yukitaの想い出日誌 スマイルプリキュア!・47話『最強ピーエロ降臨!あきらめない力と希望の光!!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スマイルプリキュア!・47話『最強ピーエロ降臨!あきらめない力と希望の光!!』感想

世界を覆う、絶望の巨人。
かつて、メルヘンランドをバッドエンドに染めた、悪夢の象徴です。

「キャンディ!これが、最後のデコルで御座る!!どうか奇跡を!!!」
最後のデコルに一縷の希望を託し、デコルをセットするポップ。
その瞬間、ミラクルジュエルは輝き出し、キャンディが人間の姿になり登場しました。

メルヘンランドの新女王・ロイヤルキャンディ。
希望の力を身に纏い、キャンディが今、真の力に目覚めました。

みゆき達の目の前に立ちはだかる、大きな絶望。
世界から闇を振り払う為に、みゆき達の最後の戦いが今、始まろうとしています。


キャンディが新女王として目覚めることを、ずっと待ち望んでいたロイヤルクイーン。
目を覚ましたキャンディに、自分の力の無さを詫びました。

「ロイヤルクイーン様は、メルヘンランドの皆のお母さんクル!妖精の皆もキャンディも、お母さんが大好きクル!!」
消え行くロイヤルクイーンに、必死に語り掛けるキャンディ。
ロイヤルクイーンは、キャンディやポップ、みゆき達に感謝を述べ、「自分の未来を切り開くのは、自分自身の心です」と助言しました。

「ロイヤルクイーン様――!」
涙を溢すロイヤルクイーンに、大声で語り掛けるキャンディ。
その瞬間、ミラクルジュエルが5つの花弁の形の宝石に変化し、キャンディの胸元に宿りました。

「ミラクルジュエルには、願いを叶えることは出来ません。でも、この力があれば、暗い絶望の中に落ちても、一筋の希望の光を、見出すことが出来るでしょう。」
「皆さんの未来に、沢山の光があらんことを…!」

光の粒子となり、消滅するロイヤルクイーン。
そして、みゆきの手には、中が真っ白の『プリキュアの本』が。

プリキュアの本にどんな物語を書くのか、決めるのは自分自身。
ロイヤルクイーンの言葉を胸に、みゆき達とキャンディは、強大な敵に立ち向かう決意を固めました。

絶望の巨人の咆哮で、闇に染まる大地。
その異様な光景に困惑し、怯むみゆき達。

「大丈夫クル。あの巨人は、キャンディが止めるクル。」
自身に満ちた表情で一人、巨人に立ち向かうキャンディ。
キャンディが力を込めると、その光に圧倒されて、巨人達が苦しみ始めました。
しかし、その直後、上空にピエーロが登場。その闇のオーラに呼応する様に、巨人達が力を取り戻し、立ち上がります。

更に、ピエーロが生み出した闇から、多数の怪物が現れ、その数は周囲を覆い尽くす程に。
みゆき達は、多勢に無勢と知りながら、果敢に立ち向かいました。

覚醒した力を振るい、怪人達を屠る、みゆき達。

『プリキュア!ファイヤーシュート!』
キュアマーチの風とキュアサニーの炎が融合し、燃え盛る巨大な火球が、周囲を焼き尽くしました。

『プリキュア!サンダーブリザード!』
キュアビューティの氷にキュアピースの雷が融合。凍った地面に電流が流れ、大爆発を起こしました。

『プリキュア!ハッピーシャワー!シャイニング!!』
上空に奥義を放つ、みゆき。その圧倒的なエネルギーは周囲に拡散し、一気に敵を殲滅しました。

目の前の敵を全て消し去り、肩で息をするみゆき達。
しかし、爆散した筈の敵が再結集し、復活を果たしました。

「考えるな。考えても、お前達にはどうにも出来ない。」
「敵わない者に逆らうな。自分の無力さを、嘆き悲しめ。」
「明るい未来など、無い。叶わない夢など見るな。」

みゆき達の心を挫こうとする、ピエーロの声。しかし、苦難を乗り越えてきた彼女達は、簡単に諦めません。
倒されても立ち上がり、ピエーロに立ち向かいます。

「ピエーロ!あなたは一体、何なの!?」
倒しても再生を続ける巨人を倒しながら、ピエーロに問うみゆき。

「怨念だ…。生きとし生ける者、全ての負の感情が、私を生み出している。」
「お前達にもある筈だ。憎しみ・怒り・悲しみ・孤独。それは、お前達人間が存在する限り、湧き続ける。」
「――絶望の物語だ。」

みゆきの問いに、自分は「生命の怨念の化身だ」と答える、ピエーロ。

私は、人々や感情を持つ生物が生き続ける限り、際限無く生まれ続けて『無限の絶望』となり、世界を覆う。
だから諦めて、怠惰に身を委ねろ。
未来は、闇だ――!


