yukitaの想い出日誌 スイートプリキュア♪37話『ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!』感想
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪37話『ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!』感想

今回、ノイズの秘密やファルセットの思惑など、色んな謎が明らかになりました。
でも、一番の見所は、アコの心境の変化だったと思いました。

真面目で責任感の強いアコ。でもそれは、孤独の裏返しでもありました。
ずっと独りで戦って来たから、誰かを頼る事が出来なかった。

でも、響達のさり気無い優しさに癒され、心を開いていく――。
今回の話は、アコが生まれ変わる、或いは元の快活さを取り戻して行く過程を描いていた気がしました。

かつて、父を救う為に孤独な戦いを続けていたアコ。
しかし今は、隣に大切な仲間が居る。

もう、独りじゃない――。
仲間の大切さと温かさを知ったミューズの、新たな戦いが今、始まる。

※今回の感想は、ほんの少しだけ映画のネタバレ(?)があります。(メフィスト様の親バカっぷりのシーンです。)
ほとんど一言ネタですが、予めお詫び申し上げます。

また、変貌してしまったファルセットの心情について、少し考察してみました。
少し読み難いですが、楽しんで頂ければ幸いです。
メフィスト様が正気に戻った事により、新たなリーダが必要になったマイナーランド。
そして今回も、バスドラとバリトンの小競り合いが、繰り広げられました。
しかし、その争いはファルセットにより、唐突に終わりを告げます。

自由を奪い、ノイズの力を与え、2人を怪物に変えてしまったファルセット。
あんなに醜い怪物に変えられてしまったら、2人はもう、かつての様に買い食いや息抜きが出来ません。
もしかしたら、今後はファルセットが2人の為に食事を作ってあげるのでしょうか?

これまでの彼からは、想像もつかない悪辣ぶりです。これが彼の本性なのでしょうか?
流石にまだ、信じられません。

「うううっ…。嗚呼…私の、美しい顔がぁ~。」
「あっ!バリトン泣いちゃったじゃないかよ!早く、元に戻せよ!!」


醜い怪物に変えられ、号泣するバリトンを労わるバスドラ。
自分勝手なオッサンとばかり思っていましたが、結構良い奴です。僕の中で、彼の評価が鰻上りです。

しかし、今のファルセットには、バスドラの抗議など何の意味もありません。
『逆らうなら消す』とばかりに、バスドラの身体を膨らませ、破裂させようとしています。
幸い、バリトンが飛び付き、バスドラの身体は元の大きさにに戻りました。
バスドラの友情に、態度で応えたのでしょう。

「ノイズ様…!暫しお待ち下さい。直に、不幸のメロディを完成させてご覧に入れましょう!」
ファルセットの言葉を受け、石板に封印されたノイズの目が妖しく光ります。
やっぱりファルセットは、ノイズに洗脳されている気がします。

かつてのメフィスト様今のファルセットを比べると、悪役としての魅力は、『悪のボス』だったメフィスト様の方が上だと思います。ただ、『悪辣さ』については、ファルセットが上だと思いました。

それは多分、ファルセットの方がメフィスト様よりも、ノイズの影響が強いからではないでしょうか?

メフィスト様は洗脳されながらも、剽軽な一面も見せていました。でも、今のファルセットには、そんな『余裕』すらありません。
これは、ファルセットが『ノイズを復活させる為の道具』として利用されているからだと思います。

『本性』を現す前のファルセットは、自分の境遇に多少の不満があったものの、穏やかな人物で、口調も丁寧でした。
でも今は、不満を漏らすバスドラに対し「ギャアギャア、喚くな!」と、乱暴な口調です。

今迄が演技で、現在のファルセットが本性だと考えれば、彼の変貌は簡単に説明出来ます。
でも、いかにも『悪の組織のナンバー2』っぽい姿が、却って不自然に映りました。

ノイズには、人の心を一瞬で悪に染める力があります。メフィスト様やエレンも、その力で人格を歪められました。
ファルセットの場合は、更に悪化していて、良心の呵責を感じないレベルにまで人格が歪められている気がします。
だから、反目していたとは言え、今迄仲間だったバスドラ達を、躊躇なく怪物に変える事が出来たのではないでしょうか?


