yukitaの想い出日誌 乃木坂春香の秘密・第8話『…おに~さん☆』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

乃木坂春香の秘密・第8話『…おに~さん☆』

友人に、『恋の手解き』をしている美夏。しかし、美夏自身はデートをした事が無かった――。

仲睦まじいものの、中々進展しない裕人と春香の関係。
今回は、そんな二人の関係を進展させるべく、美夏が奮闘(?)します。

裕人と美夏の『初デート』。さて、その結末は…?
美夏が学校の友人に恋愛相談をされていた時の対応は、知ったかぶりというか、妄想の範疇でした。

『乃木坂春香めで~るマガジンVol.08』に拠ると、美夏に相談を持ち掛けた生徒達は、「『乃木坂家令嬢』としての美夏しか知らない生徒」との事。
だから、原作8巻に登場する美夏の親友達の様に、美夏の事を深く知っている人物では無いという設定です。
でも原作を読んでいると、「こう言ったシーンが実際にあるのでは?」と思う程、美夏はしっかりしている面があります。

少しネタバレですが、美夏の通っている中学は『私立双葉女学院』と言う、超お嬢様学校です。
美夏は、入学時から生徒会長に選ばれ、学年を問わずに好かれていて、一部の生徒から『月下の苺姫(ムーンライト・ストロベリー)』と、慕われています。

だから、このシーンは『月下の苺姫』としての美夏を慕っている生徒が、美夏に恋愛相談をしているんだと認識して観ていました。
もし、アニメが第2期以降も放送されたら、美夏の3人の親友も登場して欲しいと思います。(登場するとしたら、第3期?)

那波さんの運転で下校中の美夏は、那波さんから、裕人が遊びに来ていて春香の部屋に居る事を訊く。
その頃、乃木坂家では――。

「う…ん、やはり、我慢ならんっ!
春香の部屋のドアノブに手を掛け、今にも突入しそうな玄冬さん。それを窘める、秋穂さん。

それでも、『年頃の男女(裕人と春香)が、部屋で二人きり』と言う事実が、玄冬さんをヤキモキさせる。
――ああ、素晴らしい程の『親バカ』さ!これこそ、玄冬さん!

しかし、『妹として、メイドとして』春香達が気になる、美夏・那波さん。ドアに耳をそばだてて、二人の会話に聞き耳を立てる。
――人は、それを『出歯亀』と言う…。

「春香、いいだろ…?」「で、でも。は、恥ずかしいです…。こ、こんな事になってますし。」
「もっと、良く見せてくれ。」「ああっ!駄目です、それはっ!」
「俺のは、どうだ…?」「んっ、は、す…すごく大きいです…。」
「春香のだって、こんなに熱く…。」「ああっ!嫌っ!」

――想像以上の展開に、美夏と那波さんの羞恥心が、大爆発!

「だだだだ、駄目ーっ!幾らラブラブだからって、それは、早過ぎるよっ!」
「ですっ~!」

大慌てで、春香の部屋に割って入る美夏達。――しかし、春香達はホットケーキ作っているだけだった。

それにしても、この時の裕人達の遣り取りを、玄冬さんに訊かれなくて本当に良かったです。
もし訊かれていたら、大事になっていたでしょう…。

誤解(?)が解けて、裕人達と一緒にホットケーキを食べる美夏。玄冬さん・秋穂さんもご相伴。
それにしても、娘の手料理を食べた時の玄冬さんの表情は、微笑ましいです。

なかなか進展しない春香と裕人の関係に、業を煮やした(?)美夏は、一計を案じる。
その手段として、裕人を呼び出して『春香とのデートの予行演習』をする事にした美夏。
――裕人に経験を積ませつつ、自分もデートを体験出来る、一挙両得の方法です。

何か解らない内に、駅前で美夏と待ち合わせになった裕人。そして、美夏がやって来る。
そして、『予行演習』として、美夏と『デート』する事に。

喫茶店で巨大パフェを食べる美夏は、裕人に見詰められ、頬を赤らめる。
『雰囲気の良い場所では、相手の目を見る』(美夏談)を、実行に移したかの様な、裕人の行動。
そして、倒れかけたパフェを必死に支える裕人。それを見て、我に帰る美夏。

