yukitaの想い出日誌 乃木坂春香の秘密・第4話『変じゃないでしょうか…?』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

乃木坂春香の秘密・第4話『変じゃないでしょうか…?』

ああっ!この『雰囲気』が観たかったんだ――!
第4話を観た直後の、僕の感想です。

今回は、『原作の雰囲気』を上手く表現出来ていたと思いました。
まだ細々としたツッコミ所はありますが、葉月さんを心配する春香の心情が、上手く描けていたと思います。

これなら、今後の展開も安心して観られそうです。
いつもと違う葉月さんを心配して、外出中の葉月さんの後をつける春香達。
『半径50mの気配を察知出来る』と言う、超スペックの葉月さん対策として、変装をしている。

「うるさい、うるさい、うるさいっ!」

シャナのコスプレをしている春香。思わず嬉しくなり、鏡に向かってシャナの決め台詞。
『シャナの物真似をするヘカテー(※)』と言う、結構珍しい風景。
(※春香役の能登さんは、『灼眼のシャナ』において、“頂の座”ヘカテー役でもある。)

このシーンは、結構笑いました。――今後も、こう言った『お遊び』を期待してしまいます。

※例えば、夏コミ会場で、『本物のシャナ』が登場する、とか。
『ななついろ☆ドロップス』のユキちゃん(CV:美夏役・後藤麻衣さん)が登場するとか、そんな感じ。

ちなみに原作では、『キョウハクDog’s』(※)の登場人物(千代啓二・八咲せつな)が、夏コミ会場など・作品内で度々登場しています。(春香達と同じクラス。)
(※『乃木坂春香の秘密』のスピンオフ作品。原作イラストを描いている、しゃあさん原作。)

葉月さんの最初の目的地は、縫ぐるみ屋。春香曰く、『葉月さんは、縫ぐるみ好き』との事。
そして、大きなウサギの縫ぐるみが葉月さんの鞄に入っているのを発見。
「一緒に寝るのでしょうか?」と言う、春香の問い掛け。

葉月さんの意外な趣味を知り、縫ぐるみと戯れる葉月さんを想像した裕人。
『無表情で可愛がる』と言う、ちょっと有り得ない光景を想像してしまい、自分の想像を必死に打ち消す。

※ちなみに、葉月さんの『可愛いモノ好き』の一面は、結構微笑ましいです。
また、その際に見せる『意外な一面』は、葉月さんの印象を変えてしまうかも知れません。

「あれっ、裕人?」
葉月さんの尾行中に突然、信長の声が。春香のコスプレを見て、目聡く春香の顔を見ようとした瞬間…。

「あらぁ?あそこに居るのは、超人気美人声優の、植田佳奈さん?」
『うふふ。コンニチハー。』

那波さんの『植田佳奈さんの物真似』を訊いた瞬間、「植田さん、好きだっー!」と、何処かへ行ってしまった信長。――嗚呼、オタクの悲しき性よ…。

この信長のシーンは、アニメオリジナルです。
結構面白かったのですが、一つだけ不満があるとしたら、信長の扱いです。

以前も書きましたが、原作の信長は『規格外』です。タダのオタクではありません。
だから本来なら、去り際に「それじゃあ裕人、乃木坂さんにヨロシクね~。」位は言ってのける筈です。
――今後、信長の『規格外』さが観られる事を期待しています。

通行中に溜息をつく葉月さんを見て、恋煩いだと思い込んだ、美夏・那波さん。
本来の目的そっちのけで、何だか楽しそう。

葉月さんの次の目的地は、ショッピングビル。しかし、葉月さんが居たのはランジェリーショップ。

「む、無理…。俺、外で待ってる…。」
居た堪れなくなり、その場を逃げ出す裕人。

ビルを出た途端、少女とぶつかる裕人。
「――もうっ!どこ見てるの?」
何処かで聞いた事のある台詞。そして、尻餅をつく少女とパンツ――。

「「あっー!秋葉原のっ!!」」
――裕人、椎菜との2度目の邂逅。

前回と同じく、椎菜に「デートの途中?」と、からかわれる裕人。――気恥ずかしくて、必死に否定する。

こんな偶然が2度も続く事は、珍しい。椎菜は「何かあるのかもね?私達。」と、告げる。

「3回目があったら、奇蹟だねっ!」
去り際に、裕人に告げる椎菜。――椎菜と裕人。新たな出逢いの予感。

※裕人と椎菜の出逢いの軌跡は、原作と異なります。
(1度目・ロンドンのピアノコンサート会場。2度目・秋葉原。)