「ノイズとは、全宇宙の悲しみが集まって生み出された、究極の悪。」

音吉さんの口かか遂に明かされた、ノイズの正体。それは、想像を絶する脅威でした。

全ての美しい音楽を憎むノイズの目的は、全ての世界から音楽を奪う事。
しかし、メイジャーランドを襲った際、音吉さんによって封印されてしまった。
ただ、音吉さんの力を以てしても、完全に封印は出来なかった。

僅かに残された力で、どこかへ逃げ去ったノイズ。
ノイズは、自らが復活する為に必要な『不幸のエネルギー』を集める為に、メフィスト様やエレン、トリオ・ザ・マイナーを洗脳し、『不幸のメロディ』の完成を目論む。

そして今年、『幸福のメロディ』が歌われず、あちこちでネガトーンが暴れた事により、人々の悲しみがノイズの力となり、かつてよりも力を増している可能性が高い。

音吉さんがパイプオルガンを作っていたのは、パイプオルガンが奏でる『聖なるメロディ』のみが、ノイズの力を封じる力を秘めているから。

回想シーンでの若かりし日の音吉さんは、勇者っぽくって、カッコ良かったです。
また、あの封印技はミューズも使っていましたが、音吉さんの様に変身しなくても使える技なのでしょうか?
そうだとしたら、ミューズが正体を隠していた時の技は全て、プリキュアの技とは無関係の技なのかも知れません。

音吉さんがノイズの正体について語っていた時、ハミィとフェアリートーン達が、手羽先とネギまを食べていました。
このシーンは、ノイズを倒すと言う暗喩なのかも知れませんが、多分音吉さんが、ハロウィンとクリスマスを混同しているだけだと思います。

エレンの『音吉コレクション』から得る知識から推測すると、その蔵書の持ち主である音吉さんも、何かしら間違った知識を蓄えている可能性が高いと思われます。

それよりも気になったのは、『あの料理を作ったのが誰なのか?』と言う事です。
ハミィ達が呑気に飲食していたのは、『今から話が長くなるから、コレでも食べててね』みたいな事を響達に言われたからだと思うのですが、あの食事を作った人物が判明すれば、調辺家の食卓事情が解る気がします。

ハミィ達の食事の提供者候補として、まず、響と奏は対象外とします。
響は料理が苦手だし、奏が持参するなら、カップケーキがハロウィンに因んだお菓子だと思います。
だとすると残りは、エレン・アコ・音吉さんの3人です。

エレンが、「この料理、音吉さんの本を見て作ったの~!」と嬉々として話す姿は是非観たいですが、人間になってそんなに月日が経っていないので、まだ、料理が出来るレベルにまでは至っていない気がします。

アコが作った可能性もありますが、その場合は多分、「姫様に、そんな事をさせる訳には参りません!」と、エレンがアコの代わりに料理を作ろうとして、アコと揉めているうちに失敗…という結果になりそうです。

やっぱり、音吉さんが作ったと言うのが、妥当な線になりそうです。
だとすると、調辺家の食事は毎日、音吉さんが作っているのでしょうか?
今後、調辺家の食事風景が公開される事を、期待せずにはいられません。

「聖なる音…。」パイプオルガンを見上げて呟く、響。
何と無くですが、響の表情から察すると、響は『聖なる音』に心当たりがある様な気がします。
もしかしたら、響の母・まりあさんが幼い響きの為に弾いていた『子守唄』が、聖なる音なのかも知れません。

「流石は、お義父様!其処までお考えでしたか!!」
「メフィストか?」

メイジャーランドから鏡を通じて通信する、メフィスト様。これまでの事を音吉さんに謝罪し、命懸けでノイズに相対する事を決意表明します。
凛々しい夫の姿に、アフロディテ様も嬉しそうな表情。しかしメフィスト様は、娘の姿を見た途端、親バカに変貌します。

「おお!可愛い我が娘アコ!パパはもう、大丈夫だよ~!」
「だから、安心して、メイジャーランドに帰っておいで!いつ帰る?今日かな?明日かな??」


つい先日(※映画のエピソード)、娘を笑って送り出したばかりなのに、ほんの数日で「帰っておいで!」といってしまうメフィスト様は、親バカの鑑だと思いました。

親バカの父に赤面しつつ、改めてノイズを倒す為に戦う事を告げるアコ。
娘が心配でオロオロする夫に娘の成長を信じる様に告げ、「ほら!」と、発言を促すアフロディテ様。
そしてメフィスト様は、、響達にこれまでの事を謝罪する為に土下座。その姿に驚く響達。

「響さん!奏さん!そして、セイレーンさん!これまで、本当に済まなかった!こんな事を頼めた義理では無いのだが、どうか、お願いします!」
「ウチの可愛いアコを!かわいい可愛いアコを!可愛いアコを、何卒!可愛いアコを!何卒宜しく!!」

