yukitaの想い出日誌 sola・3話『オダヤカナヒ』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

sola・3話『オダヤカナヒ』

『3話の感想は、すぐ書けると思います。』なんていいつつ、早や8日・・・。
もう5話が放送されました。(未見です。)いいのか?こんなので・・・。
こうなったら強引に、4話までの感想を書くしかない!(でも1話ずづ更新します。)

こんばんは、yukitaです。
今回の内容は、新婚カップルと思ったら、実は本妻がいてサア大変みたいな話です。
(本当は大幅に違いますが、依人の様子がそんな感じだったので。)
今回の登場人物(物語の内容とは、若干(かなり)異なります。)
森宮依人:浮気がばれそうな男。(嘘を吐くのは下手。)
空に魅せられた少年。(空の写真を撮る為なら、学校をサボる。)
何の力も無いのに、茉莉を護ろうとする心優しい面も。
特技:センスの無い人形を見つける。   
石月真名:依人の本妻。幼馴染。
得体の知れない茉莉の正体を訊かず、協力を申し出る度量の深さも。
得意料理:肉じゃが。魚の煮付け。(和食が得意の様子。)
チャームポイント:魚模様の髪止め。
最近告白された時期:小学4年生。(現在高校1年生。)
四方茉莉:年上のお姉さん。依人の浮気相手。
座右の銘:『機械は蹴って直す』
好物:トマトしるこ
正体は『夜禍人(やかびと)』と呼ばれる不老不死の存在。
森宮蒼乃:依人の姉。寂しがり屋。(入院中。)人形を探している。(理由は不明。)
多分、能力者。
石月こより:真名の妹。しっかり者。(入院中。)
辻堂剛史:『子連れ』と言われショックを受けている、髭面のメガネ君。
職業:元№1ホスト退魔師?
決め台詞:『私は、魔物を討つ者だから・・・。』(ごめんなさい、嘘です。)
神河繭子:ビスクドール風の少女(に見えるけど多分違う)。
夫(または恋人)・剛史の甲斐性の無さに嘆く。得意技は『言葉責め』。多分ドS。
佐倉紗絵:依人・真名の同級生。真名のバイト(ファミレス)仲間のメガネさん。髭マニア。
おじ様好き。剛史と繭子を見ただけで『身寄りの無い子を引き取った』という設定を妄想している事から、結構オタクっぽい娘と想像出来る。多分同人誌を作ったり、BL(ボーイズラブ)小説とか読んでいそう。
と、無茶なプロフィールを作ってみました。
内容としては、真名が依人を心配しているのに、依人は茉莉の事ばかり気になり、うわの空。
その態度を真名に追及される依人の姿が、面白かったです。『依人、初めての浮気』みたいで。
【依人の怪しい素行の数々】
・1週間ぶりに登校する依人を迎えに来た真名から、必死に茉莉の姿を隠そうとする。
・蒼乃のお見舞いに来たのに、「じゃあ。」と言ってすぐに帰る。(蒼乃はふて寝してしまう。)
その態度を訝しむ真名に、「へ、変じゃないよ。」と解り易い言い訳。
真名のさらなる追求をかわそうとして
「(隠し事が)あったとしても、真名に勘繰られる謂れは無い。つうか、無い!」
と、『どう考えても嘘を吐いている、隠し事をしている』態度を見せ、更に怪しまれる。
・普段は開けている家の鍵を閉めている事を、夕飯を作りに来た真名に追求される。
・夕飯を食べていないのに「もう食べた。」と言い、直後に腹の虫が鳴る。
・茉莉の買ってきた大量の『アボカドラーメン』(不味い)が有るから、夕飯は要らないと言う。
・真名が肉じゃがを作ろうとしたら、調味料が全て無くなっていた。(茉莉が全て零した。)
依人に買いに行く様に頼んでいるのに「そのままで良いよ。」と言う。
(それでは、只の茹で野菜。)

その後、真名に駅前のコンビニに買い物に行かされた依人。その直後、真名はつまみ食いをしている茉莉と遭遇。この瞬間が、一番面白かったです。『依人の浮気がばれた瞬間』みたいで。

修羅場が始まると思ったら、二人でお茶。更に帰宅した依人と三人で食事、と予想外の展開。
「茉莉さん。本当はあなた、依人の何なんですか?」と詰問する真名に、
「あ~~~。そう言えば、何だっけ?」と、返す茉莉。
その後の依人と茉莉の遣り取りを見て、何かを感じ取った真名は、
「ね、依人。私、そんなに信用できない?」と切り出します。それでも誤魔化そうとする依人。
でもやがて、「姉さんに、心配掛けたくなかったんだ・・・。」という依人の声を聞くと
「OK。もう素性の事は訊かないわ。」
と真名。訳ありなのは二人の態度で解ったから、と協力を申し出る。
そして「よろしくね。茉莉さん。」と、茉莉に握手を求める。その手をじっと見つめる茉莉。
恐らく『夜禍人』として追われるばかりの彼女は、他人から握手を求められるなんて無かったのでしょう。だから、真名の見返りの求めない好意に感激したのだと思います。そして・・・。
「合格だ。」と、茉莉。これなら頼りない依人を任せられる、と。
そして恋人の時間を邪魔したら悪いから、と二階へ行った茉莉。少し甘酸っぱい時間が流れ、
「もっと茉莉さんと話してくる。」と、二階へ向かった真名。
予想外の事態が続き、どっと疲れが出た依人。ぐったりしていると其処に真名が。
茉莉が二階の窓から出て行った事を告げているのに『いつもの事』と、呑気な依人。
『合格。これなら、頼りない依人を任せられるわ。』
茉莉のことばを思い出し、彼女が帰るつもりが無いと勘付いた真名。依人を促し玄関へ向かう。
其処には、唐草模様の風呂敷に自分の荷物を抱えた茉莉の姿が。驚く二人。
「何、これからデート?」
何故か依人達を恋人同士と思っている、茉莉。
「まっさかぁ!」と否定しあう二人。でも、満更でもなさそうな真名。

翌日。遅刻せずに来た依人に、『珍しい』と感想を述べる紗絵。
依人は真名を見つけ、「よっ!」と挨拶。
同じ言葉を返す、真名。
秘密を共有した二人に流れる、親密な空気。それを見て不満を述べる紗絵。

奇妙な三角関係(と言うより、茉莉と真名の奇妙な友情)を結んだ、依人達。
これから、どう展開していくか楽しみです。
・・・と同時に、4話の感想をすぐに書き5話を見ないと、すぐに6話に。何とかしなくては。
では、また数日中に。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:sola/#3「オダヤカナヒ」

品質評価 14 / 萌え評価 46 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 5 / お色気評価 56 / 総合評価 22レビュー数 101 件 #3「オダヤカナヒ」のレビューです。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。