yukitaの想い出日誌 スマイルプリキュア!・18話『なおの想い!バトンがつなぐみんなの絆!!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スマイルプリキュア!・18話『なおの想い!バトンがつなぐみんなの絆!!』感想

運動会と言えば、小学生の頃を思い出します。
地域や時代によって違うかも知れませんが、僕の母校では、初夏と秋に運動会がありました。

運動会の規模としては秋の大運動会が本番で、体育の日(かつては10月10日)前後に開催された記憶があります。

母が早朝から重箱に弁当を詰めて、父や祖父母が見学の場所取りの為に校門前に並ぶ。
昼休みに家族が座っている場所に行って、全員でお弁当を食べる――。
僕にとって、懐かしくも大切な想い出です。

では、今回の感想を。

運動会間近の七色ヶ丘中学校。
みゆき達のクラスでは、女子リレーのメンバー選びの会議中。
しかし、他のクラスに有力選手が揃っていることを知った途端、クラスは諦めムードに。

「どうせ、負けるに決まってる」
誰かが放ったこの一言が、なおの心に火を点けます。

リレーのメンバーに立候補し、その一員にみゆき達を選抜したなお。
しかし、あかね以外は、リレーの練習に苦戦していました。

メンバーを俊足で揃えず、みゆき達をメンバーに組み込んだなお。
その思惑は、何処にあるのでしょうか?

体育の授業で、トラック走(多分200m走)の測定をしているみゆき達。
いつもは力を合わせている5人も、この時ばかりはライバルです。
号砲が鳴り、一斉にスタートを切る5人。

その結果は、なおの圧勝。続いてあかね。
れいかは意外にも、みゆきと同着。そしてやよいは、最下位でした。

女子リレーの選手は、なおに決まりというれいかの言葉に、みゆき達も同意。
しかし、なおは、『走るのは好きだけど、競争は苦手』と、意外な返答。

スポーツ、特に球技に携わる人間にしては珍しい考え方だと思います。過去に何かあったのでしょうか?

学級会で、体育祭の出場メンバーが次々と決まる、2年2組。
しかし、1・4組の女子リレーの選手が全員陸上部だと判明した途端、何処からともなく諦めの声が。
その声に影響され、クラス中の殆どが、諦めムード一色に染まりました。

「私、出ます!」
勝負が始まる前から諦めているクラスの雰囲気を消し飛ばす、なおの立候補。
しかし、なおは、他の4人のメンバーに俊足の選手を揃えず、みゆき達プリキュアのメンバーで固めてしまいます。
なおの決断に、選ばれた4人ばかりか、クラス全員が驚愕しました。

早速、練習を開始する5人。
出走順は、あかね・みゆき・れいか・やよい・なおです。

しかし、あかねとみゆきは、バトンの受け渡しのタイミングに苦戦中。
れいかは、フォームは完璧ですが、足踏みばかりで前進していません。
更にやよいは、所謂『女の子走り』で、俊足の他クラスの選手に一瞬で追い抜かれる程の鈍足でした。

帰り道。みゆき達にリレーのアドバイスをする、なお。
しかし、自分に自信の無いやよいは、リレーの出場を辞退しようとします。
そして、「何で私なの…?」と、なおの思惑を訊きます。

「ゴメンね。私の我儘に突き合わせちゃって。私、皆と走りたいんだ!この5人と一緒に!」
なおの言葉を聞き、やる気を出したみゆき達。

その夜から早速、みゆきは、キャンディと一緒にバトンの受け渡しの練習。
キャンディコーチからの上達のご褒美は、スポーツデコルによる『金メダル授与』でした。

※今のところ、キャンディのご飯やおやつを出したり、着飾るぐらいしか活用法の無いデコルの数々。
このデコルが今後、戦闘に役立つ展開はあるのでしょうか?
例えば『スポーツデコル』を使ったら、金メダル選手並みの身体能力を発揮出来るようになれば、面白いと思います。

リレー本番に向け、練習を重ねるみゆき達。
日を重ねる毎に成長し、絆を深める5人。
中でもやよいの成長は目覚ましく、走るフォームが当初とは段違いに良くなり、タイムも伸びていました。

