yukitaの想い出日誌 スイートプリキュア♪・40話『ルルル~!雨音は女神の調べニャ!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪・40話『ルルル~!雨音は女神の調べニャ!』感想

約一週間体調を崩した所為で、遂に感想を書くのが周回遅れに…。
このまま書くのを先延ばしにすると、取り返しがつかないので、早速、40話の感想を。

どんな時でも、アコの傍には音吉さんが居た。
雨の日は迎えに来てくれたし、学校行事にも参加してくれた。

そして、寂しさで枕を濡らしている時は、頭を撫でてくれた。

いつもアコの傍に居た音吉さん。
しかし、音吉さんに、ノイズの影が忍び寄る――。

アコと音吉さん。
2人の絆が今、試されようとしている…。

※アコと奏太の遣り取りを観ていると、微笑ましくなります。
それにしても、奏太のカッコ良さは、小学3年生とは思えません。
最終回は是非、2人の結婚式を描いて欲しいと思います。


雨の日の放課後。

校舎で1人雨宿りする、小学一年生位の頃のアコ。
そんなアコを心配して、持っている傘を突き出す奏太。

心配する奏太の言葉を遮り、泣きながら雨中を走り去るアコ。
寂しい気持ちを堪えて町中を駆けるアコは、迎えに来た音吉さんに衝突。

「来るの遅い~!」寂しかった気持ちを、音吉さんにぶつけるアコ。謝る音吉さん。
その直後、雨が止み、手を繋いで一緒に帰る2人。

「…夢?」
幼い頃の夢を見ていた事に気付き、目を覚ましたアコ。
「おはよう、アコ。朝ご飯出来とるぞ。」「うん!」

音吉さんに呼ばれ、食卓へ向かうアコ。
その姿を見張るかの様に、窓の外の木にはピーちゃんが。

――調辺家の食事は、音吉さんが作っている事が、判明しました。
食事はやっぱり、和食中心なのでしょうか?

※メイジャーランドから避難してきたばかりのアコは、心の拠り所が音吉さんしか居なかった様です。
奏太のさり気無い優しさにも気付けない程に、心細い思いをして来たのでしょう。

アコ初登場の頃の描写から、奏太との付き合いは3年次からだと思っていましたが、どうやら意外と長い付き合いだった様です。

響達と知り合い、仲間(友達)になるまでは、奏太だけが友達だったと思われるアコ。(※メイジャーランド時代を除く)
言葉には表さなかったと思いますが、奏太には心から感謝していたと思います。
――幼い頃のアコと奏太が、今迄どんな付き合いだったのか、今後描かれる事を願っています。

その頃。マイナーランドでは、大量の音符が瓶に詰められて集まっていました。
もう既に、殆どの音符が集まっている様で、ファルセットによると、それらは全てノイズが集めたとの事。

敵のボスなのに、部下の仕事を率先して手伝うノイズは、ラスボスらしからぬ優しさを感じます。
それとも、ファルセット達の事を、全く信じていないのでしょうか?

ノイズは音楽を憎んでいますが、自らが復活する為には、音楽が必要です。
この矛盾を、ノイズ自身はどう考えているのでしょうか?

ノイズが音楽を憎むキッカケが解れば、響達は、彼と和解出来るかも知れません。


大量に集めた筈の音符が消えてしまい、意気消沈かと思いきや、意外と元気な響達。
屋上でお弁当を食べていると、ハミィがツッコミを入れます。

「解ってるって!」と、響達は、音符消失の謎を推理中。

「もしかして、ノイズは…既に私達の近くに来ているかも…!」
響が推理した瞬間――。

「ピー!」
フェアリートーンを蹴散らし、まるで、「自分がノイズだ!」と自己主張する様に大声で鳴くピーちゃん。
とっても怪しいですが、響達はまだ、ピーちゃんの事を疑っていません。

飴が降ってきたので校舎に戻り、ノイズの手掛かりを探す響達は、ハミィの案内で、音楽室へ。

「あぁ~!王子先輩~。素敵~!」どんな時でも、王子先輩を見付けると駄目になってしまう奏。
そんな奏はさて置き、音楽室にノイズの痕跡があるかを検証する事に。

「ノイズの目的は、全ての音楽を奪う事ニャ。だから、音楽に関係する場所に居ると思ったんだニャ!」
「「「え~?それだけの理由~??」」」


得意気に自説を語るハミィでしたが、早速3人にツッコまれ、タジタジに。
しかし、偶然音符を発見し、何とか誤魔化します。

いつかの日の様に、雨の中、校舎で音吉さんが迎えに来るのを待っているアコ。
そんなアコに、奏太が傘を突き出します。

「アコが転校して来てすぐの頃、こう言うのあったな。」
「奏太って、いつも傘持っているんだね。」

奏太の問いに笑顔で答えるアコ。
そして、友達同士の会話を楽しんだ後、「奏太って、優しいんだね。」と一言。

「ウヘっ?なっ、オ…オ…オ…オレ…オレ、別に…そんな事…!」
「本気にしてるし。」

突然褒められて狼狽える奏太をからかう、アコ。
奏太の狼狽え方を観ていると、王子先輩絡みで慌てる奏を思い浮かべてしまいます。
この辺はやっぱり、姉弟なんだなぁ…と思いました。

