yukitaの想い出日誌 スマイルプリキュア!・33話『映画村で時代劇でござる!?の巻!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スマイルプリキュア!・33話『映画村で時代劇でござる!?の巻!』感想

京都といえば、日本有数の観光地です。観光名所も数多くあります。

それ故に、一日では巡り切るには、かなりの強行軍になるでしょう。
もしかしたら、不可能かも知れません。

今回、みゆき達が何の前触れも無く『太秦映画村』に訪れたのも、修学旅行で巡ることが出来なかったからだと思います。

とにかく、映画村に訪れたみゆき達。其処で突然、時代劇に出演する運びに。
果たして、みゆき達の出演する映画は、無事に完成するのでしょうか?


映画村といえば、家族でも来たことがありますが、一番よく覚えているのは、高校時代に遠足で訪れたときです。

その当時は、今よりも遥かに時代劇が盛んで、映画村に行けば何処かで必ず、時代劇のスターに会えるという感じだったと思います。

それ故に、勘違いも多く「あっ!誰々(俳優の名前)!」といって近付いてみると一般人だったことも、良くあったと予想されます。
僕もご多分に漏れず、同じ過ちをしてしまい、同級生に叱責されました。

その直後、俳優の村上弘明さんらしき方と擦れ違ったのですが、どうしても自信が持てず、言うまいか迷い、叱責した同級生に報告すると…。

「何で、言ってくれへんかってん!俺、『花屋の政』さん好きやのに!!」
「だって、もし、また違ってたら、自分(お前)怒るやろ?」
「あ~あ!行ってもうた!!自分の所為や!」

他にも『花屋の政』さんファンが居た為、その後しばらく、愚痴をこぼされました。
愚痴をこぼされたのはともかく、俳優を初めて間近で見られたことは、今も印象に残っています。

翌年の正月。
TV東京系の12時間時代劇ドラマ『宮本武蔵』を家族で観ていると、佐々木小次郎役を演じていたのが、村上弘明さんで、ビックリ!

あの時、村上さんが長い刀を背負っていたのは、『宮本武蔵』の収録途中だったんだ!
そう思った瞬間、家族にその当時のことを熱く語ってしまいました。

もう少し違う場所で村上さんをお見掛けしたら、もしかしたら撮影現場に立ち会えたかも知れない。
ふと、そう思いました。

と言う訳で、今回の感想に戻ります。

今回の感想の第一印象はやはり、「あれ?俺…今、『プリキュア5』観てた?」の一言に尽きます。

天狗党(仮名)に襲われる町娘を救おうとしたみゆき。しかし、それは映画の撮影。
当然、スタッフに叱られるのですが、その直後に登場した映画監督の声が、高木渉さん。
プリキュアシリーズファンなら、言わずと知れた、『ブンビーさんの中の人』です。

プリキュアという放送枠で、高木さんの声を聞けば、どんな役でもブンビーさんにしか聞こえません。

れいかの祖父・曾太郎さんの声がに西村知道さんで、初めて聞いたときは「あっ!メビウス様!」と思ってしまいましたが、何度か登場したので、すぐに慣れました。

でも、高木さんの声は、『ブンビーさん』そのものだと感じます。
多分、毎回別の役で登場しない限りは、頭の切り替えが出来そうにありません。

確か今回も、みゆき達が色々と活躍した筈なのですが、高木さんの怪演技が、全て吹き飛ばしてしまいました。

監督の姿がどうしても、『ブンビーカンパニーが事業拡大し、ブンビーさんが映画監督をしている』姿に見えてしまいます。
本当に、困りました。

ブンビーさんじゃなく、監督のことはさて置き、映画村で偶然出会った監督に気に入られてしまったみゆき達。
一瞬驚きますが、乗りの良いみゆき達は、二つ返事です。

町人に扮したみゆきと、団子屋の娘役・やよい。そして、お姫様役は、れいか。
れいかのお姫様姿に、目を輝かせる2人。

そんな2人の前に現れたのは、女郎蜘蛛の妖怪・あかね。
最後に登場したのは、くノ一・なお。

そして、時代劇ファンのポップが人間に変装し、監督に出演を直談判し、了承されました。
更に、みゆきが抱いていたキャンディも監督の目に留まり、『妖怪』として出演が決定。

こうして、監督によって、重要な役を与えられたみゆき達の、演技が開始されました。

普通なら、色々と演技指導がありそうですが、この監督はリハーサル無しの一発収録を旨とするらしく、みゆき達の演技をそのまま「良いよ~!」と肯定し、次々と収録を続けます。

女郎蜘蛛あかねVS風来坊ポップの対決シーンが終わり、みゆき達の出番は一旦終了。
みゆきは、自分達のアドリブ全開の演技を平謝りしますが、監督に気に入られ、更に出番が増えました。