『一緒に歩く時は、相手の手を握る』
それが出来なかった裕人は美夏に注意され、美夏の手を握る。
――次の目的地は、映画。

『映画鑑賞は、相手に寄り添い自分をアピール』
しかし、それを裕人に教えた美夏が、ぐっすりと寝る羽目に。

そして『最終目的地』の、『河原の花火大会』に向かう裕人達。そこに、浴衣姿の椎菜が登場。
傍に美夏が要るのに、椎菜と話し込む裕人。
――裕人の行動に腹を立てた美夏は、裕人の手を引っ張り、その場を立ち去る。

そして『何時の間にか』、呉服店に立ち寄り、浴衣を着付けて貰った美夏。
同じく浴衣を着た裕人と共に、花火会場に。

出店に興じる、裕人と美夏。そして、花火大会が始まる――。

見物客が多過ぎて、見上げても花火が見えない美夏。その場に屈む裕人。
『遠慮せずに』と言う裕人の厚意に甘え、裕人におんぶして貰う美夏。

「今日は楽しかったよ。」と、『初デート』の感想を述べる美夏に、「要領が悪くて、ゴメンな。」と謝る裕人。

『おに~さん、優し過ぎるよ…。そんな事言われたら、私…私っ!』
「ゆ、裕人さ…」

思わず、裕人を名前で呼ぶ美夏。――裕人の事を、意識し出した瞬間。

そこに、春香が合流。(葉月さん・那波さん付き)美夏は、裕人の背中から降りようとする。
しかし、「気にするな。」と、裕人の言葉。

裕人に背負われて、春香と一緒に花火を見る美夏。その表情は、満足そう。
しかし、一部始終を那波さんに見られていた事を知り、赤面する羽目に…。

そして2学期。3日前に振られたばかりの由香里さんは、ローテンション。
しかし、気を取り直して、文化祭(白鳳祭)の告知と、実行委員の立候補を募る。

誰も居ない――と思いきや、椎菜が立候補。そして、なし崩し的に裕人も委員に選出される。
そして、椎菜の委員就任の挨拶。

「この度、文化祭の実行委員になりました、天宮椎菜です!天気の『天』に、宮城県の『宮』。椎の木の『椎』に菜っ葉の 『菜』って書きます。――座右の銘は、 『先手必殺』!どうぞ、宜しくっ!」

※この言葉は、『――実行委員になりました』の所を除き、原作通りです。(表記は、少し変えました。)
特に、椎菜の座右の銘・『先手必殺』は、原作を読んだ時に印象深かったので、登場して嬉しかったです。
そして、今回も玄冬さん・秋穂さんが登場したのが、すごく面白かったです。

一番良かったのは、美夏が「裕人さ…。」と、裕人を名前で呼ぼうとしたシーン。
これは、まだ原作にも無くて、美夏が裕人を恋愛対象として認識し出した事を示す、良い表現だと思いました。

今回も、本当にギリギリ更新です。済みません。
この1週間、ほとんど体調を崩したままで、思う様に感想が書けませんでした。

何とか、次回放送ギリギリに完成出来て、『ちょっとは良かったかな?』と思っています。

原作通りの展開なら、次回も玄冬さん・秋穂さんが登場すると思います。
特に、この時の玄冬さんは、初登場時とは比べ物にならない程の、暴走っぷりです。
その辺も含めて、次回の放送を楽しみにしています。(あと30分で、次回の放送。)


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乃木坂春香の秘密 第8話。

『乃木坂春香の秘密』 今週のお話は、第8話 『…おに~さん☆』。 ストーリーは…。 春香の家出事件も解決して、今では春香と裕人の仲は、...

乃木坂春香の秘密 第8話「…おに~さん☆」

美夏、裕人をデートに誘うって話でした。

乃木坂春香の秘密第8話『…おに~さん☆』の感想レビュー

美夏『妹として、姉のことを心配するのは当然だし~☆』 那波さん『私も乃木坂家にお仕えするメイドとして心配するのは当然のことです☆』 (*^o^)乂(^-^*) …この2人、今日もノリノリですね。 お話的には、待ちに待った美夏メイン回ですね。裕人くんと春香のなかなか

乃木坂春香の秘密 第8話「…おに~さん☆」

乃木坂春香の秘密 第8話「…おに~さん☆」 よろしければ押してやってください→  
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。