yukitaの想い出日誌 『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12』に、参加させて頂きました。
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12』に、参加させて頂きました。

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさんの企画・『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12』に、参加させて頂きました。


今回評価する作品は、以下の3作品です。

『魔法少女まどか☆マギカ』

『遊☆戯☆王5D's』

『ハートキャッチプリキュア!』

※締切ギリギリに知った為、締切に間に合うか解りませんが、書いてみました。
お役に立てれば、幸いです。
【魔法少女まどか☆マギカ】

ストーリー:5

絵柄だけ見ると、どこか牧歌的な感じなのに、実際は、もの凄くハードな展開。
直接的にグロテスクな表現があった訳ではありませんが、観ていて堪えました。

キュゥベエの胡散臭さは、当初から感じていたものの、その『正体』には驚きました。
最後まで、驚かされる展開だったと思います。

また、お互いを大切に想っている筈なのに、どこかで擦れ違ってしまい、お互いを傷付けてしまう姿は、観ていて切なかったです。

キャラクター性:4

得体の知れない魔女と戦うと言う、『非日常』を描きながらも、中学生の等身大の願望や悩みを、丁寧に描いていたと思います。

ただ、まどかとさやかが仲良くなったキッカケや、幸せだった頃のマミの生活等も、もう少し掘り下げて欲しかったです。

また、『1週目』のまどかと、『現在』のまどかとの性格の違いが何処から来るのかも、知りたかったです。

画:4

全体的に丁寧で、凝った作画だったと思います。
特に、魔女との戦闘シーンは、観ていて、精神が不安定になりそうな雰囲気を醸していました。

まどか達ヒロインも、可愛らしく描けていたと思います。
ただ、ヒロインの顔が時々、『ホームベース』っぽい作画になっていたのは、残念です。

演出:4

感情を持っていない故に、まどか達の苦悩と絶望が理解出来ない、キュゥベエ。
人間と意思の疎通が出来るのに、他者を慮る事が出来ない存在というのは、何よりも不気味に映りました。

彼の存在自体が、『演出』だったと思います。

また、坂道を転げ落ちる様に、絶望的な展開が続いたので、『絶望には、底が無いのか?』と思える程に、不安を覚えました。

音楽:5

幻想的な雰囲気と、不安や絶望を煽る様な楽曲が、程良く散りばめられていたと思います。
個人的には、キュゥベエのテーマ曲(通称:営業のテーマ)が、一番好きです。

総合的な評価:5

当初は、少し毛色の違う『魔法少女モノ』と思って観ていたら、とんでもない落とし穴があり、驚きました。

少女達の祈りから生まれた魔法少女は、やがて絶望に囚われて、魔女と化す――。
真実を知ったまどか達の苦悩は、そのまま視聴者の『苦悩』になったと思います。

この絶望的な状況を、どうやって覆すのか…?
後半は、それが知りたくて、寧ろ、その為だけに観ていました。

色々と辛い展開が多い物語でしたが、10話は特別な回だったと思います。

まどかを守る為だけに、魔法少女になった、ほむら。

過去を何度繰り返しても、絶望からは逃れられない。
でも、まどかの為には、絶望だけは、決して出来ない――。

ほむらの苦悩と、まどかへの一途な想いを知った後に再度、1話から観ると、もの凄く切ない気持ちになりました。

そして、最終回――。
ほむらの想いを知り、魔法少女達の苦悩を知ったまどかが最後に選んだ選択は、とても尊く、切ないモノでした。

全ての時間軸の魔法少女を救う為に、『祈り』そのものと化した、まどか。
彼女の存在はもう、ほむらにしか知覚出来ません。

でも、もしかしたら…。
いつの日か、2人は再会出来て、一緒に笑い合える事が出来るかも知れない――。

本当に僅かな可能性かも知れませんが、その日が来る事を信じたくなる様な結末だったと思います。


【遊☆戯☆王5D's】

ストーリー:4

当初は、一つの街で富裕層と貧困層がいがみ合う様な、何処かしら暗い雰囲気の作品でした。

でも、主人公・遊星達の活躍により、街が一つになってからは、『街を脅かす巨大な敵から、皆を守る』と言った、『ヒーロー物』へと変わって行きました。

巨大な敵に、仲間の絆で立ち向かう『王道的』な物語は、熱くて、観ていて面白かったです。


キャラクター性:5

それぞれに悩みを抱えつつも、遊星の絶対に諦めない姿勢に感化され、成長していく仲間達の姿が、丁寧に描かれていたと思います。

また、『デュエルキング』の座から陥落したジャックが時折見せる、『駄目なニート』っぽい姿など、そこはかとなく漂うコメディっぽさも、面白かったです。

画:3

『ライディング・デュエル』のカッコ良さは、十二分に描かれていたと思いますが、時々作画が乱れました。
それが、最後まで改善されなかったのは、残念です。

ただ、『ここぞっ!』と言う時には、凄く気合の入った作画だったと思います。
最終決戦での、『シューティング・クエーサー・ドラゴン』の召喚シーンは、特にカッコ良かったです。


