yukitaの想い出日誌 ドルアーガの塔・第12話『YOU ZAPPED TO…』雑感編。(⇒ほぼ、決定稿に。)
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ドルアーガの塔・第12話『YOU ZAPPED TO…』雑感編。(⇒ほぼ、決定稿に。)

※サブタイトルは、BS版最終回の録画予約をした際に、表記されたものを参照しています。

『ドルアーガの塔・最終回が、3時間後(サンTV)に放送するので、取り敢えず』と言う表題で、当初書き進めていたのですが…。
寝ちゃいましたあぁ~!!(泣)

ちょっと、始まる前にTVのチャンネル合わせをして、最終回に備えようとして居間に行ったのですが…。
気付いたら番組が終わっていたばかりか、PCの調子までおかしくなる始末。
「あかんわ、これ。記事も消えてもうたやろうなぁ…。」と、落ち込みました。

でも最近、『FC2ブログ』に『自動下書き保存機能』が実装されたお陰で、下書きが残っていました。
今となっては妄想に過ぎないのですが、折角なので『最終回予想』を完成させます。
その後、『最終回の雑感』を書きます。

5話以降の感想は、随時完成させます。(現在、5.6話の感想を同時進行中。)
取り敢えず…。祝・第2期決定!!

ドルアーガを倒した後、ブルー・クリスタルロッドで願いを叶えるのは、ジルだと思います。

その願いは…。
『ドルアーガの塔に挑んだ全ての登頂者が、争いの無い世界で幸せに暮らす』

願いの対象を『全ての登頂者』にすれば、ドルアーガ戦で命を落としたアーメイや、『天空の宮』に辿り着く前に戦死した登頂者も、生き返る可能性があります。

また、『幸せに暮らす』と願えば、登頂者の大抵の願いは叶います。
そして、『争いの無い世界』と言うのは…OPの風景です。

このOPの風景が、遠い未来なのかパラレルワールドなのかは解りません。
でも、このシーンが『ジルが、願いを叶えた後の世界』なのだと思います。

ジルが家から飛び出し、ジルのトーストをファティナが横取りした後、その様子を、ランニング中のアーメイが振り返り、見つめています。
これは、ジル達に声を掛けようとしていたのではないでしょうか。

ジルが願いを叶え、平和な世界でアーメイは生きていて、ジル達の記憶が何となくある。
そして、ジル達の関係性を保ったまま『役割が変わった世界』が、OPの世界だと思います。

ジル達が電車に乗りこんだ後、街にドルアーガが出現していました。
これはOPの世界も、ジル達が生きる世界と繋がっている証拠だと思います。

そして、役割を思い出したジル達が、再度ドルアーガ討伐の為に、塔に登る。
EDの最後で、ジルとカーヤが仲間達と合流したのは、これから登頂する為なのだと思います。

まぁ、こんな妄想を書いていた訳ですが…。当然、大ハズレです。

だって、ブルー・クリスタルロッドは、ギルガメス王が持っていたんですからっ!!

まさかギルガメス王が、事件の黒幕だったなんて!
いや、それ以上に驚きなのは…。
100歳位の爺さんが、自分の事を『僕』って言っている事です!!

それはさて置き。

ジル達とドルアーガの最終決戦は、手に汗を握りました!
もう、めっちゃカッコ良かったです!!

最初はあんなに頼りなかったジルが、生き残った仲間を護りつつ、ドルアーガに立ち向かう。
この爽快感!これが堪りませんっ!!

そして、ジルと同様に情けなかったメルトの隠し玉・『零番ロッド』。
その威力は、『虚無の矢』と同等以上の代物。――もしかして、これも『虚無の矢』?

カーヤは別として、登頂時は素人だったジルとメルト(と、ク―パ)の成長が目覚しかったです。

他の登頂者達の事も少し。

ケルブ:登頂者を『コソ泥』呼ばわりしていた事を謝罪。ジルの成長が、アーメイの仕込みの賜物だと認識。
そして、エタナの恋心に『素』で気付いていない『天然』だった。(エタナ、可哀想過ぎ。)

ウトゥ:最終決戦前に、ファティナを呼び出す。『告白か?』と、思いきや…「なぁ、怖い話しようぜ!」。
――ああ、これこそがウトゥ!そんな彼に、幸あれ!