ピエーロの放つ強力な攻撃がみゆき達を襲い、ピエーロの出自を知ったみゆき達は恐怖し、次第に戦意を喪失していきました。

「絶望に落ちろ…!」
ピエーロの悪意が『プリキュアの本』を黒く染め、その瞬間、みゆき達の心は絶望の淵に。

「プリキュア――!!」
ピエーロに対抗する術を持たないポップは、叫ぶことしか出来ませんでした。

みゆき達の心が絶望に染められた様子を見て、唇を噛み締めるキャンディ。
「一番大切なモノは、絶対に守るクル!!」
悲壮な覚悟を秘め、みゆき達に希望の道標を届ける為に、キャンディはミラクルジュエルに光を注ぎました。

「無駄だ。お前の声は届かない。一度絶望に落ちれば、そう簡単には戻って来れぬ。」
「闇は、深海の様に深いぞ――。」

※ピエーロがみゆき達に与えた絶望は、『絶対に戻って来られない』ではなく、『簡単には戻れない』規模の様子。
もしかしたら、それほど底が深くないのかも知れません。

「みゆき…。皆っ!届いて!!」
プリキュア救出を諦める様に唆す、ピエーロ。
それを無視し、みゆき達の心に呼び掛けるキャンディ。

『悲しみ・怒り・孤独・寂しさ…。誰にでもある、弱い心…。世界中の悲しみ。人が居る限り、湧き続ける…。』『絶望の物語…。私達にはもう、どうすることも…。』
全てを諦め、絶望の闇に飲み込まれようとするみゆき達。
そんな5人に、「諦めちゃ駄目!」と必死に呼び掛けるキャンディ。

未来は、まだ決まっていない!
明日を諦めないで!!


キャンディの必死の叫びが、みゆき達の心に届き、5人はもがきながら、絶望の淵から這い上がろうと試みました。
しかし、ピエーロの放つ怨念が5人の身体を縛り、闇からの脱出を阻みます。

みゆき達に希望の光を示す為に、倒れそうになりながらもミラクルジュエルに力を注ぐ、キャンディ。
「無駄だ。希望など無い!」と、みゆき達に絶望を受け入れる様に仕向けるピエーロ。

希望の象徴である、キャンディの手を掴む為に必死に手を伸ばす、みゆき達。
しかし、ピエーロの生む絶望は深く、5人の身体は闇に飲み込まれてしまいます。

みゆきが諦めかけた瞬間、その手をキャンディが掴みました。
黒く染められた『プリキュアの本』が白さを取り戻し、みゆきは脱出に成功しました。

みゆきを救出し、緊張の糸が切れたキャンディ。
その隙を逃さずキャンディを攻撃し、希望を絶とうとするピエーロ。

「「「「「キャンディ――!」」」」」
ピエーロの攻撃がキャンディに命中する直前、闇から脱出を果たした5人が必死に、キャンディを助ける為に駆け寄りました。

その瞬間、5人のウルトラキュアデコルが輝き出し、奇跡が起きました。

光に包まれ、ウルトラマンの様に飛び出すみゆき達。
みゆきの胸には、妖精の姿に戻ったキャンディがキャンディが。

「5つの光が導く未来!輝け!スマイルプリキュア!!」
「プリキュア―!必ず戻って来ると信じていたで御座る!!」
最終形態・ウルトラプリキュアに変身したみゆき達に、大鷲(鷹?)の姿に変化して駆け付けたポップ。
みゆき達はポップとキャンディに礼を述べ、キャンディの身の安全をポップに託し、最後の戦いに臨みました。

※「シロップ?」なんて言ってはいけません。あくまで大鷲です。
因みに、鷲と鷹には明確な違いは無いそうで、一見しただけでは学者でも判別不明だとか。
(一応、イルカとクジラの様に、大きさの差で区別しているそうです。)

みゆき達が絶望から脱出を果たしたことに、驚くピエーロ。
しかし、「貴様等に、未来など無い!」と豪語し、世界をバッドエンドに染めようとしました。

その瞬間、みゆきが放った光線がピエーロを襲い、闇の衣を引き剥がしました。
更に、5人同時に放った光が絶望の巨人を一掃。
これには、流石のピエーロも、驚きの色を隠せませんでした。

キャンディの命懸けの行為により復活を果たし、最終形態に変身したみゆき達。
絶望の果てに希望を見出したみゆきは、その答えを高らかに叫びました。

「希望。それは…友達!!」
大切な友達と一緒なら、どんな苦難も笑顔で乗り越えられる。
それが私達、スマイルプリキュア!

