yukitaの想い出日誌 スイートプリキュア♪42話・『ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪42話・『ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!』感想

前回に引き続き、コメディタッチな展開とシリアスさが、良い具合で混ざっていて、面白かったです。
最終決戦に向け、このまま突っ走って欲しいです。

全ての音符が揃い、遂にノイズが完全復活を遂げようとしていた。
しかし、4つのト音記号が突如、伝説の楽譜から消失してしまう。

『敵を欺くには、先ず味方から』

アフロディテ様の秘策により、予め4つのト音記号は、キュアモジューレに隠されていた。
ひとまず危機を脱したものの、依然危機は続く。

キュアモジューレに隠されたト音記号を奪取すれば、『不幸のメロディ』は完成する。
――ノイズ復活の為に、ファルセットは、非情の作戦を実行する。

※此処に来て、バスドラとバリトンの浄化フラグが立ちました。
果たして、彼等は幸福になれるのでしょうか?また、ファルセットの改心は、あるのでしょうか?
全ての音符が集まり、完全復活目前のノイズ。
その瞬間を、歓喜の表情で待ち侘びる、ノイズとファルセット。

しかし、扱き使われたバスドラ達は不満を漏らし、更に「用済みになるのでは…?」と、先行きに不安を覚えています。

そんな2人を黙らせ、『ノイズ復活の儀』を執り行うファルセット。
瓶に詰められた音符を『伝説の楽譜』に振り掛け、『不幸のメロディ』の旋律に変化させます。

それにしても、ファリーの音符を奪った時点で、全ての音符が集まった筈なのに、わざわざこの儀式の為だけに、音符を再び瓶に戻したのでしょうか?

いちいち非効率な事をしてまで、大仰な事をしてしまう辺り、ファルセットはボスの器では無いと思いました。

「そう…。最後の音符を、奪われてしまったのね…。」
響達の報告を、静かに聞くアフロディテ様。
そして、響達が対抗策を思い浮かばずに落ち込みかけていると、「大丈夫。ノイズは復活しません。」と、確信を持って答えます。

「ハ~ハッハっ!『不幸のメロディ』の完成だ!」
願いが成就しようとし、歓喜に震えるファルセット。しかし突然、4つのト音記号が消え去ってしまいます。

「ギィヤアアァ!!!」「なっ!?何ですって~!!」
突然、ノイズが激しく鳴き出し、ファルセットの頭上に乗り、毛を毟ります。
ノイズの剣幕の理由が判明し、驚くファルセット。

セイレーン(エレン)の時もそうでしたが、ファルセットの髪の毛はきっと、上司に毟り取られる運命にあるのでしょう。
もしかしたら、ファルセットの頭頂部は既に、カツラなのかも知れません。

楽譜を完成させる為に必要な4つのト音記号は、キュアモジューレの中にある。
そして、音符が散らばった際に、予め偽のト音記号を4つ紛れさせていた――。

アフロディテ様と音吉さんの説明を聞き、驚く響達。

「もう!ママったら、どうして教えてくれなかったの?」
「う~ん…。フフフっ。」アコの質問に、目を一周泳がせ、ほくそ笑むアフロディテ様。

「『敵を欺くには、まず味方から』って、言うでしょ?」
にこやかに語るアフロディテ様。後ろのメフィスト様が、少しバツが悪そうな気がするのは、気のせいでしょうか?

アフロディテ様に出し抜かれた事に気付き、腹いせにバスドラ達に電撃を落とす、ファルセット。
キュアモジューレを奪う様にバスドラ達に命令しますが、不満な表情を隠さないバスドラ達。

放課後に、ハミィを抱いて校内を散策するエレン。
響は和音とサッカー部の助っ人。スイーツ部では、奏謹製・ブッシュ・ド・ノエルの試食会。

「大丈夫かな?響も奏も、あんなに呑気で。」
「はむっ。大丈夫でしょ。トリオ・ザ・マイナーは、私達のキュアモジューレに、触る事すら出来ないんだから。」
「ふ~ふ~。そうニャ。悪い心の持ち主は、キュアモジューレには触れないニャ。」


