yukitaの想い出日誌 らき☆すた9話・『そんな感覚』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

らき☆すた9話・『そんな感覚』

こんばんは、yukitaです。

今回は、少し早く感想が書けました。・・・では、早速本編です。

※結局、土曜日の深夜になりました。
秋には、色んな呼び方があります。
『読書の秋』
漫画ばかり読み勉強しない、こなた。
テスト勉強をせず、ネットゲームに逃げると、其処には黒井先生が。(以降の台詞は、意訳です。)
「遊んでんと、勉強しいやぁ。」
そんな事を言っても勉強したくない、こなた。
「先生は、どうだったんですか?」
「自分(あんた)と一緒で、解らん時は遊んでたなぁ。でも立場上、厳しく行くで~。」
あっさりと答える黒井先生。
何となく解るけど、何か理不尽だぁー!
大人は何時だって、理不尽。読書なんてしなくても、勉強したこなた。

『秋の夜長』
「目標を立てて、少しずつやっていこうと思うんだ。お姉ちゃん、勉強教えて?」
かがみに勉強を教わる、つかさ。でも集中力は1時間しか続かず、ドラマが気になったりと散漫に。
更に、1時間後・・・。
勉強は苦手なつかさ。つい、居眠り。
「やっぱり最初から飛ばさないで、今日はこの辺までにしとこうかな?」
「はいっ。段々志が低くなってきました。」
やれやれ、と言った感じのかがみ。

「ん~。やっぱり集中出来ないー。」
テスト勉強のコツを、みゆきに訊くこなた。
「意識しすぎると、気疲れすると思いますよ。私の場合は、いつも通りを心がけていますね。」

『秋になっても、同じ日常』(格言でも慣用句でもありませんが・・・。)
翌日。
「と言う訳で、今回は自信がある訳よ。」
余裕を見せるこなた。――『いつも通り』勉強しなくても、大丈夫。
「あんたの『いつも通り』って、やばいんじゃないの?」
こなたの心配をする、かがみ。その結果は・・・。

いつもより、成績を落としたかがみ。(それでも上位。)
きっといつも通り、トップクラスのみゆき。
いつもより頑張った甲斐があった、つかさ。(成績UP)
そして・・・。
『いつも通り』駄目だった――。それを不思議がるこなた。

「不思議でも何でもない。っていうか寧ろ必然だけどな。」
的確なかがみのツッコミ。(この成績は、絶対に落ちません。)

「ま、今回は悪くても気にならないけどね。」

何故か落ち込まないこなた。それを心配するかがみ。
「みんな悪かったからって、油断してると置いてかれるわよ。」

でも、平気な顔のこなた。それは・・・。
「今回はお父さんと、何も賭けていないし。」

「あんた。絶対まともな大人にならないぞ。」
呆れ顔のかがみ。
【本日のかがみの格言】
『みゆきの真似をするなら、ノートを取るのも真似しなさい。』

『女の子は、占いが大好き』(最早、秋ですらない・・・。)
「みゆきさん几帳面だし、典型的なA型だよね。」
こなたの発言に・・・。
「よく言われますけど私、O型なんですよ。」
そして始まる、占い談議。

O型:子供っぽくて、単純。
『自分に当てはまってます』と、みゆき。
『強引で・所有欲が強く、がめつい。』
みゆきさんに、そんな一面が・・・。意外そうなこなた。

「こなたってB型だよね?」
こなたの事をちゃんと知っている、かがみ。
「うん。よくB型って間違えられるけどね。」

A型:相手に気を配る・人間関係に平穏を望む。
これって当たってるかぁ?――懐疑的なかがみ。
「思い遣りがあって、気が利くじゃない。」
自分の興味のある事だけな。――ツッコミはかがみの特技。
「穏やかで、人を立てるじゃない。」
宿題がらみの時だけな。――経験者は語る。

「そう言えば、かがみって何型?」
「わたし?B型だよ。」

B型:マイペース・無作法・脱線ばかりする・天邪鬼・・・。(そんな事、ないもん・・・。)
「それが、何か?」
『B型で、何が悪いの?』という、かがみの心の声が聞こえてきそうです。

※此処で脱線――。ちなみに僕の血液型は、多分B型です。
なぜ多分かと言うと、こんな経緯があるからです。(小学生の頃。)

僕「お母さん。僕の血液型って何型なん?」(何型かなぁ?)
おかん(母)「さあ?多分、B型ちゃうかなぁ?」(多分B型でしょ?の意味)
僕「何それ?何で解らへんの?」(何で解んないの?)
おかん「だって、あんたの母子手帳無くしてもうたし・・・。」
僕「何それ?・・・まあええわ。(ええわ:いいよの意)ほなB型で。」

