yukitaの想い出日誌 コードギアス反逆のルルーシュR2・TURN24『ダモクレス の 空』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

コードギアス反逆のルルーシュR2・TURN24『ダモクレス の 空』

さて…。次回は、いよいよ最終回。

フレイヤによる恐怖で、世界を統べようとするシュナイゼル。
シュナイゼルの企みを挫き、『ゼロ・レクイエム』を完遂させるべく奮闘するルルーシュ達。

『一度も負けた事のない』シュナイゼルを打ち負かす為に、ルルーシュの取った手段は?
そして…ルルーシュの眼前に、『最大の敵』が立ち塞がる!

※今回も、ギリギリ更新です。申し訳ありません。
別に、『ギリギリにならないと、感想が書けないギアス』が掛かってている訳ではないのですが…。



今回の放送は爽快感があり、観ていて楽しかったです。
特に、ルルーシュとスザクがフレイヤを無効化するシーンは、手に汗握る展開でした。

僅か19秒で、フレイヤの臨界点の変化を読み切ったルルーシュ。
コンマ0.4秒で、フレイヤを無効化させる為の槍状の装置を射出したスザク。
『二人が揃えば、不可能は無い!』と言った感じで、観ていて興奮しました。

また、この『フレイヤ無効化装置』を作ったニーナも、素晴らしいと思います。
ユフィの仇であるゼロ(ルルーシュ)の事は許せないけど、ルルーシュの『目的』は、ユフィの望みに添うモノ。

敵であった筈のルルーシュへの復讐より、敬愛していたユフィの夢を叶える為に、憎しみの鎖を断ち切って、ルルーシュに協力したニーナ。
この物語で一番成長したのは、ニーナなのではないかと思います。

生徒会に所属していたルルーシュ達が今、世界を敵に回して戦っている。その事に感心するミレイ。
ニーナを救えなかった自分を責めるリヴァル。
しかし、そんな彼をミレイは『頑張ってる』と、評価する。その瞳は、リヴァルを見詰めている。
――リヴァルの想いが、やっと通じたのでしょうか?

出来ればルルーシュ達が、この二人の許に帰って来て欲しいです。そして、『一緒に花火を見る』約束を叶えて欲しいです。

ルルーシュが最終決戦に赴く直前、ロイド・セシル・咲世子に「君達の覚悟に、感謝する。」と感謝した際、「イエス・ユア・マジェスティ」と敬礼したシーンも、胸を打ちました。(猫のアーサーにも。)

ルルーシュとスザクの『決意』は、この3人(+アーサー)と、ジェレミアしか知らないのかと思うと、少し切なくなります。

星刻と藤堂と対戦した際、『道理無き者』『位にのみ固執する、醜い存在』と、揶揄されたスザク。
でも彼は、敵味方に『裏切り者』と謗られても、日本の奪還と『争いの無い世界』の実現の為に邁進して来ました。
もしスザクが、この二人と語り合う時間があれば、星刻達はスザクを認め、ルルーシュに賛同したかも知れません。

多分、全てが終わった後に、スザクの真意を知った藤堂は、後悔の涙を流すのではないかと思います。
この作品を第1部から観ていないので、スザクと藤堂の因縁は良く解りませんが、「スザク君」「藤堂さん」と呼び合っていたシーンもあったので、仲は良かったのだと思います。
この二人が共闘するシーンを、一度観てみたかったです。

ジノとスザクは共闘するものと思っていましたが、結局対立する事になりました。
ジノが敵対したのは、自分のプライドの為でしょうか?
同じく敵に回ったカレン共々、ちょっと二人の『戦う理由』が解り難かった気がします。

ただ、スザクがジノに勝利した瞬間、カレンが狙っていたのは、ダモクレスの動力源の様な気がしました。
もしかしたら、敵対すると見せ掛けて、ルルーシュ達に味方する…とか?
取り敢えず敵対して、ルルーシュ達に『不満』をぶつけて、気が済んだから味方に付くと言う展開に、何とかならないものかと考えてしまいます。

ルルーシュとシュナイゼルの最終決戦は、頭脳戦でした。

『ダモクレスにルルーシュ達を誘い込み、ダモクレスごとフレイヤで破壊し勝利を収める』と言うのが、シュナイゼルの目論みでした。
でもルルーシュは、シュナイゼルの『戦いに決して負けない』という思考を読み切り、勝利しました。

