yukitaの想い出日誌 『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?8』に、参加しました。
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?8』に、参加しました。

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさんの企画・『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?8』に、参加させて頂きました。

当初の締切が5月31日だったので諦めていたのですが、6月10日まで延長されて良かったです…。

評価する作品は――。

『テガミバチ』『戦う司書』『バカとテストと召喚獣』『とある科学の超電磁砲』『フレッシュプリキュア!』

――の5作品です。

『テガミバチ』

ストーリー:4

ゴーシュに憧れたラグが、『ヘッドビー』になるべく頑張る姿が、好感が持てます。
そして、ラグの優しさに触れた人々との心の交流が、丁寧に描かれていると思います。

ただ、ラグの母が連れ去られた理由など、謎も多く残されています。

キャラクター性:4

辛い過去を抱えながらも、精一杯生きようとする人々の姿が、丁寧に描かれていると思います。

画:5
原作は殆ど知りませんが、雰囲気を損ねない良い作画だったと思います。

演出:4

ラグの真摯さと優しさが、良く解る演出だったと思います。
全体的に、温かい描写が多かったのも、良かったです。

音楽:5
作品の雰囲気に沿った、良い音楽だったと思います。

総合的な評価:4

憧れのゴーシュと再会したと思いきや、今の彼は、ラグの知っているゴーシュでは無かった…。
第2期があるとは言え、バッドエンドに近いEDだったのは残念です。
 
ただ、続きは大変気になるので、続編には期待しています。

『戦う司書』

ストーリー:4

『神溺教団』により、『肉』にされた人物が、人間性を取り戻して行く過程が素晴らしかったです。
ただ、主人公である筈のハミュッツに、最後の方まで感情移入出来なかったので、その点は視聴に苦労しました。
(※何を考えているのかが、解り難かった。)

キャラクター性:4

良くも悪くも、『信念』を持った人物が多かったと思います。

画:5

文句の付け様がありません。

演出:4

戦闘シーンが単なる力のぶつかり合いでは無く、信念のぶつけ合いだった点が良かったと思います。
全体的に、どこと無く切ない雰囲気も、良かったです。

音楽:5

作品の雰囲気に合った、良い曲だったと思います。
個人的には、エンドロール時の曲が一番好きです。

総合的な評価:5

原作を知らないので詳しい事は解りませんが、『ラノベ原作のアニメ』の中では、作品の魅力を描き切った、『幸せな作品』では無いかと思います。
(※ラノベ原作のアニメの中には、原作の魅力を悉く殺がれた、『不幸な作品』が間々ある。)

登場人物の生き様は、一般人であっても、後の世に『本』として語り継がれて行くと言うのも、面白い要素だと思いました。

『バカとテストと召喚獣』

ストーリー:3

賑やかな高校生活を描いた作品だと思うので、ストーリー性は重視されていないと思いました。

キャラクター性4:

『観察処分者』の明久から、学年代表の祥子まで、成績の良し悪しに関わりなく、『バカ』な所が笑えます。
また、明久と雄二の『BL的演出』が、笑いのツボに入りました。

画:3

特に破綻は無かったと思います。もし有っても、『演出の範囲内』で済みそうだと思います。

ただ、『ヒロインのスタイル』(特に、胸の描写)には、力を入れていたと思います。
煩悩の塊の様な男性陣(教師を除く)の心情が良く解って、笑えました。

演出:3

良い意味で、力の抜けた演出だったと思います。

音楽:3

特にケチをつける点は、見当たりません。普通に良い曲だと思います。
因みに、EDの最後で明久と雄二が肩を組みながら帰るシーンが、意味深長です。

総合的な評価:4

精神的に落ち込んでいた時に観たので、何の気負いも無く観られて良かったです。
第2期があるらしいので、楽しみにしています。

明久が『観察処分者』になった経緯や、二人のヒロインに好意を向けられている理由等が明かされる事を、期待しています。

『とある科学の超電磁砲』

ストーリー:4

『選ばれた人間』である筈の学園都市の生徒達の、何気ない日常や苦悩が、丁寧に描かれていたと思います。
ただ、後半は『テレスティーナ編』を除いて、のんびりとし過ぎていた気もします。

キャラクター性:5

『ビリビリ』こと、御坂 美琴の反応を楽しみに観ていた筈なのに、いつの間にか佐天さんばかり観ていました。
後は、『変態』の黒子の言動が笑えました。

画:5

戦闘シーンは、美琴のカッコ良さを、充分に表現出来ていたと思います。
美琴がカッコ悪いと話にならないので、その点は非常に良かったです。

演出:4

非日常の中の『日常シーン』が、良い雰囲気だったと思います。

音楽:5

全体的に、カッコ良い曲だと思います。

総合的な評価:4

『レベル5』の美琴より、『レベル0』の佐天さんが今後、どう成長して行くかが楽しみになってしまいました。
(こんな筈じゃなかったのに、おかしいなぁ…。)

後は、テレスティーナの外道っぷりが、寧ろ清々しく思えました。
(人物としては嫌いですが、『良いキャラ』だと思います。)

