yukitaの想い出日誌 スマイルプリキュア!・11話『プリキュアがチイサクナ~ル!?』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スマイルプリキュア!・11話『プリキュアがチイサクナ~ル!?』感想

どんな人にも、一つはあると思われる苦手なモノ。
お化けが嫌いだったり、タコが苦手だったり、ヤドカリを怖がったりと、様々です。

そして、今回は苦手なモノの定番・虫がテーマです。
果たして、虫が嫌いな人物は、一体誰でしょうか?

※今回、ダンゴ虫にスポットライトが当たったので、少し調べたところ、意外なことが明らかになりました。
世界の広さを、実感しました。
また、ダンゴ虫が、分類上はエビやカニの仲間と知り、驚きました。


今回の話を観て、昔ドラえもんで放送された『ドンジャラ村のホイ』という話を思い出しました。

昔の記憶なので、うろ覚えですが、のび太が小人族のホイという少年に偶然出会い、彼等の一族が安心して暮らせる場所を探すという内容だったと思います。

スモールライトで小さくなったのび太とドラえもんが、ホイ達の安住の地を探して冒険する姿は、迫力がありました。
最終的にホイ達は、アマゾンの奥地に移住し、彼等の秘密はのび太とドラえもんだけが知っているという結末だったと思います。
また、『小人族が住める森が、日本には殆ど残っていない』という、環境問題がテーマになっていて、今を思えば凄い話でした。

僕達普通の人間が、こんな大冒険をすることは不可能に等しいですが、似た様な体験は、すぐに出来ます。

『その場でしゃがんでみる』

これだけで、自分の普段見ている風景が、様変わりします。
子供や歳の離れた弟妹の目線に合わせたり、散歩中の愛犬の隣にしゃがみ込めば、『自分と違う視点』で、世界を見ることが出来ます。

今回の話は、マジョリーナの道具で小さくなってしまったみゆき達が、昆虫や動物の視点で世界を見るという内容でした。
さて、今回の主役・なおは、この小さな冒険で、どんな経験を積んだのでしょうか――?

「うわぁ~。うわぁ!フフッ。」
花壇で何かを見付けたやよいは、それを掌で掬い、笑みを溢します。

彼女の微笑みの源は、ダンゴ虫でした。その可愛さに感心するみゆき達。
しかし、なおだけは動揺していました。

慌てふためき逃げ惑い、何かを踏んで転んだなお。その何かは、『打ち出の小槌』によく似た『チイサクナ~ル』。
これを手にしたキャンディが、「大きくなぁれ~!」と一振りすると、みゆき達が小さくなってしまいました。

急展開に戸惑うなおの背後に、巨大生物が。恐々と背後を確認すると、その正体はダンゴ虫でした。
――これは、怖い!!

キャンディの持つ小槌を調べれば、元に戻れるかも知れない。
そう考えたみゆき達でしたが、小さくなった彼女達をキャンディは認識出来ません。

みゆき達を探して彷徨うキャンディ。彼女を必死に追い掛けるみゆき達。
両者の追いかけっこが始まりました。

普段は何てことの無い水たまりや階段も、今のみゆき達には、巨大な難関でした。
時には野球部員に踏み潰されそうになったり、机から落下しそうになりながらも、必死にキャンディを追い掛けるみゆき達。

そして再び、校庭に舞い戻ったみゆき達は、自然の驚異に遭遇します。
バッタや毛虫にアリの大群と、身近な昆虫に遭遇する度に怯えるなお。
そして、てんとう虫に遭遇した瞬間、「虫だけは駄目なの!」と、れいかにしがみ付き怯えてしまいました。

てんとう虫に追い掛けられて必死に逃げるなお。草の茎にしがみつき難を逃れようと試みますが、バランスを崩し落下。
絶体絶命かと思いきや、偶然居合わせたダンゴ虫がクッションになり、一命を取り留めました。
しかし、なおは虫に触れたショックで、気絶してしまいました。

※なおがこの場面で虫を怖がったのは、今のサイズから考えると当然だと思います。
でも、昆虫と言っても、Gで始まるような害虫はともかく、眺めているだけなら綺麗に感じる昆虫は、沢山居ると思います。
蝶やてんとう虫すら怖がるなんて、余程のことです。何か、特別な理由があるのでしょうか?