クーパ:「来世でも、お仕えするつもりでございます。」
「このク―パめが居ないと、旦那様は何にも出来ない、ダメ男でございますから。」
もしかして、ベストカップル誕生?――もう、あんた等…結婚しなよ。

ファティナ:カーヤに、「アイツと付き合ってるの?」と訊く。そして、「私、隠し事の多い女って、嫌いなのよね。」これは、『素直になりなさい』という助言かと思いきや…。
「ホント。どうして、好きになれないんだろう…」と、一人ごちる。――ジルの事が、好きになった?

カーヤ:「もし、この先…片道切符だったとして。もう二度と戻れないとして…。――やっぱり、無理っ!」
ファティナに諭されて、隠していた本心をジルに告げるカーヤ。

結局、最後まで本心を完全にはジルに明かさなかったのですが、この一言は、カーヤの全てを語っている気がします。

『この先』が片道切符と言う事は、ドルアーガを倒した先にこそ、カーヤの『真の目的』があり、そしてカーヤは二度と地上に戻れない事を示唆しているのだと思います。

そして、「もう無理っ!」という言葉は、二度と帰れないからこそ、最後にジルが好きだと言う事だけは伝えたかった、カーヤの切ない気持ちなのだと思います。

話を元に戻します。

ドルアーガとの決戦は、たった11人の無謀な挑戦。
でもジル達は、地形を利用し力を合わせてドルアーガに立ち向かう。

「凄い力…。まるで、イシターに選ばれた者達ね。」
「いいえ。選んだのは、彼等自身。彼等はそう…只の登頂者よ。」


サキュバスの呟きに対し、キッパリと答えるカイ。
「ギルも只の、恋する男の子だったから…」

カイとサキュバスの見解の相違は、彼女達の出自にあると思います。

カイは、現在はともかく元は人間です。だから、ジル達の行動原理が理解出来ます。
でもサキュバスは、『システムに組み込まれた存在』です。言うなれば、プログラムです。

彼女の役割は、サキュバスの封印を解いた者(ニーバ)を、塔の最上階に押し上げる事です。
一見、勝手気侭に振る舞う彼女ですが、この役割からは逃れる事が出来ない様です。

そして、それはドルアーガにも当て嵌まる事が、後に判明します。

ドルアーガとの決戦前、ファティナに諭された為か、ジルに告白したカーヤ。そして、口付けを交わす二人。
この瞬間からカーヤは、ジルの事を『ジルさん』では無く、『ジル』と呼ぶ事に。

『ただ一枚の盾』として、死地に向かうジル。それを必死に止めようとするカーヤ。
この時のカーヤは、使命に囚われる事の無い、『只の恋する少女』です。

多分この時のカーヤが、『本当のカーヤ』なのだと思います。

皆を護る為に、ドルアーガの立ち向かうジル。しかし遂に捕えられ、ドルアーガに握り潰されそうに。
それを救ったのは、ニーバの『虚無の矢』。

「これで貸し借り無しだぞ、ジル。」
ニーバの攻撃は、ドルアーガの身体を大幅に削り、ジルは危機を脱する。
そして、そのままドルアーガの背を駆け上る。

ジルとアーメイの絆を繋ぐ様に、ドルアーガの首元に刺さっていた、アーメイの槍。
ジルは、いつもアーメイがやっていた様に、槍のギミックを作動させる。

槍先が回転し、ドルアーガの首が両断され…。ドルアーガ、完全撃破!
「うおおおぉー!!」
アーメイの槍を頭上に掲げ、雄叫びを上げるジル。
粒子と化したドルアーガが消滅すると、そこには『宝玉』が。