また、アコと奏太の遣り取りは、微笑ましいとともに、「早く結婚すれば良いのに!」と、ヤキモキしてしまいます。
こう言う感想を抱くあたり、歳を取ったなぁ…と、しみじみ感じました。

パイプオルガンの製作に夢中で、アコを迎えに行く事を忘れていた音吉さん。
迎えに行く為の準備をしていると、ピーちゃんが不穏な動きを…。

雨の中、音吉さんの迎えを待つ、アコと奏太。
アコは奏太に、どんな時も、音吉さんが傍に居てくれた事を話します。

授業参観の時も、運動会の時も。
いつも、アコの為に来てくれた音吉さん。

そして、両親の事を思い出し、涙に濡れている時も…。

「何も心配する事は無い。全ては、上手くいく。」
「アコが不安な時は、ワシが傍に居る。寂しい思いをしていても、ワシが必ずやって来る。」
「だから、独りぼっちじゃない。アコは、安心して待っておればいい。」


音吉さんの言葉を信じ、待っていたアコですが、「もしかして、何かあったのかな?」と言う奏太の呟きに胸騒ぎを覚え、傘も差さずに調べの館に向け駆け出します。

「お~い!アコ、傘…持ってけよ!」奏太の言葉も、今のアコには届きません。

その頃、音吉さんは、アコを迎えに行く直前でした。
しかし、ピーちゃんがパイプオルガンの近くに行き「ピ~!」と鳴いた瞬間――。

木枠の螺子が緩み、倒れて来た木枠が音吉さんを襲います。
――幸い、その場に居合わせた響達が身を挺して、音吉さんを救出しました。

響達の姿を見付けたピーちゃんは、無害な鳥を装い、響の掌へ飛び乗ります。
「それにしてもこれ…何で急に倒れて来たんだろう…?」
――何となく呟いた、奏の疑問。しかし、それが『ピーちゃんの正体』を導き出すヒントになりました。

かつて音吉さんが封じたノイズは、鳥の様な姿でした。
その事を思い出した音吉さんは、ピーちゃんの正体がノイズである可能性を、響達に告げます。

音吉さんは、ノイズと正反対の存在(善)であるクレッシェンドトーンに、『ピーちゃんの正体』を鑑定して貰う事に。
そして、クレッシェンドトーンが導き出した解答は――。

「どうした事でしょう!この子は、心が読み取れません!」
意外とガッカリな答えでした…。

しかし、ピーちゃんが羽ばたいた時に、身体からボルトが落ちたのを、響は見逃しませんでした。
飛び去ろうとしたピーちゃんの姿を確認し、急遽パイプオルガンへ。

そして、響が曲を弾いた途端、ピーちゃんは苦悶の表情で落下。

「さっき、ピーちゃんの瞳に一瞬だけ、悪の心が浮かんだ気がしたの!」
クレッシェンドトーンが見抜けなかったピーちゃんの正体を、あっさりと見抜きました。
主人公の面目躍如!凄い洞察力です。

「何をしてるの?」
音吉さんを心配して駆け付けたアコは、苦しむピーちゃんの姿を見て、疑問を投げ掛けます。

「ピー!ピー!ピー!」何とかこの場を切り抜けようと、アコに向かって飛ぶピーちゃん。
ピーちゃんを掌に抱く、アコ。

「アコ。落ち着いて聞け…。ピーちゃんの正体は、ノイズだったんじゃ!」
音吉さんの言葉を、一瞬、信じられないアコ。

音符を奪う為に、怪我をしている振りまでして、アコに近付いたピーちゃん。
そして、以前、音吉さんがパイプオルガンを弾こうとした時は、飛んで逃げた…。
――ピーちゃんの正体がノイズだという状況証拠は、全て揃いました。

アコの掌で必死に無罪を主張するピーちゃん。その必死の姿を見て、まだピーちゃんを信じたいアコ。
ピーちゃんを連れて、音吉さんの許に歩いて行くアコ。

「ピーちゃん。私に嘘を吐いていないわよね…?」
「私…。ピーちゃんの事を信じていたい…。」

アコの言葉を、必死に首肯するピーちゃん。しかし…。

「でも…。おじいちゃんは今迄私に、絶対に嘘を吐いた事がないの…。」
「だから私…。――私、おじいちゃんを信じる!」

――音吉さんに対する信頼が、ノイズに打ち勝ちました。

「ギィヤァアア~!!!!!」
『ピーちゃん』の仮面を脱ぎ捨て、本性を現したノイズ。
もう数話引っ張るかと思いきや、あっさりと正体がバレてしまいました。

飛び去るノイズを捕まえようとする響達。しかし、其処にトリオ・ザ・マイナーが乱入。
そして、ファリーが預かっていた音符がファルセットの力によって取り出され、ピアノがネガトーンに。

