yukitaの想い出日誌 スマイルプリキュア!・41話『私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スマイルプリキュア!・41話『私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!』感想

幼い頃から絵を描くのが好きで、いつも絵を描いていたやよい。
彼女の夢は、漫画家になること。

しかし、自分の心の中に居るヒロイン・『ミラクルピース』を世に送り出す為には、自分の殻を破る必要がありました。

果たして、やよいは、自分の夢に向かっての第一歩を踏み出すことが出来るのでしょうか?


今回のやよいの様子を観ていると、どうしても少年時代のことを思い出します。
僕もかつて、やよいと同様に、漫画家を志したことがあります。

暇があれば物語を空想し、自宅で絵を描いていました。
ただ僕には、決定的な欠陥がありました。

絵の題材をを立体的に捉えることが出来ないので、完成した絵は大抵、平坦な絵になっていました。
それは、美術の入門書を買って練習しても、改まることはありませんでした。

でも、そんなことは今を思えば、ただの言い訳です。
自分で勝手に高過ぎる理想を立てて、一歩を踏み出す前に怖気づき逃げ出したに過ぎません。

もし諦めずにもがき続けていたら、今とは違う自分になれたのだろうか?
そんなことを考えながら、今回の放送を観ていました。

幼い頃からの夢を抱きながらも、一歩を踏み出せなかったやよい。
彼女の努力は、実るのでしょうか?


教室でスケッチブックを広げながら、イラストを描いているやよい。
その様子をみゆきに見られて、恥ずかしがりながら、必死にイラストを隠しました。

でも、あかね・なおに褒められ、れいかに「もう少し見せて貰っても宜しいですか?」と訊かれ、やよいは照れならも、イラストに込められた物語の設定を語り始めました。

「やよいちゃん、凄い!将来、漫画家になれるかも!」
みゆきに絵を褒められて、夢を叶えた自分の姿を想像する、やよい。
でも、「自分には無理だよ。」と返答し、漫画家になることの難しさを、みゆき達に説きました。

其処に、やよい達の会話を聞いていた井上君が、「漫画コンクールに応募すれば?」と助言。
自分の読んでいた少年誌『少年スマイル』の新人賞応募ページを見せ、「黄瀬なら、良い所まで行くんじゃない?」と励ましてくれました。

その言葉を聞いて、コンクールに投稿することを決意したやよい。
こうして、やよいの漫画原稿作りが始まりました。

自室でベレー帽をかぶり、原稿に向かうやよい。
壁に掛かっているカレンダーの絵柄は、3人の特撮ヒーローです。

3人のヒーローと言えば、『サンバルカン』でしょうか?
それとも、放送時期から考えると、『ゴーバスターズ』でしょうか?

『頑張ってね!やよいちゃん!』
自分の心に宿るヒロイン・ミラクルピースに励まされ、深夜まで原稿に取り掛かるやよい。

そして、翌日。

完成した表紙を、みゆき達に見せるやよい。
ペン入れされた原稿を見て、やよいの作品の出来を期待するみゆき達。

でも、完成したのは表紙だけ。
その事実を知り、「何だよ。楽しみにしてたのに。」と、残念がる井上君達。

一日で原稿を完成させるのは、余程の実力が伴わなければ、プロでも至難の業だと思います。
それでも、期待を裏切ってしまったと思ったやよいは、「ちゃんと描くから、ちょっと待ってて」と、井上君達に告げました。

原稿の締め切りを心配するあかねに、大丈夫と答えたやよい。
その言葉を聞き、「やよいちゃんならきっと、大丈夫だよ!」と、笑顔で励ますみゆき。
みゆき達の期待に応える為に、やよいは物語の構想を練ります。

世界征服を企む怪人に立ち向かう為に、『ミラクルピース』に変身する少女。
そのシーンまで完成させたものの、原稿完成には程遠い様子。
やよいの心に、焦りが生まれ始めました。

『もしかしたら、駄目かも。でも、やるって決めた以上、やり抜かなくちゃ』
原稿のことで頭が一杯のやよいは、授業中だということも忘れてぼんやりしていた為、佐々木先生に叱られてしまいました。

