yukitaの想い出日誌 乃木坂春香の秘密・第2話『初めてなんです…』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

乃木坂春香の秘密・第2話『初めてなんです…』

お互いを名前で呼び合うようになった、春香と裕人。
今回の話は、『はじめてのお買い物』です。

今回、椎菜が早速登場しました。
原作とは少し違うタイミング。椎菜が物語に絡んでくるのは、原作より早くなりそうです。
登校時に、携帯で『ドジッ娘アキちゃん』のサイトを検索する裕人。

原作では春香との交流を通じて、少しずつアキバ系に詳しくなっていくのですが、アニメではより積極的に、春香の趣味に近付く努力をしている様です。

それにしても、『ドジッ娘アキちゃん』のサイトを覗いているとは言え、裕人に無防備に近付く春香は、本当に可愛いですね。

裕人と春香の様子は、傍目から見れば恋人同士。
二人の背後で瘴気を発する、星屑親衛隊(インペリアルガード)の面々。
裕人を捕まえようとする様は、宛らゾンビか津波です。(ちょっと、怖いです。色んな意味で。)

追いすがる『星屑親衛隊』を撒いた、春香と裕人。
春香は、裕人が日曜日に予定が無い事を知ると…。

「私と、付き合って頂けませんか?」

この一言で、色々と妄想してしまう裕人。『もしかして、デート?』と、パニックに。
その様子を見て、大慌ての春香。――本当に、この二人は初々しくて、良いですね。

原作を読んでいる時も思いましたが、この二人の初々しさと言うか、傍目から見て赤面する様な遣り取りが、本当に心地良いです。

春香が裕人と一緒に行きたい場所は、秋葉原。でも、それは裕人のトラウマの場所。
以前、信長と秋葉原に行った時に散々な目に遭った所為か、出来れば二度と行きたくない裕人。

それでも、春香との『はじめてのお買い物』の魅力には抗しきれず、秋葉原に向かう裕人。
駅前で待ち合わせをしていると、そこには私服姿の春香が。

その姿は、道行く誰よりも輝いていて、裕人はドキドキしてしまう――。

春香は裕人に、『お買い物のしおり』を進呈。その地図及びイラストは、壊滅的に下手だった…。
そのイラストを見て、「春香にも、苦手なものがあったんだな…。」と、しみじみ思う裕人。

原作を読んでいる時も思ったのですが、春香は『絵が下手』なのではなく、『イラストが下手』なのではないでしょうか?
僕は絵には詳しくないのですが、『絵を描く才能(と技術)』と『イラストの才能』は別物だと思います。

※写実的な絵を描ける人が、必ずしも可愛い(格好良い)イラストを描けるとは限らない。
(優れたイラストレーターが、必ずしも傑作の漫画を描ける訳では無い事と同様。)

今回、春香が秋葉原に来た最大の目的は、『PDS(ポータブル・ドリームステーション)』と言う携帯ゲームを買う為。
でも春香は、『楽しい事は最後に』の性格の様子。最初に目的を終えてしまうと、そこで終了になるので、先ずは色々と回る事に。

『とらのあな』に行き、裕人に同人誌の説明をする春香。しかし、春香が手にしたのは『18禁のBLモノ』。
頬を赤らめ、パニックになる春香。(それにしても『キモイ愛さっ!』って、元ネタは何なのでしょうか?)

そして、『アニメイト』に立ち寄る春香達。しかし予算の事もあり、買い物をせず商品を見ているだけの春香。

春香がアキバ系になったのは、子供の頃に落ち込んでいた時、とある少年に『イノセントスマイル』の創刊号を貰ったのがキッカケ。

そんな話をしていると、「おーいっ!」と裕人を呼ぶ声。声の主が信長と解り、咄嗟に春香を隠す裕人。
何とか信長を遣り過ごした裕人。しかし、春香が居なくなっていた…。

春香を探す裕人。しかし、前方を歩いていた椎菜に激突。尻餅を付く椎菜。

このシーンは、原作では椎菜と『2度目の遭遇』時のエピソードをアレンジしたモノです。
と言う事は…。『はじめての遭遇』の際のイベントは、アニメではカットされるのでしょうか?
(詳しくはネタばれなので、内緒です。)