ルルーシュとシュナイゼルの『会話』は、現状維持を望むシュナイゼルと、『未来』を渇望するルルーシュとの戦いでした。
その会話でルルーシュは、シュナイゼルの理想が、皇族という『上から目線』に過ぎない事を看破。
敗北を認めたシュナイゼルは、「もう良い。私を殺し給え。」と、覚悟を決める。

「但し、君もフレイヤで消える。私達の命で世界に平和を…。」
『だからこそ、貴方に俺は…。』
「“ゼロに仕えよ”という言葉を贈ろう…。」

モニター越しに会話をしていた筈のルルーシュが現れ、シュナイゼルにギアスを掛ける。
――ルルーシュの言葉は全て、シュナイゼルの思考を読み切った録画によるモノだった!

「君は最初から、私を殺すのではなく…!」
『何なりと、お命じ下さい。ゼロ様。』
――『ゼロ』の配下となったシュナイゼル。

そして、その光景を目の当たりにしたディートハルトは、恐慌を来し、ルルーシュに発砲しようとする。
「ゼロ!貴方の物語は、既に完結しているっ!貴方は、生きていてはいけないっ!」
――シュナイゼルの銃で、胸を撃たれ崩れ落ちるディートハルト。

「俺の存在を否定する権利は、お前には無い…。」

『シュナイゼル殿下。ご自身の命にすら執着しなかったお方が…。これが、ギアスの力!』
シュナイゼルの『変心』に、ショックを隠せないカノン。

「ゼ、ゼロ…。せめて、最期に…ギアスで、私にも…。」
「ディートハルト。お前には、ギアスを使う価値は無い…。」
「あっ……、うっ…。」

ディートハルトの『最期の願い』を、無下に断るルルーシュ。無念のまま息絶えるディートハルト。

ルルーシュがディートハルトの願いを受け付けなかったのは、彼に『理念』が無かったからだと思います。
『面白い映像が撮りたい』という目的はありましたが、それは個人の欲求に過ぎません。

カノンとディートハルトを拘束した時点では、ルルーシュはまだ、彼に利用価値を見出していたのかも知れません。
でも、危機を乗り越える才覚も無く、信念に殉じる覚悟も無い。いざとなったら、味方を裏切る。
その姿を見て、ルルーシュは、ディートハルトを見限ったのだと思います。

シュナイゼルに命じ、ダモクレスの自爆を中止させたルルーシュ。しかし、フレイヤの起爆スイッチはまだ、ナナリーが持っている。
――ルルーシュは、ナナリーの許に駆け付ける。

ナナリーとの再会を果たしたルルーシュは、ナナリーに起爆スイッチを手渡すように告げる。
しかし、起爆スイッチを手渡さないナナリー。

「もう…。目を背けては、いられないからっ…!」
その瞬間、ナナリーの目が見開かれる。

『アイツのギアスを、破った?――自分の意思でかっ!?』
驚きを隠せない、ルルーシュ。

「お兄様…。私にもギアスを、使いますか!?」
今、ルルーシュに最後の試練が訪れる!

※遂に、次回で最終回です。
それにしても、ナナリーが皇帝のギアスを自力で破り、ルルーシュに立ちはだかるとはっ!
この物語で、一番心が強いのは、もしかしてナナリー?

ルルーシュはこの危機を、どう乗り越えるのでしょうか?
ナナリーと和解し、共に道を歩むのか?
『ゼロ・レクイエム』の為に、敢えてギアスを使うのか?

そして何よりも、ルルーシュ達の生死は?
皆は、幸せを掴む事は出来るのか?

全ては、約2時間後(2008年・9月28日午後3時現在)に判明します。
――どんな結末であろうとも、せめて『幸せな』結末であります様に!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第24話。

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』 今週のお話は、第24話 『ダモクレス の 空』。 ストーリーは…。 帝都ペンドラゴンを一瞬で消滅させた...

コードギアスR2第24話『ダモクレスの空』の感想レビュー

「質問したい。あなたはダモクレスで世界を握りたかったのか?」 「違うよ。私はただ、皆が望むことを・・・平和を作りたいだけだ。」 「人の本質を無視してでも?」 「見解の相違だね。」 空高く浮遊する堅牢なる砦、ダモクレス。 本当に固いのはその要塞自体か。あ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。