昧な返事で、先生に和菓子を手渡すマナ。

「孫をご存じ?」「ええっ?孫!」意外な事実に驚くマナ達。
「先日っ!お祭りでお会いしたのです!」マナ達が余計な事を言う前に、何とか誤魔化す事に成功した亜久里。
マナ達に目配せし、少し離れた所に移動しました。

「おばあ様の前で、キュアエースと呼ばないで下さい!」
やっぱり、キュアエース…もぐもぐもぐ…!!」
空気を読まずに叫ぶシャルルの口を塞ぐ、亜久里。

「こんな近くにいらしたとは。」「灯台下暗しだったわね!」
「その様な言い方は、お止しになって!わたくしは、逃げも隠れもしませんわ。ですが、今は少々…。」

「都合が悪いのは事実です。」先生に向かい、マナ達と一緒に愛想笑いする亜久里。

「こう言うのは、どうでしょう!」
そして、何やら妙案を思い付き、マナ達に提案しました。
亜久里の意図は、一体?

その頃、ジコチューのアジトでは、グーラが苛立ちをぶつける為に、家具を暴食していました。

「その辺にしときなさい。アジトが無くなるでしょ?」「これが、喰わずには居られるか!!」
諌めるリーヴァに反論するグーラ。

「このままじゃ私達も、ベール達の二の舞になりかねないわね。」と、グーラの苛立つ理由を理解し、危機感を抱くリーヴァ。

『ベール達の二の舞』と言う事は、ジコチュー陣営には、更なる幹部が控えていると言う事なのでしょうか?
それは兎も角、リーヴァは、この危機を乗り越える為に、名案を思い付きました。

「こちらも、合体技を使ってみましょうか?」
「俺とお前がかぁ~?」
リーヴァの提案に、首を傾げるグーラ。
しかし、次のリーヴァの一言で、グーラは彼の申し出を受け入れる事になります。

「私ぃ~。あなたのワイルドな所、気に入ってるのよ(ハート)。」
「ワイルド?悪い気はしないな!」

食べていたソファーを落とし、頬を赤らめるグーラ。
――何で、頬を赤らめるんですかぁ~wwwwwww!!!
このシーンを観た瞬間、思わず大笑いしてしまいました。

「俺も、お前のシルクハット、嫌いじゃないぜ!」
「まあ、嬉しい!それじゃあ…!」
「「試してみるか!!」」

い、一体、何を試そうと言うのでしょうか?
ワクワクが止まりません!!


「よく、いらっしゃいましたね。」
翌日。マナ達は亜久里に誘われて、野点の席に。
4人それぞれの着物姿で、準備万端です。

「これより、あなた達に茶道の作法を、教えて差し上げます。」
「いや、私達は、何も其処まで…。」


「プリキュア・5つの誓い!ひとつ・『プリキュアたるもの一流のレディたるべし』」
竹林のトンネルを抜けて、野点の場に招待されたマナ達。
亜久里の勢いに押されるまま、茶道の作法を教わる事になりました。

「わたくしがお茶を点てる前に、お菓子を食べ切って下さい。」
美味しそうな和菓子を食べるマナ達の様子を、喉を鳴らしながら見ている亜久里。
マナが大口を開けて和菓子を頬張ろうとしている姿を、羨ましそうに見詰めています。

「食べる?」「わああ~!!」
はっ…!茶道の基本は、もてなしの心です!もてなすわたくしが、食べる訳には行きませんわ!」

マナに和菓子を差し出されて、目を輝かせる亜久里。
思わず素が出てしまった事に気付き、何とかその場を取り繕いました。

「お菓子が絡んだ時だけは可愛いのに。」六花の言葉に、頷くマナ達。
マナ達に『年相応の可愛らしさ』を見抜かれてるのを知らず、亜久里は茶道の作法に則り、お茶を点てています。

「頂きます!」手を合わせて茶碗を持とうとしたマナに、「お点前頂戴いたします。」とお辞儀をして見本を見せたありす。
その様子を見て、「流石、四葉家のご令嬢。」と感心する亜久里。
さて、六花達の様子はどうでしょうか?