「――パパ!!」
余りの父の親バカぶりに、赤面するアコ。
「「「私達に、お任せ下さい!!」」」
娘想いの優しいお父さんの頼みを、快く引き受ける響達。

※『可愛いアコ』を何度も書いている内に、ゲシュタルト崩壊を起こしそうになりました。
このシーンは、何度観ても笑えます。

音吉さんの話が終わり、ハロウィンの雰囲気に包まれてた町中を歩く、響達。
町中が普通にハロウィンの装いになっている所を見ると、加音町では、ハロウィンが定着している様です。

「ハロウィンって何ニャ?」というハミィの質問に、「皆で仮装して楽しむお祭りよ。」と説明する奏。
ジャック・オー・ランターン(カボチャのお化け)の事を話さなかったのは、良い判断だったと思います。
もし話していたら、今頃エレンは、泣き叫んでいたでしょう。

肉屋のオバちゃんを見掛け、手伝いをする響。ごく自然に人の手助けを出来る響は、本当に良い子だと思います。
響がオバちゃんを手伝った事がキッカケで、町中のハロウィンの準備を手伝う事になった一同。
アコも戸惑いながらも、響達と一緒にお手伝い。そして、お手伝いの最中、響と2人で歩く事に。

「明日が楽しみだね!可愛いアコ?」
「それ止めて…。」

響にからかわれ、ムッとするアコ。そして、「こんな事よりも、音符集めの方が大事。」と言って、先に行ってしまいます。
つれないアコの態度に、「ハロウィンに興味が無いのかな?」と、残念そうな響。

「真面目なのよ。姫様。」エレンの言葉通り、真剣な表情で1人歩くアコ。

※アイキャッチは、次回から、4人verになるのでしょうか?
そうだとしたら、もう少しタイトルロゴを下にしないと、アコの顔が隠れそうで心配です。

「完成!」「「おお~!!」」
ハロウィンパーティ当日。パーティに参加する為に、仮装する響達。
響は海賊・エレンは猫。奏はカボチャの魔女・ハミィはカップケーキ。そして――。

「奏!何よ?コレっ!」
ドレスに身を包み、『お姫様』の仮装をするアコ。余りの恥ずかしさに照れています。
そんなアコの姿を、うっとりと眺める奏。

「わ、私は仮装なんて!」「良いじゃない!姫様!」
「エレン。『姫様』は止めて!」「えっ?!」「アコって呼ぶニャ!」
アコを姫様と呼ぶエレンに、呼び捨てにする様に助言する、ハミィ。

「じゃ…じゃあ、行きましょ?アコ!」「…嫌っ!」
エレンの誘いを恥ずかしがって断るアコ。しかし結局、パーティに参加する事に。

映画ではアコの事を『姫様』と呼んでいたエレンが遂に、アコを名前で呼びました。
エレンのアコに対する接し方がどう変わるのかが、楽しみです。

「おお…!凄ぇ…。いつもと全然違う。」
アコを驚かせるつもりで吸血鬼の仮装をして、驚かせるポーズまで取っていた奏太が、アコの可憐さに逆に驚いてしまいました。
「うるさいわね!無理やり着せられちゃったのよ///!!」
奏太の言葉に照れまくるアコ。

「本物のお姫様みたいでしょう?」「うん…。」
「あら~?奏太ったら、アコの可愛らしさに驚いちゃったのね?」「――違います///!」
「あ~?赤くなってる~。」「何だよ、それ!」

「ほ~ら!見てみなよ、アコ?」「わ…私。アッチ見て来るっ!!」
響達にからかわれ、照れながら逃げるアコ。
そんなアコを見て、「可愛い」「生意気な妹が出来たみたい」と、嬉しそうな響達。

※アコのお姫様姿に見惚れた奏太と、響達にからかわれて照れるアコの姿が、微笑ましくて良かったです。
普段の奏太なら、姉達がアコと急に仲良くなっている所をツッコミそうですが、今回はそんな暇すら無かった様です。
また、響達が『可愛い弟妹をからかう、お茶目な姉』っぽく振る舞っていたのも、面白かったです。

響達は色恋沙汰に疎いですが、アコと奏太のこれからは、どう進展して行くのでしょうか?
これから見せてくれると思われるエレンの『お姉ちゃん』っぷりと共に、楽しみで仕方ありません。

響達にからかわれ、戸惑いを隠せないアコ。其処に、ブタの仮装をした、肉屋のオバちゃんが。
肉屋だからブタの仮装なのでしょうが、何となく猪八戒に見えました。

「オバちゃん特製・笑顔になれるキャンディよ。」

戸惑い気味の表情のアコに、特製キャンディをプレゼントするオバちゃん。
そして、「今日は、皆で笑顔になる日よ。だから、アコちゃんも笑って頂戴。」と、アコを励まします。
――このオバちゃんのキャンディが、今回のキーアイテムになります。