なおの虫嫌いを治す為には、取り敢えず『みつばちハッチ』(※放送当時は、『みなしごハッチ』)か、『みつばちマーヤの冒険』の鑑賞会を開けば良いと思います。
特に『みつばちハッチ』は、幼い頃に再放送を観て、最終回で号泣した覚えがあるので、おススメです。
きっと、昆虫に対するイメージが少し変わると思います。
(※余談ですが、昔関西では、様々なアニメの再放送があったので、放送当時生まれていなかった為に視聴出来なかった作品を、多数観る機会がありました。『みつばちハッチ』も、その一つです。)

なおが気絶している頃、交番に『チイサクナ~ル』が届いていないかを確認するマジョリーナ。
当初は警官が名前を憶えてくれなかったことに腹を立てていましたが、「いいお名前ですね」と言われた途端に、上機嫌。
しかし、キャンディを追い掛けようとした瞬間、「マジョさん!転ばないように気を付けて!」と言われて転んでしまいました。
マジョリーナは今後、警官に名前を憶えて貰うことが出来るのでしょうか?

目を覚ましたなおに、ダンゴ虫が助けてくれたことを打ち明けるあかね。
しかし、なおはダンゴ虫を怖がり、れいかの背後に隠れてしまいました。

なおを心配し、枯葉をなおに差し出す、白いダンゴ虫(幼虫?)。
その優しさに触れて、怖がりながらもダンゴ虫に礼を述べたなお。
ところで、白いダンゴ虫が変な鳴き声を発していましたが、ダンゴ虫って鳴くのでしょうか?

※今回の話を観た後、ダンゴ虫のことをwikipediaで検索すると、意外な項目がありました。

【wikipedia:ダンゴ虫・利用の項目より引用】

甲殻類の仲間で、毒などを持っていないダンゴムシは、災害時の非常食として利用出来る。
加熱するとポップコーンのように弾ける。弾けきると食べごろである。
ただし、餌が落ち葉などの為か、美味とは言い難い。
ちなみに近隣種のフナムシは死体あさりをする種の為か、刺激味がして非常に不味い。

ダンゴ虫が食用とされていることにも驚きましたが、フナムシをも試食した人が居るなんて…。
世界は広過ぎます。到底、真似出来そうにありません。

また、日本ダンゴムシ協会のHPを閲覧すると、ダンゴ虫は昆虫ではなく、【節足動物門甲殻網等脚目】に分類される、エビやカニの仲間だと書いてあり、驚きました。
――ダンゴ虫のことは此処までにして、感想に戻ります。

「ありがと~う!ダンゴ虫さ~ん!」
なおを助けてくれたダンゴ虫の親子に手を振る、みゆき達。
そして、虫達と楽しく遊んでいるみゆき達の姿や、平和そうな虫達の様子を見て、なおの心に少し変化が生まれました。

「チイサクナ~ル返すだわさ~!」
キャンディを捕えようとてダイブしたマジョリーナが、みゆき達の目前に迫って来ました。
遂に、マジョリーナに見付かってしまったみゆき達。
彼女達を倒し、バッドエナジーを吸収する為に、マジョリーナは、黒い絵の具で世界を闇に染めます。

「ヒェッヘッヘ~!虫どもの発したバッドエナジーが、悪の皇帝・ピエーロ様を蘇らせていくだわさ!!」
――えっ?バッドエナジーの回収って、虫からでも良いの?それならピエーロの復活って、楽勝なのでは…??