その頃、TVで青鬼が活躍する時代劇を観ていたアカオーニ。
そして、CMで映画村に青鬼が居ることを知り、喜び勇んで映画村へ出発しました。

映画村に到着するなり、青鬼(着ぐるみ)を見付け、「大ファンオニ!」と、興奮気味のアカオーニ。
その視点の先にはみゆき達が居ましたが、衣装に着替えていたので気付きませんでした。

次の現場に到着した、みゆき達。映画が、様々な人々の努力の結晶であることを知り、感激しています。

そして遂に、妖怪VS町人の大立ち回りのシーンの撮影が開始。
脇役かと思いきや、みゆき達は主役級の扱いのようです。

妖怪VS町人の対決が開始されるまさにその瞬間、アカオーニが乱入。
目を輝かせ、「この世界にも、悪い妖怪達が居たオニ!」と大興奮。
妖怪達に助力すべく、金棒でセットを破壊しました。

本物の鬼の脅威に、逃げ惑う役者達。しかし、監督は役者の演技だと勘違いし、大興奮。
撮影は、続行されました。

逃げ惑う人々の中に、憧れの青鬼を発見し、不思議がるアカオーニ。
アカオーニの蛮行を挫く為に立ち塞がった、姫(れいか)ご一行。ポップも助太刀に入りました。

人々を不幸に陥れようとする妖怪・アカオーニを退治すべく、人間と妖怪が力を合わせるべきだと、熱く語るポップ。
その言葉に役者魂を奮起され、役者達はアカオーニの前に立ち塞がり、演技を再開しました。

青鬼達が本物の妖怪だと思いきや、偽物だったことに気付いたアカオーニ。
腹癒せに、黒い絵の具でバッドエンド空間を生み出し、人々からバッドエナジーを吸収しました。

「映画なんて、詰まらん…。」
さっきまで熱く燃えていた監督の映画魂は、バッドエンド空間の影響で消沈してしまいました。

みゆき達は監督達の映画に対する情熱を取り戻すべく、プリキュアに変身。アカオーニ達に立ち向かいます。
しかし、カメラの能力を持つアカンベェは、みゆき達の行動を自由に操り、行動不能にしてしまいます。

ポップの持つ刀(竹光?)も通用せず、絶体絶命に陥るみゆき達。
その直後、キャンディが機転を利かせ、ゾウデコルで象を召喚。象の鼻から放たれた水により、アカンベェはショートしました。

その後、アカンベェの操作ミスにより動きが倍速され、アカンベェを圧倒することに成功したみゆき達。
力を合わせ、止めのロイヤルレインボーバーストで、アカンベェを浄化し、デコルを入手しました。

「いや~!有難う!君達のお蔭で、素晴らしい映画が撮れたよ!!試写会には、是非来てね!」
映画の情熱を取り戻した監督は、みゆき達に謝辞を述べ、映画撮影は無事に終了しました。
しかし、一つだけ問題が残っていました。みゆき達の闘いの記録が、そのままフィルムに残っていたのです。

慌てるみゆき達に、「プリキュアの所のみ消したフィルムと交換した」と告げるポップ。
これで一応、プリキュアの秘密は保たれました。

そして、試写会当日――。

目を輝かせて、映画を観賞するみゆき達。しかし、活躍していたのは、ポップのみ。
みゆき達の活躍は、ポップの雑な編集によりカットされ、無残な仕上がりになってしまいました。

喜んでいるのは、ポップとキャンディだけ。
「映画はもうコリゴリ。」と苦笑し、みゆき達の銀幕デビューは、ほろ苦い想い出になりました。

こんな雑な編集でそのまま試写に出してしまった監督の手腕を疑うと共に、意外と自分本位な一面をみせたポップにも少し疑問を持ちつつ、話は次回に続きます。

次回は、文化祭の話です。
去年は震災の関係で一話短縮された為、文化祭の話は2年振りになります。

題材がファッションショーらしいので、『ハートキャッチプリキュア!』と比較されるでしょうが、どんな仕上がりになるのか楽しみにしています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画村にまた行きたくなる良い宣伝回w スマイルプリキュア! 33話 

シリアス回が続いた後に完全ギャグ回の33話。こういうのって・・ 嫌いじゃありません。 まぁ完全脱力して見てね、という事ですよねww 監督さんの声がブンビーさんだったので...

スマイルプリキュア! 第33話 「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

ご近所ブログ様では、「スマイルプリキュア!」に関する深い考察が行われています。 ふむ、ふむ…なるほど。 「赤毛のアン」とかよくわからないのですが、高レベルな考察が展開され
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。