※作中には描かれていませんが、オバちゃんは多分、アコが以前から笑っていない事を、気に掛けていたのでしょう。
だから、ハロウィンパーティをキッカケに、アコが笑顔で居られる様に願って、キャンディをプレゼントしたのだと思います。

アコが『笑顔になるキャンディ』を口にした瞬間、目の前にお化けの仮装をした2人の男の子が。
そして、「お化けだぞ~!」「お姫様だって、泣かしてやる~。」と、アコを驚かせようとします。

かつてなら、2人を相手にせず立ち去ったであろうアコ。でも、キャンディの効力なのか、2人のお芝居に乗って、楽しみます。

「お化けなんて、怖くないわ!」澄ました顔で、2人に言い放つアコ。
エレンだったら多分、パニックに陥って泣いていた事でしょう。

「止めろ!姫に手出しはさせないぞ!」
『アコ姫』の危機に颯爽と登場した、5歳位の王子様。そして、アコの手を取り、逃避行。

「アコ、何処へ行ったのかしら?」
アコを探す響達は偶然、男の子と一緒に遊んでいるアコを発見。そしてアコの満面の笑顔を見て、微笑む響達。
このアコの笑顔こそが、響達の観たかった風景。

「あっ、音符だ!」カボチャの置物に音符を見付け、急遽立ち止まるアコ。
「どうしたの?」アコを見上げる子供達。

「おや?奇遇ですな?我々も、音符を探してたんですよ。姫様。」
「ファルセット!!…あっ。変な仮装。」
「「仮装じゃねぇよ!!」」
アコの言葉にツッコむ、バスドラとバリトン。泣いているバリトンさんが、可哀想です…。

「出でよ!ネガトーン!!」
ネガトーンを召喚した、ファルセット。そこに、駆け付けた響達が合流。

「響!」「うん!!」
「ハロウィンパーティから、皆の笑顔を奪うなんて、絶対に許せない!!」

映画では公開されなかった4人での変身バンク。大画面で観られるのは、来年3月17日からでしょうか?
4人が変身して、口上を言う前にポーズ時に、ミューズのポーズが隣のメロディと同じでした。
何となく、『お姉ちゃんの真似をしている妹』みたいで、微笑ましかったです。

変身した瞬間に、ミューズがネガトーンに先制攻撃。しかし、簡単に弾き飛ばされてしまいます。

「「「よくも!!!」」」
妹を傷付けられて、お姉ちゃん達は怒り心頭。敵を討つ為に、ネガトーンへ攻撃。しかし、パワーUPしたネガトーンに、簡単に倒されてしまいます。

「たとえどんなに邪悪な心でも、女神の調べで包んでみせる!」
「おいで!シリー!」「シシー!」漸く、戦闘の役に立てるシリー。彼の声が、心なしか嬉しそうに聞こえます。

「『シ』の音符のシャイニングメロディ!プリキュア・シャイニングサークル!!」
シリーを装着したキュアモジューレを翳し、5体に分身するミューズ。
5体のミューズのモジューレから光が放たれ、五芒星を形どり、ネガトーンを捕縛します。
映画では発動されなかった技です。

一瞬、ネガトーンを倒せそうになりましたが、パワーUPしたネガトーンには通じず、弾き飛ばされてしまいます。
しかし、そんな事ではミューズは挫けません。再度、独りで敵を倒そうと躍起になるミューズ。
その姿を見て、いつも張り詰めているアコの心の裡を見た様で、ショックを受けるメロディ。そして――。

「笑顔になれるキャンディ。」
ミューズの頬に優しく触れ、オバちゃん特製のキャンディを、ミューズの口に放り込むメロディ。
そして、「もう、独りで頑張らなくて良いんだよ。」と、優しく語り掛けます。

「4人で一緒に、皆の笑顔を守ろう!そして、一緒に笑おう!!」

出でよ!全ての音の源よ――!!
4人で放つ、初めての技。しかし、ファルセットの歌う『不幸のメロディ』が、技の効果を打消し、クレッシェンドトーンは消えてしまいます。


「悲しい気持ちになるニャ…。」流石のハミィも悲しくなる程の旋律。ファルセットの力は、意外と強い様です。
EDで歌い手が明かされなかったのですが、この歌を歌っているのは、米良美一さんでしょうか?