演出:4

未来でありながら、何処か『世紀末感』が漂っている所為か、かなりハードな展開も多かったと思います。
それ故に、危機を乗り越えた際の『満足感』は、何とも言えません。

個人的に一番ハードだったのは、最終決戦時のアポリアVSジャック・龍亞・龍可戦で、一度、龍亞が死んでしまうシーンです。でも、その直後に、自分のカード効果でライフが回復し、『最後のシグナー』に覚醒する展開には、胸躍りました。

音楽:5

デュエルを盛り上げる、テーマ曲の数々が、カッコ良かったです。

総合的な評価:5

『この世に不要な存在など、無い』という信念で、デュエルや人々に相対した遊星。
そして、様々な悩みやコンプレックスを持っていた人々も、彼と相対する事で、成長して行く――。

久々に、『王道的な少年マンガ』っぽい、熱い作品でした。
もう半年でも良いから、続いて欲しかったです。



【ハートキャッチプリキュア!】

ストーリー:5

街の人々が、敵の攻撃を通じて、『知られたくない、自分の弱さ』を他人に知られてしまうと言う、毎回結構ハードな展開でした。

でも、つぼみ達プリキュアの活躍により、自分の心と向き合い、少し成長するので、毎回心温まる結末になるので、安心して観られました。

そして、つぼみ達も、自分の心と向き合う事で成長して行く姿が、丁寧に描かれていました。


キャラクター性:5

『人の心』がテーマの一つだった為、一度きりのゲストキャラにも、人物の掘り下げがありました。

また、つぼみ達が思い悩みながらも、少しずつ成長していく姿は、好感が持てました。

画:4

絵本の様な雰囲気があるので、全体的に優しい作画だったと思います。
また、戦闘シーンは、キャラクターデザインに反して、結構ハードで、迫力がありました。

ただ、プリキュアシリーズの宿命なのか、時々作画が乱れました。

演出:5

1話目のオープニングから、いきなり、プリキュア(キュアムーンライト)が敗れるという、衝撃的な展開で始まり、驚きました。

そして、彼女を襲った、ダークプリキュアと大幹部・サバーク博士の正体が終盤で明かされたシーンは、相当ショッキングな展開でした。

牧歌的な雰囲気を持ちながら、かなりハードな演出が印象的でした。

一番好きな演出は、つぼみ達が『チェンジ』する為に、自分のもう一つの心と戦うシーンです。
ここで、彼女達が、『もう一人の自分』を受け容れるシーンは、感動的です。

音楽:5

前作と同様、テンポの良い曲でした。文句の付け様がありません。


総合的な評価:5

当初は、前作(『フレッシュプリキュア!』)が一年で終わった事がショックで、アンチっぽい視点で観ていました。
(※『フレッシュプリキュア!』以前は、ほぼ2年ずつ作品が続いていた。)

でも、いつの間にか引き込まれ、毎週日曜日が来るのが楽しみでした。
遂には、妹と一緒に『ミュージカルショー』まで、観に行きました。

引っ込み思案で、弱々しかったつぼみが、最後には『宇宙に花を咲かせたい』と言う、大きな夢を持つに至ったのは、スゴイと思いました。

また、最終回の最後のシーンで、つぼみの妹・ふたばが、新しいプリキュアに選ばれた事を暗示する演出がありました。

ふたばが、どんなプリキュアになるのか、観てみたい気がします。


ベストキャラクター賞:花咲つぼみ(『ハートキャッチプリキュア!』)

当初、『史上最弱のプリキュア』と言われた彼女が、最終的には一番心が強く成長しました。
その姿に、敬意を表します。

ベストOP賞:コネクト(『魔法少女まどか☆マギカ』)

10話を観てしまったら、この曲以外を、一位には推せません。

ベストED賞:-OZONE-(『遊戯王5D's』)

最終決戦で、遊星が『オゾンより上』に行ってしまったので。ネタです…。


ベスト声優賞・男性:宮下雄也さん

遊星の声を、熱く演じてくれた、宮下さんに敬意を表して。

ベスト声優賞・女性:斎藤千和さん

ほむらの魅力を、十二分に引き出してくれたと思います。感動しました。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今期(3月終了)アニメ評価in(通常パート)星屑の流星群

ゲームやアニメについてぼそぼそと人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画があるので参加します。 ちなみにブロガーさんじゃなくても参加できるので 「メタベイファン」などの朝アニメファンもどし...

今期(3月終了)アニメ評価ベスト賞編、通称「ベスト賞決定大戦」in星屑の流星群

さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので こんな感じに仕上げてみました。 さぁ今期の評価記事最後の...

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」に参加させていただきます

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。 しとらすの場合はどのシーズンもそれほど数を見る方ではないのですが、今期はいつも以上に少なめだったような気がします。そして途中で
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。