yukitaの想い出日誌 『今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?13』に参加しました。
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?13』に参加しました。

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさんのお誘いを受け、『今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?13』に、参加させて頂きました。


今回評価するのは、『Aチャンネル』です。
余りお役に立てませんが、書いてみようと思います。

【Aチャンネル】

ストーリー:3

ちょっと変わっているものの、『普通の女子高生の日常』を描いた作品だと思います。
物語の展開もオーソドックスで、安心して視聴出来ました。

でも、トオル視点で観ると、少し切ない感じもしました。

キャラクター性:4

奇を衒わない、割と『普通』の人物描写だったと思います。
悪く言えば『ありがち』ですが、超人が出ない物語なので、それで充分だと思いました。

主人公の少女達も、それぞれの個性を生かした、可愛らしくも微笑ましい演出で、好感が持てました。
後は、佐藤先生の『変態さ』が、面白かったです。

画:5

特に作画で問題は無かったと思うので、満点を付けました。
アニメを視聴する時に作画が酷いと、そればかりが気になってしまうので、この点は作品の持ち味の一つだと思います。

演出:4

地味ではありますが、ヒロイン達の心情を丁寧に描いていたと思います。

るんの突飛さや、一見冷静なナギの意外な一面。
そして、ユー子の『不遇な弄られキャラ』っぷりは、観ていて面白かったです。

また、時々、トオル視点から物語を描く演出は、良かったと思います。

るん達と仲良くなって一緒に居ても、学年が違うから、同じ想い出を共有出来ない時間がある。
そんな、トオルのもどかしさと寂しさを描いたシーンが、一番心に残っています。


音楽:4

物語の邪魔をしない、良い曲だと思います。
また、最初は邪魔に思っていた挿入歌が、るん達の心情を語っている事に気付いた時は、少し嬉しい驚きがありました。


総合的な評価:4

何か特別な事が起きる訳ではないけど、日常には何かしら楽しい事や切ない事がある――。
そんな雰囲気を丁寧に描いている作品だと思いました。

特にこの作品が放送された当初は、東日本大震災の只中だったので、この作品の雰囲気に救われました。
もし第2期があったら、その時も、この緩やかな雰囲気を醸し出して欲しいです。


ベストキャラクター賞:ユー子(Aチャンネル)

変態の佐藤先生も個人的にはツボですが、ユー子の『不憫な弄られキャラ』の面白さと可愛さが、とても面白くて、好感が持てました。

何と無く間が悪くて不憫な彼女ですが、いつか幸せになって欲しいと思います。


ベストOP賞:Morning Arch(Aチャンネル)

評価した作品が一つなので、他の選択肢がありません。

ベストED賞:ハミングガール(Aチャンネル)

上に同じです。

ベスト声優賞・男性:小野大輔さん

佐藤先生の変態さを、十二分に表現してくれたので。
僕の中では何故か、『変態キャラ=小野大輔さん』の公式が出来上がっています…。

ベスト声優賞・女性:寿美菜子さん

ユー子の不憫さと、『弄られキャラ』の面白さを、可愛らしく表現されていたと思います。
また、寿さん自身が関西出身なので、ユー子の関西弁(神戸弁?)は完璧でした。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。