そして、体育祭前日の放課後。
やるべきことを尽くした達成感から、良い笑顔をみせるみゆき達。その笑顔を見て、微笑むなお。
引っ込み思案だったやよいも、表情から自信を覗かせ、全ては上手く行く筈でした。

教室に忘れ物をしたやよいは、一人教室に向かって駆け出しました。
そして、教室の近くまで辿り着いた瞬間、聞いてはいけない声を耳にしてしまいました。

『やよいがリレーのメンバーだったら、絶対に負ける』

数人のクラスメイトの心無い陰口を聞いたやよいは、落ち込んだ表情で校門に戻ります。
しかし、そのことに気付いたのは、なおだけでした。

その頃、ジョーカーの口車に乗せられたアカオーニは、みゆき達の様子をを眺めながら、バッドエナジーを集める決意を固めていました。

※やよいが陰口を叩かれたシーンを観たときは、正直、腹立たしくなると共に、気が重くなりました。
僕もかつて、やよいと似たような体験をしたので、彼女の落ち込む気持ちは、よく理解出来ます。

世間には、自分は何も努力しない癖に、口さがないことを言って、他人を傷付ける人が居ます。
自分が努力しないのは勝手ですが、何故、努力している人間を揶揄するのでしょうか?

そういった人物に限って、侮っている相手に負けた場合は、『まだ本気を出していない』と嘯きます。
プライドは、頑張った人間だけが持ち得ることが出来るものだと思います。

ただ、今回は、最後に彼等にフォローがあったので、安心しました。
彼等にはどうか、あくどい人間に落ちぶれずに、素直に成長して欲しいと思いました。

運動会当日。

全校生徒がそれぞれの競技に懸命に取り組み、清々しい汗を流しています。
そして遂に、種目は女子リレーに。

緊張する、みゆきとれいか。そして、一人不安の表情を見せるやよい。その視線の先は、陰口を叩いたクラスメイトに向かっていました。

「皆!今は、このバトンを繋ぐことだけを考えよう!5人の力を合わせて、最後まで走り抜こう!」
自信を無くし、リレーを辞退しようとしていたやよいを励ます様に、みゆき達を激励するなお。
まだ迷いを見せる、やよい。

其処に突如、アカオーニの団結を否定する声が轟き、黒い絵の具の力で、校庭はバッドエンド空間に。
みゆき達は、生徒達を救う為にプリキュアに変身します。

今回の敵は、青っ鼻から生み出された玉入れ型アカンベェ。通常技は効きません。
運動会らしく、早速プリキュアとアカンベェの綱引きが開始されました。

「オーエス!オーエス!オー…SOS!SOS!――違~う!!」
綱引きの筈が、いつしか救難信号に。思わずツッコむ、なお。

吹き飛ばされたものの、再び綱を掴むなお。みゆき達も、なおに続きます。
「もう諦めるオニ!どうせ、お前達の負けオニ!」と、5人に降参を促すアカオーニ。
更に、「足手纏いは要らない」と、団結することを悉く否定します。
しかし、『どうせ』という言葉に、なおは激しく反論します。

「仲間と一緒じゃないと、出来ないことがある!私は、やりもしないで諦めたりしない…!『どうせ』なんて、絶対に言わない!!」
皆で力を合わせれば、出来ないことなんて何も無い。
なおの叫びが、やよいの熱意を蘇らせ、5人は底力を発揮。アカンベェを圧倒します。

そして止めの、レインボーヒーリング。
アカンベェは浄化され、みゆき達の絆は、更に深まりました。

女子リレー本番。

あかねからのバトンが見事にみゆきに繋がり、れいかへ。
練習時のイメージトレーニングが実を結び、2位をキープ中。
そしてバトンは、やよいへ。

5位まで順位が落ちたものの、終盤で1人追い抜きかけた瞬間、みゆきが大声で声援を送るより先に、陰口を叩いていた生徒が、やよいを応援し始めました。
――このシーンがあって、本当に良かったです。何だか、救われた気がしました。