その様子を見て、みゆき達は、やよいの身を案じました。

放課後。一人で帰宅するやよいを追い掛け、原稿の手伝いを申し出た、みゆき達。
しかし、自分一人の力で頑張ることを決意し、その申し出を断りました。

「ミラクルピースだったら、そう言うと思うから。」
小さい頃から泣き虫だったやよいが、自分の理想像として生み出した、『ミラクルピース』。

だから、この漫画は、自分にしか描けない。
何としても、一人で完成させたい。

やよいの決意を聞き、みゆき達は、やよいを見守ることにしました。

その頃、バッドエンド王国では、ジョーカーがアカオーニを呼び出し、ウルフルンと同様に最後通牒を突き付けました。

「解ってますね。次が、最後のチャンスです…!」
「最後の…。解ったオニ…!」

最後のチャンスを生かすべく、敵をキュアピース一人に定めたアカオーニ。
悲壮な決意を胸に抱き、七色ヶ丘町に向かいました。

夜更かししながらも、原稿を完成させるべく努力を続けるやよい。
しかし、散乱した失敗原稿が、作業の遅延を雄弁に語っています。

そして、やよい心はいつの間にか、自分の物語の世界に迷い込んでいました。

夜の銀杏並木をトボトボ歩きながら、下を向いているやよい。
その頭上をミラクルピースが横切り、やよいが振り向くと、其処には倒れるミラクルピースの姿が。

『やはり、お前一人では、俺様には敵わなかった様だな!』
『次は、お前だ。』
『お前…。本気で漫画家になれると思っているのか?』
『本当は気付いている筈だ。お前は泣き虫で、一人じゃ何も出来ない。どうせ途中で、投げ出すに決まっているとな。』
『現実は、漫画みたいに上手く行かないんだ。さっさと諦めろ!』

怪人の放つ怪光線が、やよいを襲う。
しかし、ミラクルピースがやよいを庇い、光線を受け止める。

『まだ…終わりじゃない!』

『フン。所詮お前は、其処の泣き虫に作られた存在。強いミラクルピースなど、存在しないのだ!』
『私は、絶対諦めない!』

怪人とミラクルピースが放った拳が衝突し、衝撃波が発生。
両者の攻防の煽りを受けたやよいは、空高く吹き飛ばされる。
そして――。

「夢…?」
原稿を描きながら寝てしまったことに気付く、やよい。
そして、机には、零れたインクに塗れた原稿が…。

『お前…。本気で漫画家になれると思っているのか?』
必死で零れたインクを拭き取るやよいの脳裏に響く、怪人の声。
そして、自分を応援してくれた、みゆき達の声が。

様々な感情が入り混じったやよいは、ベレー帽を脱ぎ捨て、家を飛び出します。
其処に、やよいの陣中見舞いをする為に訪れた、みゆき達の姿が。

「もう完成したの?」みゆき達の期待を込めた声。
しかし、今のやよいは、その期待に応える気力が残っていませんでした。

「御免なさい…。私…。やっぱり、やっぱり無理だった!!」
銀杏並木を走り抜け、ベンチの近くまで辿り着いたやよい。ベンチの横には、ゴミ箱が。
ゴミ箱をじっと見詰めるやよい。

夢を諦めてしまおう…。
そう決意しかけた瞬間、上空から響く、アカオーニの叫び声。

やよいと決着をつけるべく、アカオーニは早速、周囲をバッドエンド空間に変えてしまいました。
そして、アカンベェ召喚の為の触媒をやよいの原稿を奪い、宣戦布告します。

「怖い…。でも、こんな時、ミラクルピースなら…!」
自分の原稿を取り戻す為に、プリキュアに変身したやよい。対戦相手は、アカンベェ化された、自分の原稿。
やよいの、夢を取り戻す戦いが今、始まりを告げました。

やよいの描いた怪人と同化し、やよいの前に立ちはだかるアカオーニ。
その攻撃は、いつにも増して強力です。

アカンベェの攻撃を受け、蹲るやよい。
その姿と、やよいの描いたミラクルピースを見て、「下らない!」と嘲るアカオーニ。

「下らなくなんかない!ミラクルピースは、私の理想のヒロインなんだから!私の憧れなんだから!!」
自分の理想像・ミラクルピースの様に立ち上がり、反撃を試みるやよい。
しかし、その攻撃は躱され、更なるダメージを受けました。

倒れるやよいの姿を見て、「ミラクルピースは所詮、弱虫のお前の中の幻オニ!」と罵倒するアカオーニ。
そして、やよいが夢で見た光景を再現するかの様に、光線を放ち、止めを刺そうとします。

「まだ…終わりじゃない!ミラクルピースは、幻なんかじゃない!私が最後までちゃんと描き上げて、ミラクルピースの物語を完成させるんだから!!」
夢のミラクルピースと同様に、アカンベェの光線を跳ね返し、アカオーニに宣言したやよい。