ベンチに腰掛け、仲良く焼き芋を頬張る、エレン・アコ・ハミィ。
その様子を、屋根から見張るバスドラ達。
キュアモジューレを奪う為にバスドラが思いついた作戦とは――。

『加音町 俺作戦 一号』(※発案者・バスドラ)

1.バスドラが、町で大暴れ。人々を、不幸のどん底に陥れる。
2.其処に、プリキュア達が誘き出され、キュアモジューレを取り出す。
3.予め掘っていた落とし穴に、4人が落下。その隙に、キュアモジューレを奪い取る。

小細工を弄するより、単純な作戦の方が成功率が高い気もしますが、この作戦の一番の欠点は、2人の体格です。
落とし穴を掘ろうにも目立ち過ぎて、周囲にバレバレです。
案の定、響達にバレてしまい、憐みの眼差しを受ける羽目に…。

「ふ~ん。此処に私達を落として、キュアモジューレを奪うつもり?」
――アコの的確な指摘に、ショックを受けるバスドラ達。

『おかしい、何故バレた!?俺様何か言ったか??――いや、言っていない!』
『馬鹿なっ!?この計画が解る筈がない!当てずっぽうだ!』


「こ、これは穴じゃない!お…温泉?」
「そうそう!僕達は、温泉を掘っているんだよ!」

「温泉?」ジト目でバスドラ達を見詰める、響達。

「温泉なんて、出る訳無いでしょ?」
「図体だけは大きい癖に、やる事は小さいのよ!」

――元上司とお姫様(小学生)に、遣り込められる2人。

うっさ~い!!言わせておけば~!!」
「こうなったら、正々堂々、勝負だ!」

作戦があっさりと見抜かれ、破れかぶれで勝負を挑むバスドラ達。
しかし、怒りに任せてバスドラが地面を踏みしめた所為で、水道管が破裂。2人は、何処かへ飛ばされてしまいました…。

※作戦を見抜かれ、響達に『ジト目』で見られたバスドラ達。
年頃の小中学生(+子猫)にあんな瞳で見詰められたら、一部の人を除き、居た堪れなくて泣きそうになると思います。

飛ばされて、地面に激突する直前のバスドラ達。其処で突然の、場面変換――。

「表彰状。温泉出た出た、掘って出た。感謝感謝。」

バスドラ達が掘り当てた温泉は『ドラトン温泉』と名付けられ、加音町の人々から感謝される事に。

加音町住民を代表して、付け髭姿のアコが2人に感謝状を手渡します。

「元上司として、私も鼻が高いわ!」「プリキュア割引、宜しく!」

加音町を困らせた悪漢が一転、町の功労者に。
エレンと響にも褒められ、自分の行為が初めて報われた事に感動し、涙を流すバスドラ。

所で、『プリキュア割引』って何でしょうか?
日本には、メロディ達の他にもプリキュアが沢山居ますが、彼女達にも適用されるのでしょうか?

「…バスドラ。バスドラ!」
「あれ?俺様の温泉旅館は?」

全ては、気絶中にバスドラが見ていた夢でした。
バスドラが見ていた夢の範囲が、『落とし穴作戦』からなのか、温泉旅館からなのかは不明ですが、とにかく夢でした。

※どうせ夢ならいっそ、『ドラトン温泉』に誰かが入浴するシーンが流れれば良いのに。
響達では色々と問題ですが、響達の保護者(男性限定)や、ハミィとフェアリートーンの入浴シーンなら、問題無かったと思います。

「もっと良い作戦を思いつきました!」
バリトン発案の作戦は、バスドラよりも更にシンプルでした。

『きゅあ 私作戦 初号』(※発案者バリトン)

1.調辺家へ訪問し、音吉さんの不意を突き、網で捕獲。
2.音吉さんを人質にし、キュアモジューレを交換条件にする。
3・プリキュア達は泣きながら、キュアモジューレを手渡す。