――これ以降、僕はB型として生活しています。ちなみに母は、AB型です。

「じゃあ、つかさはAB型?」
「ん?」こなたの問いに、首をかしげるつかさ。
「じゃあ、って何だ?」
かがみの問いに、「いや、何となく。」と、こなた。

「性格的なイメージで行くと、つかさはA型、かがみはB型にみえるなぁ。」
そんなこなたに「私達は双子だから、どっちもB型よ。」と、かがみ。

そして話題は『すし占い』に。

みゆきは『いくら』。(ここでも、上ネタ。)
かがみとつかさは『かっぱ巻き』(一応、お寿司。⇒こなたに笑われる)
こなたは『ガリ』(お寿司ですらない。)
かがみに盛大に笑われる、こなた。(因果応報)
「ガリを馬鹿にするなぁー!」
「まあ、お寿司には欠かせない存在ですし、占いの内容も結構いい事書いてますよ。」
「うん。そうだね。」
みゆき・つかさのフォロー。
「かっぱ巻きでもまあ、一応お寿司だよね。」――かがみのダメ押し
「む。」

その夜。
『二卵性双生児は、血液型が違う事もある』と、フォローの電話をかける律儀なかがみ。
二人で、占いの話題の続きに。
『性格判断は、結局自分の都合のいい様に捉えるもの』
かがみの結論に、「そんな現実的な事ばっか言ってたらさぁ・・・。」と呆れるこなた。

『かがみとつかさ』(季節感ゼロ・・・。)
かがみとつかさの成績を見た、かがみ父(ただお)。頑張ったつかさを素直に褒めたいが、それでも調子を落としたかがみが上。悩んだ末に・・・。
「お疲れ様、二人とも。ん~。何と言うかぁ、自分のベストを尽くして頑張り・・・。おー。つかさ、頑張ったジャン!」(次女:まつり乱入。)
「でもやっぱり、かがみの方が上なんだぁ。」
「こら、まつり!もうチョット空気をだなぁ・・・。」
――親の心、子知らず。

通学時。知り合いのおばさんに挨拶するかがみ・つかさ。
成績の良いかがみと一緒に、成績のよさを褒められるつかさ。(進学校なので。)
「何か。お姉ちゃんのオマケで褒められているみたいで、素直に喜べないよ。」

『行楽の秋』(やっと、秋つながり。)
『テスト明けに気晴らしをしよう』という事で、映画に行く事に。(お出かけなので、行楽という事で。)
でも内容は『ある意味スプラッタで・サイコサスペンス色のある極上ホラー』
乗り気のこなた・かがみ。こなたは『スプペンス』(スプラッタで、サスペンス)という新語まで、作ってしまう程。でもつかさは・・・。
「気が晴れない。それは気が晴れないよぉ・・・。」
きっと、つかさは「うぐぅ~。」が口癖の少女(月宮あゆ)の様に、泣き叫んでいたでしょう・・・。

映画が終わり、お腹か空いた3人。ケーキバイキングへ。
『バイキング。それは女の、欲望番外地』(詠み人:泉 こなた)
『天高く馬肥ゆる秋(または食欲の秋)』
「そんなに取って、アンタ食べられるの?」
「あれ?かがみだって・・・。」
「ケーキだったら、これ位普通でしょ?全然平気よ。」(皿には大量のケーキ。)
「いただきまーす!」――幸せそうな3人。
(こなた:14個・かがみ:20個・つかさ10個完食!)
「あれもー。」「これもー。」「あ~ん!」
こなた:14個・かがみ:19個・つかさ12個(2つ増量)を取り分ける。
しかし・・・。
こなた:7個残す・かがみ:7個残す・つかさ:7個残す(内二つは、半分ずつ。)
さすがに食べられなくなり、こなた無念のリタイヤ。
でも、食べ残しは別料金。何とか食べようとする3人。
かがみ・『秘技・二貫食い』を発動!
こなた達にも奮起を求めるが、既に限界の二人。
「気が晴れない。これじゃ、気が晴れないよ・・・。」――その瞳には涙が。
これが、つかさの口癖にならない様に祈りましょう・・・。

『歩く萌え要素・みゆきの真価』(只の人物紹介・・・。)
テストも終わり、久々に遅くまでゲームをしたこなた。(美少女ゲーム)
『一気に終わらせる主義』らしく、セーブポイントが増えたのに苦労している様子。
『美少女ゲームの購入法』を訊くかがみ。(学生なので、その手のゲームは買えない)
「お父さんに、買ってもらってきてるけど?」
『――買いにいくのか、父親!?』青ざめる、かがみ達。
きっと、そうじろうは『自分用』『こなた用』の2つを買っていると思います。
「みゆきさんは、ゲームとかやらなそうだよね?」
意外と、PCゲームはするらしい。その内容は・・・。
『ソリティア』:1万点越えは、結構ある。
『マインスイーパー』:上級編で、100秒を切る腕前。

