yukitaの想い出日誌 宇宙をかける少女・第1話『孤高の魂』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

宇宙をかける少女・第1話『孤高の魂』

番組開始前は大して期待せずに、何となく観ていました。でも、開始1分で虜になりました。
だって――。

イモちゃんが、可愛い過ぎます!!
秋葉と一緒に『まんまる焼き』を食べたり、色んな乗り物を見て興奮したりする姿が何とも言えません!

そして、他にも魅力的なキャラクター達が。

秋葉が廃コロニー(?)で遭遇した謎の人工知能・レオパルド。
コロニー内部を捜査していた、神凪いつき。
登場するなり秋葉を撃った、謎の少女・河合ほのか。

彼等と秋葉の関係性の変化が、物語をどの様に織り成して行くのかが、とても楽しみです!

※この感想を書き始めた当初は、すぐに完成すると思ったのですが、色々あって大幅に遅れました。
今回は、余り体裁を整えずに思いつくまま書いて見ようと思います。
僕がこの作品を観ようと思ったのは、『野中藍さんが、ロボット役を演じる』と言う事をネットで偶然知った事がキッカケです。

でも、その際に得られた情報は、作品のキービジュアル・放送日時と、『イモちゃんの顔』位のモノでした。
そして、第1話放送直後――。

『あれっ?何か、イモちゃんの姿が違う…??』

イモちゃんの初登場シーンを観た瞬間、不思議に思いました。ネットで知った時の顔と違っていたからです。
そこに登場したのは、『普通の』可愛いメイドさんでした。

僕はその時、『ああ、設定が変わったのか…。』と思いました。
でも、秋葉が『車、運転させてあげる!』と言った瞬間――!

「わぁい!私、乗り物…だーい好きでーす!」
――メイドさんの頭がパカっと開き、中から『イモちゃん本体』が登場!
この瞬間…この作品を、最終回まで観続ける事が決定しました!!

そして、『獅子堂家の名前と一緒に、結婚しなさい』と長女・風音に命じられた主人公・秋葉(三女)が、イモちゃんと共に、『スール学園』まで逃亡。
それを、お小遣いの為に、四女・ナミが追いかけます。

チョロQの様な自動車をイモちゃんが運転し、ナミの追っ手を振り切る。そして、『宇宙ゲート』通った瞬間、自動車が変形し小型の宇宙船に。

このシーンを観た瞬間、何か『21エモン』(藤子・F・不二雄原作)を観ている様で、懐かしい気分になりました。(また、風音の初登場シーンを観た瞬間、その風貌から『何処の手塚作品?』と思いました。)

イモちゃんの愛らしさを始めとしたキャラクターの魅力や、懐かしい雰囲気。
この二つが、この作品に惹き込まれた主な要因です。

そして、演出も巧みだと思いました。

例えば、レオパルドが撒き散らしたと思われる『古代デブリ群』。
いつきが捜査中にこれを発見した時、漂う鳥居を見て『一万年以上前の物』と言っていました。
この言葉から、この作品の舞台が、遥か未来の話だと解ります。

今回の話を簡単に纏めつつ、主なシーン毎で感じた事を書いていきます。

・いきなり結婚させられそうになった秋葉が、幼馴染・フリオと後輩・ネネコの助力により、『スペースポッド』で家出する。

フリオ:『スール学園理事長の弟』という立場ながら、姉に無断で鍵を持ち出してまで秋葉に協力する辺り、彼女に好意を抱いている?それとも、普通に『良い奴』?

ネネコ:秋葉とフリオに、子犬の様に付いて来る後輩。今後、秋葉とフリオを巡って三角関係になったりは…しないんだろうなぁ。

今の所は『日常パート』担当ですが、物語後半位で『大化け』して欲しいです。
『戦闘パート』に参加する際は多分、フリオが艘舵手・ネネコが管制官になるのではないかと思います。

・謎のコロニー『レオパルド』の出現に際する『重力震』に巻き込まれ、秋葉・イモちゃん、レオパルド内部へ。
同時に、周囲を調査していたいつきも、レオパルド内に潜入捜査。


・コロニー内は、(秋葉達から見て)昔の町並み。秋葉は路面電車に乗り、『レオパルド前』へ。
⇒謎の人工知能・レオパルドと遭遇。


秋葉とレオパルドの『初顔合わせ』。

自称・『紅茶マイスター』のレオパルドがスキャンしていた紅茶は、どう考えても腐敗したモノ。
それなのに秋葉は、イモちゃんが止めるのも聞かず、紅茶に口をつける。⇒秋葉、紅茶を吹き出す。

秋葉が他人(自称・紅茶マイスター)の言動に簡単に影響されるのは、自分に自信がないからだと思います。
それにしても、迂闊と言うか何と言うか…。(そこも、秋葉の魅力かなぁ…?と、思います。)

「僕の名は、レオパルド。このコロニーを統べる、偉大な人工知能。そして、彷徨える孤高の魂!」

第1話のタイトルが『孤高の魂』なので、放送開始前は、秋葉が斜(はす)に構えた主人公なのかと思っていました。
レオパルドは、初対面の秋葉に対して大仰な事を言っていますが、実はずっと独りで寂しかったのではないかと思います。

でも、『寂しかった』なんて言うのは恥ずかしいので、自らを『孤高の存在』と称しているのではないでしょうか?