第2期があるのなら、今度は『シスターズ編』を主軸にして欲しいです。
『上条さん』こと、当麻の活躍が無いと、少し物足りなく感じました。

『フレッシュプリキュア!』

ストーリー:5

ラスボスであるメビウスが、『全パラレルワールドの支配』を目論んでいる等、SFチックな演出があり、大人でも楽しめました。
特に、敵幹部が『人間』と言うのは、斬新だと思いました。

敵幹部・イースとして登場したせつなが、ラブ・美希・祈里との交流や対立を経て、キュアパッションに生まれ変わるシーンは、感動しました。

そして、ラブ達友人と、四つ葉町の人々との交流等を通じて『幸せ』を知り、葛藤しながらも成長して行く様子が好ましく映りました。


キャラクター性:5

4人のプリキュアである、ラブ・美希・祈里・せつなを始め、敵幹部であるウエスターやサウラー等、魅力的な人物が多いです。
特に、『敵であっても、手を差し伸べる』ラブの優しさは、感動的です。

また、寿命すら管理されている『管理国家・ラビリンス』幹部・ウエスターの奔放さは、敵ながら憎めないと言うか笑えます。


画:4

プリキュアシリーズは、戦闘シーンの派手さが売りの一つらしいのですが、今作は、特に凄かったのでは無いでしょうか?
(※ちゃんと観たのは、今作が初めてです。)
特に23話は、『これ、何てドラゴンボール』と言う程激しく、熱い展開です。(作画も丁寧です。)

時々作画が乱れる事もありますが、許容範囲です。
『ここぞっ!』と言う話では、ヒロインを始め、登場人物が魅力的に描かれています。

演出:5

シフォンが『インフィニティ』になった理由等、いくつか明かされていない伏線もありますが、伏線の張り方が上手いと思いました。
(※例:3話で、せつながイースとして傷付けてしまった少年・タケシ君と愛犬・ラッキーを、25話でキュアパッションとして守る。)

また、劇場版の設定も本編に繋がっている点も、統一感があって良いと思いました。
(※47話の最後で、4人のプリキュアがキュアエンジェルに変身するシーンは、グッと来ました。)

音楽:5

場面を盛り上げる、良い曲だと思います。
特にED曲が、素晴らしいです。BGMの楽譜があれば、ピアノは弾けませんが、入手したいです。

総合的な評価:5

体調が悪く、ソファーで寝ていた時に、妹が観ていた23話を偶然観た瞬間、この作品の虜になりました。
次の24話で、ラブの母・あゆみさんのせつなに向けた優しさに、感動しました。

それ以降、妹と毎週この作品を観るのが楽しみになっていました。
観ていなかった分は、直ぐにDVDを購入して、補完しました。

主人公はラブですが、この作品は、幸せを知らなかったせつなが、ラブ達と友情を育み、過去に葛藤し、悩みながら成長して行く、『せつなの成長物語』だと思いました。

そして、『幸せ』の意味を知ったせつなが、故郷のラビリンスに帰る事を決意し、4人のプリキュアが其々の夢に向けて頑張っていく姿で、物語の幕を閉じます。

第2期があると思っていたので、それが無い事を知った時は、凄く残念に思いました。
今後続編が放送される事を、心から祈っています。

ベストキャラクター賞:東 せつな(『フレッシュプリキュア!』)

今期に限らず、今まで観た作品の中で一番好きな登場人物です。
兄妹揃って、『せっちゃん』のファンです。

『萌え』とか、そんな感じじゃありません。
『精一杯頑張っている』せっちゃんの姿に、感動してしまいます。

ベストOP賞:Let’sフレッシュプリキュア!~Hybrid ver .~(『フレッシュプリキュア!』)

去年の我が家の日曜日の朝は、この曲から始まりました。今でも良く聴いています。

ベストED賞:H@ppy Together!!!(『フレッシュプリキュア!』)

『フレッシュプリキュア!』を体現している曲だと思います。
映画館でこの曲に合わせて踊っている子供を見た時は、ちょっと感動しました。

ベスト声優賞・男性:松本 保典さん

奔放なウエスターを面白おかしく、且つカッコ良く演じていたと思います。

ベスト声優賞・女性:小松 由佳さん

この方なくして、せっちゃんは語れません!
精一杯頑張るせっちゃんの魅力を、十二分に引き出していたと思います。

※主だった感想が、『フレッシュプリキュア!』になりましたが、ご容赦下さい。
それだけ、面白い作品です。機会がありましたら、是非ご覧下さい。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


最初に、お忙しい中、当ブログの企画に参加して頂きありがとうございました。アニメ評価企画8の最終結果は、現在当ブログにて掲載中ですのでよろしければご覧下さい。

さて、今回も「今期終了アニメ(6月終了アニメ)を評価してみないかい?9」と題しまして、評価企画を立ち上げましたので、参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して頂けると嬉しいです。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51582158.html


どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。宣伝大変失礼いたしました。
プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。