みゆきの決意を聞いてなお、世界をバッドエンドに染めようとするピエーロ。
その身体に次々と、みゆき達の渾身の一撃が命中。

圧倒的な攻撃を受け続け、吹き飛ばされるピエーロ。
そして、容赦無いみゆきの攻撃が全て、ピエーロに命中しました。

「おのれ…!プリキュア!!」
深刻なダメージを背負ったピエーロは、その姿を、巨大な闇に変えました。

「集まれ!全てのバッドエナジーよ!!世界を飲み込む絶望となるのだ!!」
「ウオオオォォ…!!!!」


世界中のバッドエナジーを吸収し、更に巨大化したピエーロ。
その大きさは、地球を覆う程に巨大になりました。

「世界が…!!」
ピエーロの見せる深い執念。
その巨大な姿を見て、驚愕するみゆき。

果たしてみゆき達は、ピエーロを倒し世界から闇を払うのでしょうか?
それとも、ピエーロの怨念を昇華し、共に新たな道を歩むのでしょうか?

次回、ついに最終回。
大団円になることを、期待しています。

※ここ数回の感想でも書きましたが、本当に勿体無い展開だと思います。
ピエーロの正体が『怨念の集合体』ということですが、何故か腑に落ちませんでした。
「ああ。そうなのか…。」と言った感じです。

別に、ピエーロが『悪意の塊』でも『怨念の集合体』でも、構わないと思います。
でも、前作・『スイートプリキュア♪』のラスボス・ノイズに比べると、切実さというか悲しみや寂しさを抱えた存在という訳では無く、漠然とした悪意を持つ存在に感じました。

前回の最後でジョーカーがピエーロに吸収・消滅されてしまいましたが、僕は、ジョーカーがラスボスで良かったのではないかと考えます。
ジョーカーの正体は結局解らず仕舞いでしたが、彼が「絶望したピーターパンではないか?」と、色んな所で言われていたそうです。

ジョーカーの正体が何であれ、彼が自らが絶望したこの世界を、『悪意の塊』『怨念の集合体』ピエーロの力を借りて滅ぼそうと必死になる展開の方が、より盛り上がったのではないでしょうか?

ピエーロが何故、世界をバッドエンドに染め上げたいのか?
世界を不幸にした後、一体何がしたいのか?


この2点が明かされなければ、ピエーロの存在意義というか、背景が見えて来ません。
次回の放送で是非、彼の本心(核心)に触れる展開を期待したいです。

『漠然とした悪意』というのは、実はとても恐ろしいモノです。
詳しく書きませんが、僕は身を持ってそれを知っています。

他の作品群なら、ラスボスの存在意義がそれでも構わないと思いますが、『ピエーロの正体』は違うと、願わずにはいられません。
プリキュアシリーズを観続けている子供達には、そんな悪意が存在することを、知って欲しくありません。

その悪意は、余りにも多くの人を傷付ける存在です。
一刻も早く、世界から消え去って欲しいと切望しています。

少し話題が逸れたので、今回は此処までにします。
色々と思うことはあるのですが、次回の放送が最高の展開になることを切望しています。
(※ウルルン・オニニン・マジョリンが、みゆき達を助けるという、ベタな展開も、面白いかも知れません。)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スマイルプリキュア! 第47話 「最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!」

スマイルプリキュア!も、大団円に向けてラス2です。 爆砕エンドになるのか、包み込みエンドになるのか。 ロイヤルクイーン様は、後継者たるロイヤルキャンディ覚醒を見届けて、消

触手と必殺技と私。スマイルプリキュア! 第47話 感想

プレ最終回、やたら緊迫して地球も砂漠化しておりますw あいかわらず1月になると容赦無いのがプリキュアさんの流儀・・ いいぞもっとやれーw なんか「絶望の巨人」とかいう...

第47話『最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!』

前回は確か、 バッドエンドプリキュアを倒すも ピエーロが産まれてきて ミラクルジュエルが輝いて 復ッ活ッ ロイヤルキャンディ復活ッッ ピエーロ復活ッッ はい、
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。