しかし、アカオーニは、「お前、原稿を捨てようとしてたオニ?」と反論し、怪人と同じく、「どうせ途中で投げ出すに決まっているオニ!」と、更なる罵声を浴びせます。

アカオーニの罵声に対し、「私も、一人じゃ何も出来ないって思っていた」と、自分の弱さを認めたやよい。

自分が弱いから、憧れの存在・ミラクルピースを作り出した。
アカオーニと対戦するこの瞬間まで、そう思っていた。
でも、違っていた――。

自分の心の中にも、ほんの少しだけ、強い心がある。
それが、ミラクルピースの源だと気付いたやよい。

「私、漫画を描くのが好き!その強い気持ちがある限り、私は絶対に諦めない!!」
やよいがアカオーニに対して宣言した瞬間、新たな力・ウルトラキュアデコルが、スマイルパクトに宿りました。
それは、ただの憧れだったミラクルピースが、やよいの『諦めない気持ち』を示す存在に変わった瞬間でした。

天を突く程の雷のエネルギーがやよいに宿り、新たな力を得たキュアピース。
アカンベェの渾身の一撃を撥ね退け、嵐の様なラッシュを放ち、アカオーニを圧倒します。

苦戦を強いられる中、アカオーニの脳裏には『次が最後のチャンスです』という、ジョーカーの呟きが。
アカオーニは死力を尽くしますが、今のやよいには全く通用しませんでした。

「プリキュア!ピースサンダーハリケーン!!」
やよいの新必殺技を浴び、ボロ雑巾のように横たわるアカオーニ。
そんな彼に対し、「私の漫画、返して…。」と、肩で息をしながら頼むやよい。

しかし、アカオーニの返答は、『俺様にはもう、後が無い!』という絶叫でした。
ふらつきながらも、やよいに攻撃を仕掛けるアカオーニ。
そのとき、4つの光がアカオーニに命中し、攻撃を弾きました。

やよいが振り返ると、其処には頼もしい仲間達の姿が。
みゆき達はやよいの成長を信じ、その瞬間が訪れるのを待っていました。

「私、これからも挫けそうになるかも知れない。けど、一度決めたことは絶対、最後までやり抜く!」
決して諦めない心を手に入れたやよいは、アカンベェを浄化する為に、皆に号令を掛けます。
そして、放たれる、ロイヤルレインボーバースト。

みゆき達はデコルを手に入れ、敗北したアカオーニは、自分の末路を心配しながら、その場から立ち去りました。

戦いが終わり、原稿を取り戻したやよい。
皆に原稿を完成させることを約束し、再び原稿作成に戻りました。

夢を諦めようとした弱いやよいはもう、この場には居ません。
そして――。

「やよいちゃん。漫画完成、おめでとう!」
デコルで出した黄色い花束を、やよいに手渡すみゆき。

完成原稿を読んだ井上君達は、早速、『ミラクルピースごっこ』に興じています。
きっと、少年心をくすぐる作品だったのでしょう。

みゆき達にも、完成した漫画の内容は好評の様子。
これなら、コンクール入賞の可能性もあるかも知れません。

大切な仲間に見守られながら、アカオーニにとの一騎打ちを制し、『諦めない心』を手に入れたやよい。
いつの日かきっと、やよいの小さな夢は、大輪の花を咲かせることでしょう。

※子供の頃に諦めてしまった、幾つかの夢。
もし、必死に追い掛けていたら、今の自分はなにをしていたのだろうか?

そんなことを考えながら、今回の話を観ていました。

今から昔の夢の一つを追い掛けるのは、年齢的には難しい。
でも、何らかの形で、自分の夢を叶えたい。

今回の感想を書きながらふと、そんなことを考えました。

もし、その夢に向かって走ることを決意出来たら、今度はずっと、走り続けたいです。

さて次回は、なおと家族の絆の話です。
僕にも歳の離れた弟妹が居るので、なおには少し、感情移入しています。

なおの活躍に、期待しています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スマイルプリキュア! 第41話 「私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!」

12月30日が放送休止と判明したので、「スマイルプリキュア!」さんの残り話数は 今回を入れて8話。 今週は、黄瀬やよいまとめ回。 銀杏の枯葉つもる公園のシーンがセンチメンタルな一...

心のなかのヒーローに、なれるのかな? スマイルプリキュア! 第41話 感想

なんだろう、短編映画を見た後のような気分。 なぜプリキュアの黄色回はこんなにもいつも心に響くのだろうか・・ でもって1つ紹介したいツイート 清少納言さんなんだけど、 今...

第41話『私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!』

あ「流石やなあ、これ何描いてんの?」 な「えっ、これ自分で考えたの!?」 れ「まるでプロの漫画家さんが描いたみたいです」 み「やよいちゃん、将来漫画家になれるかも!」 ...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。