「飲む前に、やる事がある筈だけど…。」と、茶碗を持ちつつ悩む六花。
「こう言う事もあろうかと、ちゃんと勉強して来たの!」
――2年前に良く聞いた懐かしい台詞が、真琴の口から放たれました。

「お茶碗は、はっ!回すの!」「回し方が違うと思うビィ!」
和傘の上でお茶碗を回す真琴に、思わずツッコむダビィ。
その姿を見て、マナ達はズッコケてしまいました。

真琴の教材はやはり、『加音町の音吉さん』の本なのでしょうか?
このまま怪しげな知識を蓄え続けると、とんでもない事になりそうです。
今後、マナ達による勉強会が必要になるかも知れません。

「大っきいシャル~!」「飲めないケル~!」
自分達の身体と同じ位の大きさの茶碗を抱え、一苦労するシャルルとラケル。
そして、「も、もう少し…。」と、茶碗を口の方まで持って行ったランスは、勢い余って、抹茶を身体中に浴びてしまいました。

27話の予告映像では、真琴の失敗の犠牲になったのかと思っていましたが、ランスの自爆だったんですね。
前回の感想で真琴の所為と予測していたので、この場を借りて、真琴に謝罪します。

茶碗の抹茶を掬い、一口舐めて見たアイちゃん。
しかし、「にがああああ~!!!」と、泣き出してしまいました。
やっぱり、赤ちゃんの舌にはまだ、抹茶は早かったのかも知れません。

もしかしたら、グリーンティなら飲めたのでしょうか?

「あなた達っ!!」
目を滾らせて怒る亜久里を見て、「ゴメン!ちゃんとやるから!!」と、大慌てでお茶を飲もうとするマナ。
しかし、足が痺れて転けてしまいました。

「まこぴーは平気なの?」「当然でしょ!」マナの質問に、得意気に答える真琴。しかし…。
「ひえええええ~!!」マナに足を突かれた途端、おかしな声を出して、倒れてしまいました。

2人の様子を見て、口を手に当て、笑いを堪え切れない亜久里。
そして、「今日は、この辺にしておいてあげますわ。」と、微笑みました。

「そもそも野点では、茶室の様な堅苦しい作法は、必要ありませんですしねっ!」
亜久里の言葉を聞いて、笑いだすありす。不思議そうにその様子を見る、マナ達。
礼儀作法の心得のあるありすは、初めから亜久里の意図を見抜いていた様です。

「からかってたの!?」「そんな事はありませんわ。」
六花の質問に、悪戯っぽく答えて笑う亜久里。
その無邪気な笑顔を見てマナ達は、顔を見合わせながら微笑みました。

場の雰囲気が明るくなったところで、円先生が登場。
亜久里が茶席に人を招いたのは初めての事で、「これからも仲良くしてやって下さいね。」と、マナ達に挨拶。
気恥ずかしくなった亜久里は、マナ達と一緒に河原まで散歩をする事にしました。

「此処は、有名な清流なのです。」そう言って、マナ達を川涼みに誘う亜久里。

『キュアエースじゃない時の亜久里ちゃんって、普通の女の子なんだな。』
楽しそうに笑う亜久里の姿を見て、マナは、彼女の本当の姿を垣間見た気がしました。

「これまで、あなた達に厳しく接して来て、申し訳ないと思っています。」
「あなた達に強くなって欲しい。その一心でしてきた事です。」
「わたくしに、訊きたい事があるのでしょう?お答えしますわ。」

亜久里は、これまでの態度を謝罪し、マナ達の質問に全て答えると告げました。
彼女の秘められた過去が、今明らかになります。

Q1:「どうして私達を鍛えてくれるの?あなた一人でも充分、キングジコチューを倒せそうなのに?」
A:「私だけでは無理なのです…。」

亜久里は地球生まれのプリキュアで、かつてジコチューとの対戦に敗れ、パートナーのアイちゃんは、その際に卵に戻ってしまった。
その後アイちゃんは、ソリティアでマナ達と出会い、亜久里と引き合わせてくれた。


Q2:「どうして亜久里は、変身すると大きくなるケル?」
A:「『ジコチューによって、危機に晒されている世界を心から守りたい』。わたくしはその想いで、自らを成長させたのです!」

※この答えから、『亜久里がキュアエースに変身して成長するのは、最初から出来た事ではない』と推測出来ます。
本来の姿では太刀打ち出来ないので、成長する事により、潜在能力を引き出しているのではないでしょうか?