頭脳明晰なバリトンらしい、シンプルな良案です。しかし、この作戦にも、致命的な欠陥が――。

「何よ?その顔。何か用?」
調辺家の呼び鈴を押して出て来たのは、アコでした。
バリトンの作戦は、一人暮らしの人物にしか通用しません…。

「お前に用は無い!」「上がらせて貰う!」
無理やり、調辺家へ上り込もうとするバスドラ達。しかし――。

「どうやって?」
アコのツッコミにより、自分達の巨体に改めて気付いた2人。
こんなに大きくては、もし友達の家にお呼ばれしても、上がる事すら出来ません。

「…どうせ、おじいちゃんを捕まえて、キュアモジューレを奪おうって作戦でしょ?――ホント単純よね…。」
浅はかな計画を看破されて、ショックを受ける2人。

『俺様達の心が読めるのか!?エスパーか?コイツは!超能力か??』
『私同様、明晰な頭脳!メフィスト様とは、えらい違いだ!』


ショックを受けつつも、さらりと、メフィスト様に対して失礼な事を考えているバリトン。
でも、敵対している筈なのに敬称を付けている辺り、心の何処かではまだ、メフィスト様の事を尊敬しているのかも知れません。

「こりゃ、待て~!」「誰か!誰か!その猫を、捕まえてくれ~!」
お魚咥えたドラ猫を追い掛ける、エプロン姿の音吉さん。
音吉さんに言われ、素直に猫から魚を取り戻す手伝いをするバスドラ達。
そして、バリトンが無事に、魚を奪還。

「いや~助かった。お前さん達のお蔭じゃ。」「いえいえ。」「どういたしまして。」
音吉さんのお礼に、素直に返礼する2人。アコ達はそのまま家に戻り、夕食の時間。
でも、猫が咥えた魚をそのまま調理して、大丈夫なのでしょうか?少し、気になります。

もし、バスドラ達が調辺家に入れたら、アコ達と一緒に食事が出来たのでしょうか?
敵同士が一緒に会食するのは少しシュールですが、観てみたい光景です。

調辺家で善行を積んだバスドラ達の頭上に、ファルセットのお仕置きの電撃が。

「期待していなかったが、お前らには任せておけん!俺様が行く!」
「だったら、最初から自分で行けっつーの…。」

ファルセットの言葉に、不満を漏らすバスドラ。
――この時点で、バスドラ達の離反フラグが立ちました。

「バスドラ達、そろそろ諦めたかなぁ~?」
「あの調子じゃ、今頃マイナーランドで、大目玉喰らってるんじゃない?」

ラッキースプーンのテラスでおやつを食べながら、バスドラ達の動向を探る響達。
其処に、慌てた様子の和音が。

「聖歌先輩が、変な奴らに連れ攫われるのを見たの!」

バスドラ達に攫われた聖歌先輩を救出する為、和音の手引きで時計台に向かう響達。
和音を危険に晒さない為に入口で待たせ、エレンの先導で聖歌先輩の許へ向かいます。
――響達の様子を、時計台の傍で見張っていた、ファルセット。

『五線譜の封印』をフェアリートーンで解除し、聖歌先輩を救出した響達。
時計台の中に、誰も待ち伏せしていない事を訝しく思いながらも、時計台の外の和音と合流した響達。
そこに、待ち構えていたファルセットが。

和音達を危険に晒さない様に、避難させた響達は、キュアモジューレを掲げ、変身しようとします。
しかし、その瞬間、和音と聖歌先輩が4人のキュアモジューレを強奪し、ファルセットの許へ。

「まだ気付かないの?この2人は、ノイズ様の力で操られているのさ!お前達は、罠に掛かったんだ!」
和音達の不審な行動の種明かしをする、ファルセット。
その様子を見ていたバスドラとバリトンは、ファルセットの卑怯な作戦に感心すると共に、その作戦がノイズの助力に依るものと知り、不満を漏らします。

