yukitaの想い出日誌 ひとひら・第10幕・『ずっと…一緒…』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ひとひら・第10幕・『ずっと…一緒…』

こんばんは、yukitaです。

演劇研究会が解散になり、淡々とした日常を過ごす麦。
日々は緩やかに過ぎ、当たり前の様に流れていく。
ずっと、変わらないと思っていた生活。でも…。
佳代が決めたある決断が、麦の時間を、突然動かす事に。

(今回は、感想が主です。)

佳代が、写真家になる為に留学を決意した。それは、麦の舞台を観たから。
一人では何も出来なかった麦。そんな彼女が見せた、小さな奇跡。
その奇跡が、佳代の心を動かした。

幼い頃から、写真家になりたかった佳代。でも、どこかで悩んでいた。
夢があるのに、迷わず留学しなかった佳代。
写真部に入ったからといって、写真家になれるわけではない。
佳代はきっと、人知れず悩んでいたと思います。
でも、麦たちとの生活も楽しかった。高校生活自体には、不満はなかったと思います。
このまま日々を過ごして、大学に進学してから留学しても、きっと良かったのだと思います。

でも、いつも麦の傍にいて、麦の表情を撮って行くうちに、麦の変化に気付いた。
引っ込み思案であがり症の麦が、少しずつ輝きだした。そして、文化祭で花開いた才能。
観客を魅了する、魅力的な声。
佳代は、眩しかったのだと思います。そして、そんな麦の姿が、佳代の心に火を点けたのだと思います。

でも、麦は自分が変わった事に気付かず、佳代が去ってしまう事だけを見て、心を閉ざしてしまう。

ずっと一緒だった親友。これからも変わらないと思っていた関係。
でも佳代が留学したら、一人ぼっちになってしまう。
佳代の夢は知っていて応援したいのに、自分の事しか見えなくなって塞ぎこんでしまう。
本当は以前とは変わっている筈なのに、自信がないから気付かない。

そして、支えてくれている甲斐・ちとせの心にも気付かず、彷徨う麦の心。
そんな時に出会った、野乃。彼女が麦に言った、この言葉。
「あなたはただ、『ひとひら』を演じただけなのね。」

『ひとひら』
人生に悲観した少女が、自殺未遂を図る。目覚めた時、彼女の前には3人の妖精が。
疎ましく思っていた筈の妖精達。でも、自らが幸せをかみ締めた時、3人の妖精は姿を消す。
3人は『幸せを運ぶ妖精』。少女が幸せになったから見えなくなってしまった。
見えなくなって初めて実感した、友情。そして、彼らに心から感謝する少女。


――大切な親友の佳代に、「ありがとう。」と言う。それが、自分のすべき事。でも、それは辛い事。
「言えません。佳代ちゃんに『ありがとう』なんて言ったら…。」
「変わらないものなんてないわ。終わらない舞台がない様に…。」
野乃は続ける。誰も留まる事なんて出来ない、と。
『舞台に上がった人を、止める事は出来ないけど、応援する事は出来る。』
『喩え進む道が違っても、会えば笑い合える。それが友達。』

野乃の言葉は、今の麦には届かない。ただ「行かないで。」と嘆くのみ。

でも、必ず気付く事が出来る。
野乃と美麗がそうだった様に、麦と佳代も親友だから。

次回・第11幕『笑顔が…好き!!』
麦と佳代は、どうなるのでしょうか?
今夜はもう、最終回。
11幕をすぐに見て、感想を書きたいと思います。(次回も、感想が主です。)
では、また次回。第2期の放送を、今から期待しています。














スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:ひとひら/第10幕 「ずっと…一緒…」

品質評価 9 / 萌え評価 15 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 1 / シリアス評価 46 / お色気評価 12 / 総合評価 15レビュー数 71 件 文化祭の演劇対決の結果、演劇研究会は解散することになってしまう。ぽっかり穴の開いたような毎日を過ごす麦だが、野乃たち三年生はそれぞれの進
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。