「今こうしている間にも、キングジコチューは多くの世界を飲み込み、復活へと近付いています!」
「それに対抗する為、わたくしは真のプリキュアのステージに立った、あなた達と共に戦いたいのです!」


亜久里の決意を聞き、「私達も強くなったもの!」と意気上がるマナ。
しかし、「まだまだですわ!」とダメ出しされてしまいました。

「あなた方は、もっと強くなれます!ならなくてはいけないのです!ジコチューの恐ろしさは、こんなモノではありません!」
「…今お話しした事は、おばあ様も知りません。どうか、あの人には内緒にして下さい!!…危険に巻き込みたくないのです。」

亜久里の告白を聞き、決意を新たに頑張る事を誓い合うマナ達。

『もっと頑張らなくちゃ…。レジーナの為にも…!』
レジーナとの友情を取り戻す為に、密かに決意を固めるマナ。
マナの願いが、一刻も早くレジーナに届く日が来る事を、願わずにはいられません。

※一応は、亜久里とアイちゃんの関係性などが明かされましたが、アイちゃんの謎は、更に深まりました。

・アイちゃんは何故、亜久里をパートナーに選んだのか?また、その時期は、何時なのか?
・アイちゃんがレジーナと初対面時に、何故、あれだけ懐いたのか?
・アイちゃんとアン王女の声が同じなのは、何故なのか?2人の関係性は?
・アイちゃんが、人の記憶を操作出来る理由は?


話しが進み、謎が明かされる度に謎が増える不思議な赤ちゃん・アイちゃん。
その秘密の全貌が明らかになるのは、何時の日になるのでしょうか?

また、亜久里が祖母・茉里さんの事を『あの人』と呼んだのは、何故なのでしょうか?
もしかしたら、2人の間には血縁関係が無く、アイちゃんの記憶操作で家族になっているのでしょうか?

所変わり、『バーベキュー禁止』の看板が立つ河原で、バーベキューをする若者達が。
このシーンを観て、毎年春先に近所の公園(※バーベキュー禁止)でバーベキューをする団体の事を思い出して、少し腹が立ちました。

僕の家に近所には割と大きな公園があり、桜並木の下で、大勢の花見客で賑わいます。
しかし中には、公園に駐車場がある事を利用して遠くから押し寄せ、無断でバーベキュー(※飲酒付き)をして、好き放題する無法者も居ます。

公園管理者が注意しても暴れ出す始末で、ゴミを放置し、溜め池に消火剤を撒き、悲惨な状況にする輩すら居ます。
悲惨な状況になった公園を、市の職員と公園管理者が、力を合わせて清掃している姿を何度か目撃しました。
この無法者達を、どうにか懲らしめられないかと思いつつ、僕達近隣住人は、胸を痛めています。

閑話休題。

「ねえ?此処って、バーベキュー禁止だって!」
仲間の女性に注意を促されたものの、「良いんじゃないか?誰も見てないし。」と、知らぬ存ぜぬを決め込もうとした男性。
しかし、「やっぱ…場所変えた方が、いっか?」と思い留まりました。

このまま別の場所に行けば、めでたしめでたしでしたが、男性は運悪くリーヴァとグーラに目を付けられてしまいました。

「此処でバーベキュー…。」「すれば良いじゃない?」
「あなたの望み!」「倍にして叶えてやる!!」


「「暴れろ!お前の心の闇を、解き放て!!」」
頬を寄せ合い、2人で力を合わせて、男性のプシュケーを闇に染め、ジコチューにしたリーヴァとグーラ。
そのシーンが、『パッショナートハーモニー』を放つキュアメロディ&キュアリズムそっくりで、思わず笑ってしまいました。
いっその事、リーヴァとグーラの2人にも、ミラクルベルティエ的な道具を与えて、必殺技バンクも作ってみてはどうでしょうか?