※ノイズの力は、遠く離れた人物すら洗脳出来る事が判明しました。
その気になれば、世界中の人物すら、マイナーランドに居ながらにして操れるのかも知れません。

キュアモジューレを袋に入れ、勝ち誇るファルセットに、「いいえ!負けてなんかいないわ!」と、得意顔のアコ。

「こっちが本物。こんな事もあろうかと、皆のキュアモジューレをすり替えておいたのよ!」
ズボンの両ポケットから、4つのキュアモジューレを取り出すアコ。
そして、ファルセットが袋の中を確認すると、キュアモジューレにハミィの肉球マークが。

アコの作戦には、ハミィも一枚噛んでいました。
隠し事の出来なさそうなハミィに、こんな芸当が出来る事なんて…。少し驚きました。

「どうして、教えてくれなかったの?」響達に真相を黙っていたアコに質問する、響達。

「敵を欺くには、まず味方から。」
アフロディテ様の仕草と同じく、瞳を動かし、ほくそ笑むアコ。やっぱり、この辺は親子です。
「面白くなって来たぞ。」と、アコの機転にワクワクするバスドラ達。
この時点で、バスドラ達の離反は、ほぼ確定です。

「本番はこれから」と意気込む響達ですが、操られている和音達が迫って来ては、戦う事が出来ません。
響と奏は、2人に正気に戻る様に、必死に語り掛けます。
――其処に突然、ファルセットの雷が、和音達の近くに落下。

「今のは、わざと外した!次は、必ずその2人に当てる!」
「あ?」「うん…?」「「う~ん??」」

ファルセットの非道な行いに、疑問を感じ始めるバスドラ達。

和音達を助ける為に、キュアモジューレを手渡す事にした響達。
響達から受け取ったキュアモジューレを袋に詰め、ファルセットの許に歩く2人。しかし――。

突然苦しみ出す2人の姿を見て、2人が『悪のノイズ』と戦っている事に気付いたエレン。
エレンの言葉を受け、2人を励ます響と奏。

ノイズの支配から逃れ、気絶する和音と聖歌先輩を助けに走る響達。
しかし、ファルセットの雷に妨げられ、モジューレを奪還出来ません。
ハミィが何とか取り戻しましたが、直後に攻撃され、モジューレの入った袋がバスドラ達の足元に。

キュアモジューレを奪う様に命令する、ファルセット。
バスドラ達の身を案じ、モジューレに触れない様に警告する響とエレン。

「惑わされるな!そうだ、思い出せ。お前達など、どうなってもいいわ。ノイズ様の為に、その身を捧げるのだ!」
仲間を只の駒としか見做していない、ファルセットの暴言。
迷いながらも、2人がキュアモジューレに触れた瞬間、光が2人を包む――。

まだ、洗脳用のヘッドフォンが残っているものの、元の人間の姿に戻れた2人。
お互いの顔を見遣り、ニヤリと笑い…。

「「受け取れつ!!」」
キュアモジューレを、響達に投げ返すバスドラ達。2人の突然の離反に、喚き散らすファルセット。

「黙らっしゃい!もう、我慢ならんわ!!」
「ファルセットを、ギャフンと言わせて下さい!!」


2人の悪の心が消えた事に驚く、響とエレン。しかし、ファルセットは2人の裏切りに怒り心頭。
それに呼応する様にノイズが怪音と共に炎を発し、2人を包みます。
炎に焼かれ、もがき苦しむ2人。そして、再び化け物の姿に――。

「仲間を犠牲にしてまで、キュアモジューレを奪おうとするなんて…。絶対に許さない!!」
ファルセットの非情な行いに、響達の怒りが爆発。彼を倒すべくプリキュアに変身します。