少しネタばれになりますが、1度目のロンドンのエピソードは、結構面白いです。
(ちなみに那波さんは、原作ではこのエピソードからの登場です。)
ただ、このエピソードを原作通りにやると、裕人と『ある人物』との第一次接近遭遇を描く必要があるので、仕方ないのかなぁ…と思います。
(でも、ドラマCDでも良いから、何らかの形でこのエピソードが再現されればいいなぁ…とも思います。)

「裕人さーん!」
一人でビルを出た裕人を心配で、迎えに来た春香。葉月さんの追跡は、那波さん達に任せる事にしたとの事。
「隠れて…。」
ビルから出てきたのは、葉月さん一人。裕人は、葉月さんに見付からない様に、春香の姿を隠す。
一方、葉月さん追跡を任された筈の那波さん達は…?
――下着の試着に夢中でした!

このシーンでの美夏の様子は、耳年増な美夏の性格を上手く表していたと思います。

それにしても、下着の試着って…直に身に付けるモノなのでしょうか?
水着の試着は、紙の下着の上から装着らしいので、下着も同様なのでしょうか…?
――どちらにせよ、男には理解出来ない『未知の世界』です。

葉月さんを追いかけて、歩道橋を渡る春香達。
こんな形でも葉月さんと一緒に外出できた事が嬉しい、春香。
裕人達がそんな話をしていると、突然、酔っ払った由香里さんが乱入。

「裕くぅ~ん。会いたかったぁ~!」
千鳥足で裕人に近付き、春香の姿を確認するや「裕くん、不純異性交遊?」と、とんでもない事を。

「先生も、交ぜてぇ?3Pしましょ。3P!」
――もう、本当にとんでもないです。色んな意味で…。

由香里さんを真っ直ぐ立たせ、その隙に春香の手を繋ぎ、逃げる裕人。
「あ~んっ!裕くんの馬鹿ぁ!いけず~!女ったらしぃ~!」
とことんグダグダな由香里さん…。この人、本当に教師でしょうか…?

※原作でも概ねこんな感じの由香里さんですが、極稀に良い事を言います。
また、こう見えて、教師としての能力は結構高いです。

「あのぅ…。3Pって、何の事でしょうか…?」
無垢な口調で、裕人に質問する春香。「――知らなくていい…。」と答える事しか出来ない裕人。

『葉月さんを見失った?』と慌てる、春香達。しかし、無事に喫茶店で発見。
春香は裕人に、葉月さんと一緒に喫茶店に行った時の事を話す。

紅茶を淹れるのが、とても上手い葉月さん。でも、更なる研鑚の為に、この喫茶店で研究している。
そんな一所懸命の葉月さんの事を、とても大切に想っている春香。――二人の絆の深さが窺える。

裕人と春香がいい感じになってると、「おいっ!」と、裕人を呼ぶ声。――ルコ登場。

今日は仕事でワインの試飲会があり、由香里さんが酔っていたのは、このイベントに参加していたから。
そんな話をしていると、春香に気付いたルコ。「ところで、君は誰だ?」

春香が恥ずかしがっていると、
「ああ、ナルホド。この娘が、由香里が言っていた『裕人が欲望と劣情に身を任せて、強引にモノにした』良家のお嬢様かぁ?」

メチャクチャな姉の言動に、困り果てる裕人。
「モノにした…?」春香の素朴な疑問に、「知らなくていい…。」と、答えるしかない裕人。

二人がクラスメイトだと知ると、春香を値踏みする様に見詰めルコ。
その視線から、身を挺して春香を護る裕人。

二人の様子を見て、その関係性を察したルコ。春香に頭を下げ、「コイツの事を頼む。」と、一言。
「乃木坂さんの様な子が付いていれば、私も安心だ。」と、春香を甚く気に入った様子。

ルコの颯爽とした姿に、憧れを抱く春香。「私も、あんな風になりたいなぁ…。」と、憧れを隠さない。
しかし、ルコの実情を知っている裕人は、それだけは勘弁して欲しいと思う。

ブライダルショップの前で、佇んでいる葉月さん。春香が注目していると、葉月さんの目の前に男性が。
その人と談笑する葉月さんを見て、呆然とする春香。
そこに、急にブライダルショップから出て来た店長が、春香達を呼び寄せ、二人はそのまま店内に。