キュアファイヤーの様な妄想の産物や、キュアセバスチャンの様な科学の粋を集めた存在でもない限り、男の子(※男性含む)は決してプリキュアにはなれません。
でも、悪役の必殺武器があれば、娘さんや姉妹(※或いは息子や兄弟)と『プリキュアごっこ』をする時に、ノリノリで悪役になれます。

今年はジコチューが、『ジコチューやろう』と言う曲でCDデビューを果たしました。
この調子で『悪役なり切りグッズ』を発売すれば、意外と売れるのではないかと思います。

バーベキュー客の悲鳴を耳にして、現場に急行したマナ達。
マナ達と彼等の居た場所は余り離れていなかった様で、すぐに到着する事が出来ました。

「来たわね!プリキュア!」「驚いたか!これが、俺達コンビの結晶!合体ジコチューだ!!」
「サイズは2倍!力は5倍!!ジコチュー度は10倍よ!!!」


仲良く手を繋ぎ、2人の『愛の結晶』を自慢するリーヴァとグーラ。
此処まで仲が良いともう、ラブラブカップル(死語)にしか見えません。
――ちょっと、眼科に行った方が良いかも知れませんね…。

まるで、『ゆで理論』(※)の様なスペックの合体ジコチュー。
その強さは果たして、どれ程のモノなのでしょうか?

※ゆで理論:『キン肉マン』の作者・ゆでたまご先生が、作中で掲げるトンデモ理論。
『落下中に対戦相手の鎧を奪って、対戦者より早く落下する』等、色々と有り得ない事を平然とやっても、「ゆでだから」で許される。


「確かに、これまでとは違う様ですね!今回は、わたくしも行きます!5分で終わらせますわよ!!」
「「「「えっ!?」」」」
勝負を急ぐ亜久里の言葉に驚きながらも、プリキュアに変身したマナ達。
果たして、合体ジコチューの実力は?

「初めての共同作業だ!」「アゲて行くわよ!!」
リーヴァとグーラの号令で、攻撃態勢に入ったバーベキューコンロジコチュー。
熱せられた鉄板の熱風をプリキュアに浴びせ、攻撃開始。

5人が熱さに怯んだ隙にジコチューが射出したのは、マンガ肉ミサイル。
何とか初撃は躱したものの、次々と発射される野菜や魚介類のミサイルに、次第に劣勢に追い遣られるプリキュア達。

「食え!もっと食え!」と迫るジコチュー。きっと、このプシュケーの持ち主は、『バーベキュー奉行』なのでしょう。

『後3分…。それまでに終わらせなければ!』
思わぬ苦戦に、焦りの色を見せるキュアエース。
自らが足止めをする隙に、キュアハート達にラブリーフォースアローを放つ様に指示します。

しかし、キュアエースの放った捕縛技は、植物の蔓。
コンロの火力アップにより、その縛めはすぐさま解かれました。

その隙に、キュアハート達に攻撃を仕掛けるリーヴァとグーラ。
『後2分…!』キュアエースの表情に、更なる焦りが。

このままジコチューが攻撃すれば、ほぼ間違え無くジコチュー側の勝利。
しかし、甘いデザートの匂いを嗅ぎつけたグーラがジコチューを連れて戦線離脱。

「あの方角は…!おばあ様っ!!」
竹林のトンネルを駆け抜け、必死に祖母の許へ向かうキュアエース。
『後1分!』もう、一刻の猶予もありません。

野点の会場にに到着したグーラは、早速、生徒達の為に用意された和菓子をつまみ食い。
その無作法を円先生が叱ると、「お前も食ってやろうか?」と、先生ににじり寄りました。

「させません!おばあ様!!」
一気にグーラ達を倒すべく飛び上がり、エースショットを放とうとするキュアエース。
しかし突然、キュアエースの変身が解け、元の姿に戻り、垣根に落下。

垣根の中から、先生の無事を祈るしかない、亜久里。
其処に、キュアハート達が運良く到着。

「わたくしが成長したプリキュアで居られるのは、5分だけなのです!」
変身が解けた理由を訊かれ、自らの秘密を4人に明かした亜久里。
この時点で、キュアエースがすぐに帰ってしまう理由が明らかになりました。

