yukitaの想い出日誌 マクロスFRONTIER・第23話『トゥルー・ビギン』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

マクロスFRONTIER・第23話『トゥルー・ビギン』

「あなたは、根っからの役者です。その時々で、望まれた役を演じてしまう。――演じられてしまう。」
これは、矢三郎のアルトに対しての人物評です。

この言葉を聞いた時、『アルトの気持ちは、全て演技なのか?』と思い、戸惑いました。

でも、これは…『梨園の御曹司』として、周囲からの望みに添う様に生きて来たであろうアルトが、知らず知らずの内に身に付けてしまった『習慣』の様な気がします。

今回アルトは、『一つの決断』を下しました。
しかし、その決断は、本当に彼の本心なのでしょうか?

今回の感想は、その事を中心に書いて行きます。
今回は、色んな事が一度に判明しました。

多くの人の予想通り、ブレラはランカの兄だった事。
そして、バジュラとランカの歌の秘密です。

バジュラは脳を持たない代わりに、『フォールド波を含む腸内細菌』に拠って、意思を共有。
そして、『一つの生命体』として振る舞う。

『V型感染症』の原因のある、その腸内細菌は、人類の腸には決して定着しない。
最終的には罹患者の脳を侵し、死に至らしめてしまう。

しかし唯一、 『母胎内で感染し、腸内細菌と共存を果たした』場合のみ、生存が可能になる。
そして、その『特例』こそが、ランカだった――。

バジュラは、ランカを通じて、フロンティアの現在地を捕捉し、攻撃を仕掛けている。
それは、人類を滅ぼす為。

だから、人類が生き残る為には、バジュラを殲滅させなくてはいけない――。

その『事実』を、レオン三島&ビルラーに訊かされたアルト。
そして、矢三郎の『忠告』の意味を考えた結果、アルトが下した決断は…。

『バジュラがランカの歌を利用して、それが人類の滅亡に繋がるなら、ランカを自らの手で殺す』

ナナセが描いたランカの絵を見た時、アルトは自分にとって一番大切な存在が、ランカだったと気付く。
だからこそ下したであろう、この決断。

多分、この決断をクランに話した時、アルトは泣いていたのだと思います。
ただ、この結論自体は、まだ『アルトの本心』では無いと思いました。

今、アルトが(三島達に)『求められている』のは、『人類の為』にバジュラとランカを殺す事だと思います。
アルトは、滅び行くフロンティアでも必死に生きている人々を見て、『苦渋の決断』をしたのでしょう。
でも、アルトは知りません。――三島達が、嘘を吐いている事に…!

シェリルは、自分の病状が悪化した事で、『フォールド波を発し、バジュラを呼び寄せる』と言う、ランカにしか出来なかった事が出来る様になりました。

その際、シェリルはランカの身を案じ、ランカもV型感染症に罹患しているのかを、三島に訊きました。
しかし、その時は『ランカがフォールド波を出せる理由は不明』と言っています。
――これは、アルトにした説明と異なります。

三島達は、アルトに手を汚す事を『強要』しています。
そして、アルト自身も、『人類の為』だと思い込んでいる節があります。

でも、アルトは本当に、ランカの事を殺せるのでしょうか?
それを、望んでいるのでしょうか?

僕は多分、シェリルが、アルトの目を醒ませてくれると思います。
「自分の惚れた女なら、命懸けで護りなさい!」みたいな事を言って、アルトに喝を入れるのではないでしょうか?

アルトが三島達の『枷』から解き放たれた時、アルトは本当の意味で、 『自分のやりたい事』に気付くと思います。

最後にシェリルの病状についてですが、ランカがバジュラとの和解に成功したら、『腸内ネットワーク』を通じて、シェリルの病状も治まる気がします。

さて、あと3分で次回の放送になりました。今回は、ここまでにします。
――では、また次回。





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。