訳の解らないまま、タキシードを着せられている裕人。やがて、ウエディングドレス姿の春香が登場。
――思わず息を飲む裕人。少し恥ずかしそうな春香。

しかし、その直後、本来の予約客が今しがた来たばかりだと、別の店員が報告に来る。
――結局、お店の勘違いだと判明。しかし、サービスで二人の記念写真を撮る事に。

思い切って、裕人の腕を取る春香。その大胆さに、気恥ずかしくなる裕人。
その瞬間が、カメラに無事に収められた――。

※恥ずかしがり屋の春香が裕人の手を取ったシーンは、春香の裕人を信頼する気持ちが伝わって来て、微笑ましかったです。
この写真が現実のモノになるのは、何時の日でしょうか?

裕人との『大切な想い出』になった、結婚写真。しかし、葉月さんの事を考えていた春香の表情は、何処か浮かない…。

乃木坂家に戻って来た春香と裕人。
春香は、葉月さんの悩みが『結婚』にあると思い、思い切って葉月さんに訊いてみる事に。
――しかし、葉月さんの反応は、春香の予想外だった。

「は…?」

何の事か、さっぱり解らない葉月さん。裕人達が状況説明をすると…。

「それは、もしかして…。私は、その上にある金物店に行っただけですが?」
そして、男性は店長で、葉月さんが常連なので出迎えてくれただけである事が判明。

早とちりを謝る、春香達。でも葉月さんには、その気持ちがとても嬉しい――。

感極まって、泣いてしまう春香。そんな春香を、優しく抱き留める葉月さん。
まるで、仲の良い姉妹の様な風景。――場に、優しい空気が流れる。

「たっだいまー!」「です~!」
目的を完全に忘れ、買い物に興じていた美夏と那波さん。その2人を、何となく冷ややかに見詰める春香達。

「ほほぅ…。葉月さんそっちのけで、買い物か…。」

裕人の詰問に、苦笑する美夏。誤魔化す様に「コレ、お姉ちゃんに。」と、春香へのお土産を見せる。

「み、美夏っ!」
慌てて、美夏が手にしたモノ(下着)を手に取る春香。しかし、その瞬間…春香の手から一枚の写真が零れ落ちる。

「コレは、何かなぁ?」「あらあら~♪」「み、美夏。返しなさいっ!」
春香と裕人の『結婚写真』が美夏の手に渡り、美夏の逆襲が始まる――。

「もうっ。二人だけで何してたのかと思ったら、やる事やってるんだもんねぇ~。――お義兄さん。
「あらあら。近い将来、私達は裕人様にもお仕えする事になるんですかねぇ…?」
「…おめでとうございます。」

「は、葉月さんまでっ!」
葉月さんにからかわれ、赤面する裕人。
「ここまでおいで~!」
「美夏~!返しなさ~いっ。コラ~!」

恐らく当分、この写真で美夏達にからかわれる事になった、裕人と春香。
二人の関係は、また少しだけ前進した様です。
                             
※すみませんっ!今回も、ギリギリ更新です…。
3日間、夏風邪を引いて少しグッタリしていました。――皆様も、体調管理にはお気をつけて。

今回は、本当に観ていて楽しかったです。
原作を読んでいた時の楽しさが、良い感じで再現されていました。

原作のアレンジも程良く出来ていて、次回の放送も本当に楽しみです!

次回から、本格的に椎菜が物語に絡んでくると思うのですが、それと同時に、澤村さんや朝比奈さんの登場にも期待してしまいます。

椎菜の登場で多分、裕人のモテっぷりに、クラスの男子が嫉妬の炎を燃やすと思います。
その辺のドタバタも見所の一つになると思います。

後は、信長がどれだけ面白くなるかにも、期待しています。

――ああっ!次回が本当に楽しみです!!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乃木坂春香の秘密 第4話。

『乃木坂春香の秘密』 今週のお話は、第4話 『変じゃないでしょうか…』。 ストーリー概要は…。 このところ、葉月の様子がどこかおかしい...

乃木坂春香の秘密 第4話「変じゃないでしょうか・・・?」

博士「自分の変態加減は自覚している!」 助手「威張って言う事かwww」

乃木坂春香の秘密 第4話「変じゃないでしょうか…?」

みんなで葉月さんを尾行するって話でした。

乃木坂春香の秘密 第4話「変じゃないでしょうか…?」

乃木坂春香の秘密 第4話「変じゃないでしょうか…?」 よろしければ押してやってください→  
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。