目薬が点せないみゆき。こなたが手伝う事に。
「はい。仰向けに寝て。」
「はいっ。」
「はいっ、リラーックス。」「じゃあ、いくよ。」
「は・は・・は・・は(目薬、失敗。)・・・ああっ!
「はいっ!力抜いて!!」(ガシッと頭を掴むこなた。)
「はいっ!・・・(また、失敗。)・・・ああっ!
言葉にならない呻き声を発し、みゆきの目を見開かせるこなた。
「あぁっ、すいません!ワザとじゃないのですが・・・。顔が・・・怖いです!」

一連のみゆきの言動や、素顔(眼鏡なし)の表情は、妙に可愛かったです。
もう一押しされると、萌えてしまうかも。
――ダメだ、こんなんじゃ!『かがみんファンクラブ』の末席に身を置くものとして、
この方この方の様に、気を強く持たないと!

『らっきー☆ちゃんねる』(秋とは、無関係)
「プロデューサーの伊藤さんに『白石~っ、ちょっと来ぉい。』と呼ばれる予定の白石さん」と、あきら様に紹介されたみのる君。
あきら様はどうやら、本格的に彼を潰しにかかっている様子。

そんなみのる君の今回の仕事は、つかさの紹介。この方の喜ぶ顔が、目に浮かびそうです。
しかし、つかさの紹介をとことん邪魔する、あきら様。
「ああ、トゥハーの・・・。」
「みんみんミラクル!」「神岸あか・・。」
「みーのルンルン!」
必死で放送事故を、止めようとするみのる君。
つかさを『一昔前のアイドル』と、揶揄するあきら様。
「ああ、そうですかねぇ?そう言えばつかささん、アイドルといえばアイドルな感じもしないでも・・・。」
「笑わせるんじゃねぇ!」
灰がらの溜まった灰皿を、みのる君の頭に投げつけるあきら様。

『柊つかさがアイドルだぁ?』つかさに敵愾心を燃やす、あきら様。
「癒し系で、幸薄そうなだけだろうが!」――散々な言い回し。
そして『真のアイドル』あきら様の、アイドル講座。

『何時いかなる時も、見られている事を意識して行動する。』

次回はみのる君が、この教えを活かす事が出来るのでしょうか?請うご期待。

そして次回、遂に山本前監督が脚本で帰って来ます!
次回は多分、僕は壊れた感想を書くことになるでしょう!
ああっ!メッチャ楽しみ!!


































































スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:らき☆すた/第9話 「そんな感覚」

品質評価 15 / 萌え評価 45 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 59 / シリアス評価 18 / お色気評価 15 / 総合評価 26レビュー数 341 件 本は何冊も買うと意外に出費がかさむ。かといって立ち読みというわけにもいかない。「柊かがみ」は、だったら図書館でも行けば、というも「泉こ

らき☆すた 第9話 「そんな感覚」

こんばんは、たこーすけです。周回遅れで、ただ今更新終了…あじゃぱー。「らき☆すた」第9話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。原作は単行本第1巻から第4巻まで既読です。以下、「らき☆すた」第9話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注意

らき☆すた 9話 かがみんの本心の笑顔を引き出せるのはこなただけ!(あと怒りも)

久しぶりに、かがみの笑顔を見たような気がします。

らき☆すた 第9話 そんな感覚

かがみんの笑顔が見れただけで、もう、わたしは幸せですよ。それだけで、私はもう満足ですよ。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

あらら…

yukitaさん、こんばんわー。

すみません、TB遅くなりました。ふと見たらTBしていないことに、今になって気が付きました。すんません。

yukitaさんの書いておられたケーキの個数……あちゃぁって感じです。自分の感想を上げた後で、数えておけばよかったなぁと後悔したポイントなんですよねぇ…。

ところで、いやぁ、10話も良かったですよねぇ。

…と、自分のところの感想も書かずにひとさまのところのコメ欄に書き込んで、逃避している私がおります。

では、がんばります。

いらっしゃいませ

丈・獅子丸さん、いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございます。

僕は、ケーキの個数を数えたり、みのる君の『ガム54個食べた』という発言の
『耳コピ』をするのが、結構好きなのでやっていますが、面倒くさい時は、何もしません。
(B型ですし。自称ですが…。)

僕は常々、丈・獅子丸さんの記事の最後のデータが、凄いなぁと思っています。
毎回原作がどのシーンで使われたか調べるのは、並大抵の事ではないと思います。
僕には、こんな根気はありません。

コメント欄の書き込み、いつでも大歓迎です。凄く励みになります。
ありがとうございました。





プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。