ネガトーンの怪音波に苦しむ、加音町の人々。そして、その不幸のエネルギーは、ノイズに吸収されて行きます。
加音町の人々を救う為に、響達は、プリキュアに変身。

「たとえどんなに邪悪な心でも、女神の心で包んでみせる!」
「プリキュア・シャイニングサークル!」


ミューズの技が、ネガトーンを縛り付け、その隙を突き、4人でネガトーンを撃破。
前回と違い、一瞬で勝負が付いてしまいました。――と、思いきや。

「まだノイズが居る!此処で、決着を!!」
ラスボスがこれ以上強くならない内に、止めを刺そうとする4人。『お約束』を無視していますが、戦略としては最高の手段です。
しかし、そう上手く事は運ばず、ノイズ達は逃げ去った後でした。

ピアノが元に戻り、安心する響達。しかし、あんなに重いピアノを、どうやって運んだのでしょうか?
やっぱり、プリキュアの姿の時に運んだのでしょうか?

「これまで以上に、パイプオルガンの完成を急がねば…!」
ノイズが復活している事が判明した今、弱い内にノイズを叩くには、音吉さんのパイプオルガンが欠かせません。
音吉さんの作業時間が、今迄以上に増えそうで、体調が少し心配です。

「お~い!アコ!…やっぱり、ここに居たか。」
音吉さんを心配して、アコを追い掛けた奏太。
ネガトーンの攻撃で苦しんでいた筈なのに、それでもアコと音吉さんを心配して駆け付けるなんて…!
――何て、出来た少年でしょうか!!カッコ良過ぎて、二の句が継げません。

調べの館に来た理由を姉に訊かれ、顛末を告げる奏太。その言葉を聞き、アコが駆け付けた理由を悟った音吉さん。
おじいちゃんを心配していた事がバレて、気恥ずかしいアコ。

「とにかく!皆無事だったし、お腹も空いたし…帰ろっか!」
響の言葉で、この場で解散となった一同。そして、アコと音吉さんも、家路に。

「久し振りに手を繋いで帰るか?」と訊く音吉さんに、「もう、3年生なんだから!」と恥ずかしがるアコ。
そんなアコの態度に、音吉さんは…。

「あっ。何か手がスースーするわい。スース―スースー。」
アコの顔の前で、手をヒラヒラさせる音吉さん。

「…今日は、特別だからね…!」照れた表情で、音吉さんと手を繋ぐアコ。

「今日は、迎えに行けなくてすまんかったなぁ…。パイプオルガンの修理に夢中になって、雨が降り出したのに気が付かなかったんじゃ…。」

「そんな事だと思った…。でも、おじいちゃんが無事で良かった!」

――満面の笑みを浮かべる、アコと音吉さん。

アコと音吉さんの深い絆が、今回の危機を救いました。
でも、ノイズはこれからも、人々の絆を利用して作戦を練って来るでしょう。
今後、響達はどうやって、ノイズの作戦から身を守るのでしょうか?

※何とか、周回遅れを取り戻そうとしましたが、まだ無理な様です。
41話の感想は、42話を観た後で書こうと思います。申し訳ありません。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スイートプリキュア♪ 第40話 「ルルル~!雨音は女神の調べニャ!」

映画宣伝OPも、今週で終わりでしょうか。    これは良い夫婦。11月22日はとっくに過ぎたのだけどな。。 次週からの新OPに期待が膨らみます。 残り10話を切っています。可及的速やかにプリキュアさんに危機感を持ってもらわないと。    フェアリートーンの...

~一年前の私とは違う~ スイートプリキュア 第40話 感想

いやー、危なかったわー。 虚淵玄脚本だったら、確実に音吉さん死んでたわー。 これが見ながら思った第一印象。 でもって、ピーちゃんを抱きかかえるアコのシーン。 ・・・いつ、あの鳥を握りつぶして血...

第41話『ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!』

ア「音符も一個だけになっちゃったし」 \王子先輩王子先輩王子先輩王子先輩/ 音符が完全に集まったうちのほとんどが \王子先輩王子先輩王子先輩王子先輩/ ノイズに奪われてしまいました \王子先輩...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


お忙しい中、当ブログのアニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。アニメ評価企画13の最終結果は、現在当ブログにて現在掲載中でございます。よろしければご覧になって下さいませ。

評価企画13の最終集計結果↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5517.html

そして、今回も「今期終了アニメ(9月終了アニメ)を評価してみないかい?14」と題しまして、新たに評価企画を立ち上げましたので参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して下さいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5465.html


なお、毎度のことですが企画の発動が大変遅くなり申し訳ございません。最終的な締め切りは12月30日(ただし間に合わないという方は対応します)までになっておりますのでよろしくお願いいたします。
プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。