「いかん!このメロディは未完成とは言え、ノイズの復活を早めてしまう!!」
音吉さんの危惧通り、マイナーランドで封印されていたノイズの石板から、何かが逃げ出しました。
次回は早速、ノイズが登場するのでしょうか?

クレッシェンドトーンが姿を消し、ショックを受けるミューズ。しかし、仲間達の励ましで、気力を取り戻します。

「あの歌は、私達に任せて!!」「プリキュア・パッショナートハーモニー!!」
ファルセットに向けて、必殺技を放つメロディ達。今迄ありそうで無かった攻撃に、ファルセットも驚愕します。

「ミューズ!今ニャ!!」「おいで!シリー!!」
ハミィの合図で、シリーを呼ぶミューズ。そして、もう一つの必殺技でネガトーンを攻撃。

「『シ』の音符のシャイニングメロディ!プリキュア・スパークリングシャワー!!」
映画の時よりも派手なエフェクトで、ネガトーンを攻撃。
「3拍子!1・2・3・フィナーレ!!」
派手でカッコ良く、かつ可愛い演出でした。これできっと、子供のハートも、がっちりキャッチしたでしょう。

「ドド!ドドリー!!」
これでやっと、全てのフェアリートーンが音符を回収しました。後は、EDでドドリーが合流するだけです。

「ミューズ!凄いじゃない!!」ミューズの活躍を喜ぶ、お姉ちゃん達。
「べ、別に…大した事無いわ。」照れながらも素っ気なく答えるミューズ。

「ホント、ミューズは素直じゃないドド!」
「ミューズは本当は、『3人の力に助けてもらった、どうも有り難う!』って思ってるドド!」


「ド、ドドリー!勝手に私の気持ちを喋らないでよぉ~!!」
「だって、本当の事ドド!」「う~ん!もうっ!」
「ちょっと!」「危ないドド!」「待ちなさ~い!」「ドド…!ドド!」

自分の本音をドドリーに言われ、恥ずかしくなったミューズは、ドドリーを捕まえようと大苦戦。
でも、ドドリーは、ミューズの攻撃(?)を容易に躱します。

微笑ましい風景を見て、「全く、世話の掛かる妹だね。」と、笑顔のメロディ達。
今後も、ミューズが素直にならない場合は、ドドリーに本音をバラされる展開が、きっと待っています。
ミューズは早く、素直になった方が良いかも知れません。

「この気配…。――ノイズか!!」
ノイズの気配を察知した音吉さん。そして、マイナーランドの玉座には、ノイズを連想させる黒い羽が――。

次回予告――。

音吉さんの誕生日が近付き、歌をプレゼントするつもりの、エレンとハミィ。でも、アコは嫌がっています。
映画ではその理由が明かされましたが、他にも理由があるのでしょうか?

アコが拾った謎の鳥。
小鳥にしては大きい気もしますが、その正体はやはり、ノイズでしょうか?

2人が一体、どんな関係を築いていくのか?
次回も、とても楽しみです。

そして…。こんな大切な回に限って、作画に不安が。
本編では是非、改善されている事を願っています。

※今回の感想は、想定していたよりも遥かに時間が掛かってしまいました。申し訳ありません。
次回こそは、もう少し早く書ければ…と思っています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スイートプリキュア♪ 第37話 「ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!」

ご近所ブログ様の多くが、プリキュア映画の話題でもちきりです。 せめて特殊OPでも見て、自らを慰めつつ大ヒット祈念しよう。うぅっ。・゚・(ノД`)・゚・。 バスドラさん:「おんぷちゃ~ん♪」    なんてこと。 バスドラさんが、おジャ魔女ファンになってしまっ?...

スイートプリキュア♪ 第37話「ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!」

【今週のメルマガ】 今週のメルマガ担当はアコさんでした。 アコさん:  「はじめましてアコです」  「キュアミューズの正体はわたしでした」 すんごいイタズラ臭が漂ってます。 半年もの間黙ってたのは、さぞかし面白愉快だったことでしょう。 残り1クールちょっと...

スイートプリキュア 第37話 「ワクワク! ハロウィンでみんな変身ニャ!」

最初に。10月30日現在、映画はまだみてません~ 映画の影響で感想って変わるのかしらん?  今週行く予定でございます。 いやー、アコ可愛いですね。アコ。 なんて破壊力なんでしょう。本気で殺しに来...

第37話『ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!』

前回、復活まであと少しらしい そしてどうやら今作のラスボスとなる存在が明らかになりました 音「ノイズとは、全宇宙の悲しみが集まってできた究極の悪」 かっこいい昔の音吉さん 若い頃、その...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。