・レオパルド、周囲を捜査しているICPの面々を、『レオパルドキャノン』で蹴散らそうとするが、不発。⇒自殺を図る。
レオパルド・キャノンを放たれる瞬間、『何処のメメントモリ?』(※『ガンダム00』の衛星兵器。)と思いましたが、まさか不発とは――。思わず、笑ってしまいました。

その直後、秋葉とイモちゃんが『疲れていたんだよ』と慰めますが、『不発』だった男には禁句です。
この場合は、そっとしておくのが吉です。
(でも、レオパルドの場合…放って置いても、拗ねそうですが…。)

・秋葉の『説得』に我に返ったレオパルド。「死にたくな~い!」と叫ぶも、システムダウン寸前に。
⇒秋葉に『QTアームズ』を貸与し、 『ハイテンション・レバー』を起動する様に命じる。


「私はね、将来の夢も無いし、何をやれば良いのかも解らない。でもね…死にたくはないの。探したいの!自分がやりたい事を!!自分にしか出来ない事を!!!」

地球にダイブし、地球人を巻き添えにしようとしたレオパルドに対し、自分の心情を語る秋葉。
しかし、秋葉の言葉をちゃんと聞いていなかったのか、キョトンとするレオパルド。

「この馬鹿っ!」レオパルドに蹴りでツッコミを入れる秋葉。
ようやく正気を取り戻したレオパルドが、「この死に方は、どうだろう…。」と呟く姿は、『絶望先生』(『さよなら絶望先生』の主人公・糸色 望。すぐに死にたがる。)の様で笑えました。

このシーンは、これからの秋葉とレオパルドの関係性を示す、良い演出だと思いました。
秋葉とレオパルドは、掛け合い漫才の様にお互いの意見を戦わせつつ、絆を深めて行くのでしょう。

また、秋葉の叫びを聞いて、子供の頃を思い出しました。

やりたい事が一杯あるのに、何から手をつけて良いのか解らない――。
これは、年頃の子供なら誰しもが通る道だと思います。

・ハイテンション・レーバー付近で、秋葉といつきが遭遇。いつきは秋葉に避難する様に勧めるが、秋葉は「やってみなくちゃ解らない」と答える。
⇒いつき、秋葉にQTアームズの操作法を教え、一緒にハイテンション・レバーを作動させる。


秋葉といつきの、初の共同作業。この二人がやがて、良いパートナーになるであろう事が容易に想像出来る、良い演出だと思いました。

また、秋葉が初めて乗るQTアームズを、いきなり乗りこなしてしまう点から、秋葉の潜在能力の高さが窺えます。
2話以降で判明しましたが、QTアームズの操縦は通常、Qテクター(いつきが着ていたスーツ)を着用した上で行う様です。

・システムが回復し、『竹とんぼ』と化したレオパルド。ICPのミサイル一斉掃射を弾き返し、『一昨日来るが良い!』と言い放ち、ワープ。

・レオパルドの許に戻った秋葉。イモちゃんと飲み物で一息ついていると、ほのかと遭遇。
⇒ほのか、秋葉に黄金銃を向け、『宇宙(そら)をかける少女…。』と言い、秋葉を撃つ。(気絶させた。)



※今回の放送で特に気になったのは、獅子堂姉妹の中でレオパルドの存在を知らなかったのが、秋葉だけだと言う所です。

風音は色々計画を立てている感じだし、高嶺と桜はそれに協力している様子。
でも、ナミは何故、レオパルドの事を『黒い神様』と称し、「皆、ぶっ壊れてしまえばいいのに…。」と、世界の破滅を望む様な事を言うのでしょうか?

ナミの鬱屈した気持ちが、やがて何らかの形で、秋葉達の前に立ち塞がりそうな気がします。

何となく観始めたこの作品ですが、今はもう、この作品の虜です。(第8話まで観ました。)
毎週リアルタイムで観た直後に再度視聴。そして、暇を見付けては、週に何度も観ている程にハマッています。

第5話を観た後ぐらいから感想を書いてみようと思い、やっと今回の感想が書けました。
3ヶ月ほどブログから離れていたので、ちょっとペース配分が掴めませんでした。
(6話分の感想を同時進行で書こうとした事も、遅延の原因の一つです。)

関西地区で9話が始まるまでには、出来る限り遅れを取り戻したいと思います。
周回遅れの解消まで少し時間が掛かりますが、頑張ってみます。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。