みゆき達も負けじと、やよいに熱い声援を送ります。
クラス一丸の声援がやよいに力を与え、なおにバトンを渡す寸前に、順位を一つ戻しました。

クラス中の声援に応える為に、5人の努力を実らせる為に、なおは懸命に走り続けます。
『勝負に拘らない』筈の、なおが見せる『勝利への渇望』。
全ては、最後に皆で笑う為。そして遂に、先頭走者を捉えたなお。しかし――。

先頭走者を追い抜く寸前で、足が絡まり転倒するなお。
必死で立ち上がり後を追いますが、結果は最下位に終わりました。

「ごめん…。みんな…!私の所為で…。」
「なおちゃ~ん!!」「なおちゃん!!」「なおっ!」
必死に涙を堪えようとするなおに抱き付く、みゆき達。その瞳にも、熱い涙が。

「最後まで、バトンを繋ぐことが出来ましたね…。」
「私も、皆と走れて、良かった…。」


涙を拭いながら語り掛けるれいかに、みゆき達を抱き締めながら答えるなお。
更に、4人を包むように抱き締めるれいか。
5人の輪に、2年2組全員が集まり、5人の健闘を称えました。

勝負に勝つことは出来なかったけど、それ以上に大切な物を得たみゆき達。
この経験がきっと、将来に役に立つ日が来ることでしょう。

※最近の運動会は、勝敗を決めずに『手を繋いで、仲良く一位』という風潮が、一部で広まっている様です。
そして、その風潮は『誰もが主役』という言葉とセットになり、例えば『学芸会では、全員が主役を演じる』という失態としか言えない、『悪平等』が蔓延する下地にもなります。

勝敗を決めることは、決して悪いことではありません。
寧ろ、勝利という目標に向けて頑張ることを、もっと積極的に教えるべきだと思います。

勝てば嬉しく、負ければ悔しい。それは、当たり前です。
勝敗に拘らず、それは『努力の結果』であり、それこそが尊ばれるべきではないでしょうか?

少し話は逸れますが、小学生の頃、TVで相撲を観ていた際に、父に「何故、全員が勝ち越せないの?」と訊いたことがあります。

その際、父は「取組は、全部で何日ある?」と、簡潔に返答してくれました。
相撲は全日程が15日です。たとえ全員が勝ち星を融通し合っても、8勝7敗と7勝8敗のグループしか生まれず、全員が勝ち越すことは不可能です。

「だからこそ、力士は皆、頑張るんだよ。」
そう優しく言ってくれた父の言葉は、今もよく覚えています。

次回は、他界したやよいの父が登場し、父の愛をやよいが再確認する話です。
視聴後は、色々と父のことを思い出して、少し切なくなりそうです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

また親の涙を子供に見せてしまいました スマイルプリキュア 第18話 感想

順番から言うと緑川なお嬢メイン回ですが・・ すっかり黄瀬やよい嬢メイン回に喰われましたww でもね、でもね。 前半の・・ トラウマ刺激ゾーン! そして、後半10分、最後に予告。 思わず子供さんの...

スマイルプリキュア! 第18話 「なおの想い!バトンがつなぐみんなの絆!!」

今週は皆さんお待ちかねの(私の周囲では)緑川なおメイン。 いざ見てみると、黄瀬やよい回でもあるのが残酷だったりするのですが。 今回は体育祭ネタ。 (運動得意な緑川さんと、運動苦手っぽい黄瀬さん両極メインだとわかります)  どうせ勝てねーんだし、女子リレー...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


お忙しい中、当ブログのアニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。アニメ評価企画15の最終結果は、現在当ブログにて現在掲載中でございます。よろしければご覧になって下さいませ。

評価企画15の最終集計結果↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6021.html

そして、今回も「今期終了アニメ(3月終了アニメ)を評価してみないかい?16」と題しまして、新たに評価企画を立ち上げましたので参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して下さいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5909.html


なお、企画のお誘いが大変遅くなってすいません。最終的な締め切りは7月13日までになっておりますのでよろしくお願いいたします。
プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。