椎菜に、春香らしき少女を見かけた事を訊き、現場に向かう裕人。そこには、春香を囲む4人の大男。
(何か…身長が平均2m程あるのですが…。)
一瞬怯むものの、男達を掻き分け、春香の盾になる裕人。しかし…。

その正体は、ロシア人観光客。(EDの『ロシア語指導』の文字で判明。)春香は、彼等の道案内をしていた様子。
春香がスゴイ事は当然ですが、あのロシア人達の図体は、尋常じゃありません。彼等の職業が気になります。
それと、裕人の勇気にも感心です。こう言う所が、裕人のカッコイイ所です。
そして多分、この事態に陥った際、『星屑親衛隊』の面々は何も出来ないと思います。

次の目的地は、 『ガチャポン会館』。――文字通り、ガチャポンの専門店です。
そして…。春香は、コレに見事にハマってしまいます。

目的のフィギュアが出るまで、ひたすらガチャポンにお金をつぎ込む春香。
その姿は、流石のオタク達も閉口する程。(でも結局、思っていた品は当てられなかった様子。)

気を取り直して向かった先は、『@home cofe』(メイド喫茶)。
裕人は、店員が『ご主人様・お嬢様』と二人を呼ぶ事を不審に思い、建物を確認。

メイド喫茶と知り、気疲れした裕人。しかし、戻って来た春香のメイドコスプレ姿と共に、記念写真。
春香との大切な想い出がまた一つ出来て、嬉しい様子。

そして、遂に『最終目的地』に。――しかし、商品は午前中に売り切れ。
気が抜けて、その場にへたり込む春香。裕人は春香を『お姫様抱っこ』にし、その場を立ち去る。

気が付いた春香は、「『ダメッ娘メグちゃん』より、ダメダメです…。」と落ち込む。
それは、目的の品が買えなかった事よりも、裕人に迷惑が掛かった事が申し訳無いから。

裕人に迷惑を掛けた事を、涙ながらに詫びる春香。しかし裕人は、「楽しかった。」と、一言。
春香と一緒に居られた事が楽しかったし、何よりも『二人だけの秘密』が、また一つ出来た。
――二人で一緒に撮った写真を、春香に見せる裕人。

裕人の言葉が嬉しくて、感涙する春香。そして、移動しようとした瞬間…。――ゴチンっ!
看板に顔をぶつける春香。思わず笑いそうになる裕人。必死で堪えるも、堪え切れない。

「ひ、ヒドイです…。人の不幸を笑うなんて…!」

裕人をポカポカ殴る、春香。全然力の篭っていないパンチは、春香の可愛らしさを強調するモノでしかありません。――うん!やっぱり可愛いです!!

裕人に笑われて、少し拗ねている春香。
『笑ったお詫びに』と、最後に一回だけガチャポンを奢る事にした裕人。そして…。

『ドジッ娘アキちゃん・決めポーズ』が当たり、大喜びの春香。

「これ、宝物にしますね。」
このポーズが、凄く気に入っているんです、と春香。

「それに、裕人さんが買ってくれた物です。それだけで、私にとっては大事な大事な宝物です!」

嬉しいやら恥ずかしいやらで、顔を紅潮させる裕人。また春香と一緒に、秋葉原に行く事を約束する。

こうして、『はじめてのお買い物』を無事に終えた春香と裕人。
次に秋葉原に行く時は、どんな『秘密』を作るのでしょうか?

※今回も、ギリギリ更新です。すみません。
ちょっと夏バテでグッタリしていて、中々完成出来ませんでした。

後は、『原作との差異』がまだ気になっていたのが原因です。
この辺は、次回以降から気にならなくなる気がします。

さあ、もうすぐ第3回の放送です。
いつもなら仮眠してから観るのですが、今回はこのまま起きていようと思います。

では、また次回。今度は、少しノリの違った感想を書いてみたいです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乃木坂春香の秘密 第2話。

『乃木坂春香の秘密』 今週のお話は、第2話 『初めてなんです…』。 ストーリー概要は…。 春香が実はアキバ系でおドジな少女だと知った裕...

乃木坂春香の秘密 第2話「初めてなんです…」

裕人、春香のショッピングに付き合うって話でした。

乃木坂春香の秘密 第2話「初めてなんです…」

乃木坂春香の秘密 第2話「初めてなんです…」 よろしければ押してやってください→  
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。