ミミズだって、おけらだって、アメンボだって、皆生きている。
それに、なおを助けてくれたダンゴ虫を苛めるなんて、絶対に許せない!!
生き物の幸せを奪うマジョリーナを懲らしめる為に、みゆき達はプリキュアに変身します。

みゆき達を倒す為に、アカンベェを召喚したマジョリーナ。しかし、その大きさはプリキュアと比例して、かなり小さな代物でした。

『マジョリーナがアカンベェが小さい事実に気付かないうちに、さっさと倒してしまおう。』
あかねの提案で、みゆき達はアカンベェに立ち向かいます。
いつもより小さいとは言え、みゆき達よりは巨大なアカンベェ。その攻撃に、みゆき達は苦戦し、アカンベェが放った攻撃から虫達を庇ったみゆきが倒れてしまいました。

助けてくれたダンゴ虫や多くの虫がが苦しんでいる姿を目の当たりにしたなおは、マジョリーナが彼等を「虫けら」と謗ったことに、怒り心頭。
アカンベェを蹴り飛ばし、マジョリーナの悪事を挫く為に奮闘します。

力を合わせ、何とかアカンベェを浄化することに成功したみゆき達でしたが、戦いはまだ、終わっていません。
遂にマジョリーナに小さくなっていることに気付かれ、奪還された『チイサクナ~ル』で殴られるみゆき達。
すると…。

光に包まれたみゆき達は元の姿に戻り、不利になったマジョリーナは、その場から立ち去りました。

「良かった…。」
虫達の世界に平和が戻り、安心したなお。そして、その手には新たなキュアデコルが。
こうして、ロイヤルクイーンの復活が、また一歩近付きました。
しかし、同時にピエーロの復活も近付いています。果たして、どちらが先に復活するのでしょうか?

「ありがとう、って言ってるクル。」
虫達の声に耳を傾け、その言葉を翻訳するキャンディ。
キャンディの言葉に、虫にも感情があることを学んだみゆき達。

「ところで、なおの虫嫌いは治ったんか?」
「少し治ったような…。治ってないような…。」

あかねの質問に、微妙な返答をするなお。その直後、なおの鼻にてんとう虫が止まり…。

「ぎゃあああ!てんとう虫~!!」
てんとう虫から逃れる為に走り回るなお。その姿を見て微笑むみゆき達。
キャンディが虫達の姿を見て笑っているので、虫達もきっと、苦笑いをしているのでしょう。

虫との絆を深めたかと思いきや、まだ虫嫌いを克服出来なかったなお。
彼女が虫嫌いを克服する日は、まだ先の様です。

※今回、虫からもバッドエナジーが回収出来ることが、判明しました。
もしかしたら今後、なおを助けてくれたダンゴ虫がプリキュアに変身する事態も、有り得るのでしょうか?

「ゴロゴロ転がる肥沃な大地・キュアダンゴムシ!」
こんなシーンが観られたら、面白いなぁ…と、ふと思いました。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スマイルプリキュア! 第11話 「プリキュアがチイサクナ~ル!?」

ある日、校庭で拾った「打ち出の小槌」のような物体。 どうせ玩具か何かだろうと、キャンディに渡したのが運の尽き。    久しぶりですね、星空さんの顔面打撃。 そのはずみで、プリキュアさんたちが小さくなってしまいました。 「打ち出の小槌」とは、逆の効果を発揮...

第11話『プリキュアがチイサクナ~ル!?』

プリキュアがパワーアップするらしい (※更新ミスでは無かったようです) 12話にして早くもではありますが どうやら新しいおもち...

緑川なおさんの魅力いっぱい(百合的な意味でもw)  スマイルプリキュア! 第11話 感想

なんという百合百合しさ。完璧超人の緑川なおさんに弱点発覚・・ 虫が大嫌い らしい・・ きゃー、可愛い。 女の子っぽい。 もう番長とは呼ばせないw 私的には神回認定です。 なまためやすひろ先生の作...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。