心と身体をノイズに奪われ、野獣と化したバスドラ達。
彼等を救うべく、プリキュア達も応戦しながら説得しますが、2人に言葉は通じず、倒されてしまいます。

「おかしいニャ!?皆どうしたニャ??」
ハミィの問い掛けに、「味方してくれたバスドラ達を、ただ倒すなんて出来ない!」と迷いを見せる、メロディとリズム。
しかし、プリキュア達の前にクレッシェンドトーンが現れ、「大切な人を守る為のプリキュアの力を信じなさい」と、励まします。

クレッシェンドトーンの言葉を受け、バスドラ達を救う為に立ち上がるプリキュア達。

『プリキュア・スイートセッション・アンサンブルクレッシェンド!!』
「目を覚まして!バスドラ!バリトン!!」

自分達の心が2人に届く様に、必死に祈りながら奥義で攻撃するプリキュア達。
浄化の炎が2人を正気に戻し、元の人間に戻りかけた瞬間、黒い炎を纏ったノイズが2人の前に立ちはだかります。

ノイズの強大な力により、奥義は不発。バスドラ達の救出は、失敗に終わりました。
「プリキュア。今日の所は、見逃してやる…。だが…次は容赦しないぞ!」
ノイズと共に立ち去る、ファルセット。

「待って!バスドラ、バリトン!助けてくれて…有難う!」
「――勝負はお預けだ!」「キュアモジューレは、必ず戴く!」


助けてくれた2人に謝意を述べるメロディでしたが、再びノイズに洗脳された2人には、メロディの言葉が通じませんでした。
ようやく理解し合えたと思いきや、またしても敵に。複雑な想いを抱える響達。

目を覚ました和音と聖歌先輩を労わり、一緒に帰路に着いた響達。
自室でキュアモジューレを見詰め、思い悩みます。

マイナーランドに戻り、ノイズに跪くトリオ・ザ・マイナー。
「ギャアアア!!!」
「畏まりました。ては、次なる作戦の…準備を!」


『不幸のメロディ』完成に向け、更なる策を練るファルセット。
果たしてプリキュア達は、彼等に勝利する事が出来るのでしょうか?

そして、次回予告。

アフロディテ様が誘拐され、物語も、クライマックスへ向けて動き始めました。
コミカルなシーンがあるのも、多分今回が最後。後は全部、シリアスな展開になるのでしょう。
最後は感動出来る、心温まる展開になって欲しいです。

メフィスト様に死亡フラグが立っていましたが、その結末や、如何に?
バスドラとバリトンは、元の人間に戻る事が出来るのでしょうか?

※此処まで読んで頂き、有難うございます。44話放送までには、何とか周回遅れから挽回出来そうです。
最終回が近付き、かなり寂しさが募りますが、何とか49話放送して、幸せなEDを迎えて欲しいと思います。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

~離反フラグにウエスターさんの影を見る~ スイートプリキュア♪42話 感想

東映アニメフィリピン。通称TAPの放つフィリピンの至宝 今日はポールアンニュヌエボ先生とフランシスカネダ先生が放つ渾身の作画。  いやー、可愛かったですね。 昔は色々言われていたかもしれませんが...

スイートプリキュア♪ 第42話 「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

お調子者というキャラづけを急遽されたファリーのせいで、音符を全てマイナーさんに 奪われてしまいました。 意気消沈するプリキュアさん。 しかし、アフロディテ様は余裕です。 プリキュアさんのキュアモジューレに入っているト音記号が無ければ、不幸のメロディは 完成...

第42話『ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!』

さてさて、前回遂に全ての音符を取られてしまいました やべえよこのままじゃラスボス戦だよ 年明けもままならないよ なんて答えの出ない会議を 響「みんなの力を合わせれば大丈夫」 得意の根性論で締めよ...

スイートプリキュア♪ 第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

【今週のオレンジさん】 私事ですが、携帯のきせかえツールをミューズさんにしてみました。 待ち受けの変身画像が、例のあざとすぎる1カット。この子、仕事が出来すぎて怖い。 あと、画面がオレンジすぎて眩い。 ■スイートプリキュア♪ 第42話「ピコンピコン!狙われた...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。