そして運悪く、この会話はリーヴァに聞かれていました。
リーヴァが上空でほくそ笑んでいるのを、キュアハート達が知る由もありませんでした。

「任せて!亜久里ちゃんの大切な人は、私達が守る!!」
キュアハートの頼り甲斐のある言葉に、心を揺さぶられる亜久里。

「今こそ亜久里ちゃん!キュアエースに強くして貰った成果を見せる時!」
「支え合う心を!」
「大事な想いを!」
「未来の夢を!」
「挫けても立ち上がる強さを!!」


4人の身体からオーラが湧き上り、ジコチュー達を圧倒。
そして、パワーアップを果たしたラブリーフォースアローで、ジコチューを浄化。
男性のプシュケーは浄化され、亜久里の大切な人・円先生を守る事が出来ました。

「あなたが、変な食い意地張るから!」「煩い!食べる事は、俺の生き甲斐だ!!」
合体ジコチューの敗北により2人の蜜月は終わりを告げ、2人はケンカしながら退散しました。
しかし、あの『アツアツカップル(死語)』っぷりを見る限り、すぐに仲直りして、次の作戦を練る事でしょう。

「今日は、情けない所をみせてしまいましたね…。」
途中で変身が解け戦線離脱してしまった事を、恥じ入る亜久里。

そんな彼女に、「亜久里ちゃん。とっても素敵だよ!」と慰めるマナ。
袖の下から和菓子を取り出し、亜久里に手渡しました。

「今日は本当に有難う!」「こちらこそ。これからもご指導、宜しくお願いします。」
祖母を助けてくれたマナ達にお礼を述べる、亜久里。
改めて、亜久里に指導を申し込むマナ達。

「では!これまで以上に厳しく行きますわよ!」
「「「「ええ~!!!!」」」」

亜久里の更なるスパルタ教育宣言を聞き、慄くマナ達。その直後――。

「ふふっ。ふふふふっ!」
口を両手で覆い、笑いを堪える亜久里。
からかわれた事に気付き、緊張を解き微笑み合うマナ達。

こうして、マナ達と亜久里の距離は縮まり、5人は打ち解けあう事が出来ました。

そして、今回から新ED・『ラブリンク』が公開され、CGダンスも一新。
メンバーにキュアエースも加わり、CGのレベルも更に向上しました。

キュアハートがラブリーインカムを装着し、中央で歌い踊っています。
以前、大阪で開催されたミュージカルショーでは、キュアハートの隣に、ED曲の歌手・吉田仁美さんが並んで歌っていました。

当初は、キュアハートとキュアソードが並んで歌うのかと思っていましたが、今回、キュアハートが単独でセンターで歌っていました。

『もし今後、レジーナが仲間になったら、キュアハートの隣で歌うのかなぁ』と、密かに期待を膨らませています。

そして、もう一つ。ラブリーインカムについて、一つ要望が。

前期EDの頃からキュアソードが身に着けていましたが、実際に使われている場面は、『歌手・剣崎真琴』の時だけ。
未だに、プリキュア時での使用はありません。

今回からキュアハートもEDで装着しているのですから、何らかの方法で戦闘に活かして欲しいと思いました。
(※『ラブリーインカム プラス』と言う新製品が、近日発売予定です。)

そして次回予告。

強くなる為に特訓を続けていたマナ達の前に現れた少女・森本エルちゃん。
エルちゃんを通じ、マナ達は、亜久里の小学校での様子を知る事になります。

学校では中心的存在であるにも関わらず、何故か友達を作ろうとしない亜久里。
その理由は、一体何なのでしょうか?

※27話が放送されてから22日。漸く、28話と29話を観る事が出来ました。
30話の放送まで時間はありませんが、何とか感想を書き終えて、30話の放送に備えたいと思います。

3週間振りの『ドキドキ!プリキュア』の放送でテンションが上がりっ放しなので、何とかなる気がします。
例によって遅れるかも知れませんが、楽しんで頂ければ幸いです。  
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドキドキ!プリキュア 第27話 「バレちゃった!?キュアエースの弱点!」

今日ほど感想を書くのがキツかったことは、ドキドキプリキュアさん始まって以来のこと。 DVDに焼き始めた途端に緊急地震速報が出て、久しぶりに「ヤバい!」と思う揺れが… キモヲタ

キュアエース回だと思ったら濃厚ホモ回だったでござる ドキドキプリキュア27話 感想

初のキュアエース主役回だったと思ったら濃厚ホモ回だったでござるの巻。百合百合しい番組だと思っていたら敵さんも負けてないじゃあありませんかw しかも美青年2人とかじゃなく...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。