ふらつく足取りで、宝玉に向かうジル。思い浮かべるのは、元気なアーメイの姿。

「ブルー・クリスタルロッド…。ホントに、あったんだ…。もし、願いが叶うなら…。」
「アーメイ。このロッドの力があれば…。」

あと一歩で、ロッドに手が届く――。その瞬間、ジルの背中に痺れ矢が。

突然ニーバが現れ、『宝玉』を奪い取り、高らかに宣言する。
「これは、本当のブルー・クリスタルロッドなんかじゃない。」

ロッドを掲げるニーバ。すると、頭上に『幻の塔』が。
この『幻の塔』の最上階こそ、真の目的が眠る場所で、ロッドは塔の扉を開く鍵。
そして、ドルアーガは鍵の守護者に過ぎなかった。

驚愕の事実。そして、ニーバの裏切りを知ったファティナは、ニーバに詰問。

自分達の目的は、財宝。
旅は、もうすぐ終わる。
旅を終えたら、カリーの故郷の村の援助をする。

これが真実である筈だった。しかしニーバは、冷淡に言い放つ。
「そうでも言わなければ、お前が働きそうに無かったからな…。」
「ニーバっ、手前ぇ!」
殴りかかるウトゥの足を射貫く、ニーバ。そして、それでも動こうとするウトゥの腕を、さらに射る。

服従するなら仲間として扱うが、邪魔をするなら消す――。

仲間を裏切ってまで願いを叶えようとするニーバに、ジルは怒りを顕にする。
しかし、『お前の仲間にも、裏切り者が居る』と、カーヤの名を呼ぶニーバ。

「ありがとう…。ここから先は、もういいです…。」

ずっと仲間だと思っていたのに。気持ちが通じ合えたと思っていたのに…。
カーヤの突然の変心を信じられないジルは、何度もカーヤに呼び掛ける。

しかし、カーヤは二度と振り向かない。そして…。

「さようなら…。生きてっ!」
涙を零し、静かに叫ぶカーヤ。その直後、ジル達の頭上に…大きな氷塊が!
塔の崩壊と共に発生した鉄砲水に、飲み込まれるジル達。

その様子を見届け、カーヤの手を取るニーバ。
二人の行く先は、栄光への道か?死出の旅路か?

崩壊する塔の中、パズズの持って来た『決戦兵器』から、四つの人影が。
その中の一人・ツインテール少女(?)の『マイト・ザ・フール』(※)が、意味深長な一言を。
※EDテロップの登場人物と出演声優を照らし合わせて、参照しました。間違っているかも。

「パズズか…。貴様、こんなモノ…。何のつもりで…。」

この少女は、パズズと面識がある様です。

パズズは死んだ筈ですが、彼女の口調は、傍に居る人物に対して語り掛ける様です。
もしかするとパズズも、サキュバスと同様・『システムに組み込まれた存在』なのでしょうか?

この少女の口調から推測すると、パズズは彼女達の下僕(少なくとも部下)なのでしょう。
もし、パズズが生きていたら…。

『ツインテール少女に扱き使われる、オッサンの図』
が、観られるかも知れません。――いやぁ、それはそれで…是非、観てみたいですっ!

湖面に浮かぶ、『ナナメ柄のハンカチ』。それは、アーメイの所持品。
それに隠れる様に、6話の最後に仲間になったネズミが顔を出す。

とても切ないシーンですが、このネズミは一体、何なのでしょうか?
『世話になったお礼』として、ジル達に貰われたのですから、何らかの能力があるのではないでしょうか?

もしかしたら…このネズミには、人の意識や魂を宿らせる力があるとか?
そして…このネズミが、第2期ではアーメイの代わりを果たす??
(或いは、このネズミをアーメイが可愛がっていて、アーメイを偲ばせる役割を果たす…とか???)

鉄砲水から何とか逃れたジルは、ファティナを横抱きにし、湖面に姿を見せる。
しかし、他の仲間達の姿は、どこにも見つからない。

景色を見渡すジル。そこは…メスキア市だった!
カーヤの名を叫ぶジル。しかし、その声は届かない。

「もう一度っ!」
『幻の塔』を見据えるジル。その面持ちは、『英雄願望の少年』から『精悍な戦士』に。

ジル達の本当の冒険は、ここから始まる。その行く手には、何が待っているのだろうか?
さて、ようやく12話の感想が書けました。
当初は雑感のつもりだったのですが、勢いに任せた結果、『ほぼ完成稿』に。
――これは僕にとって、嬉しい誤算でした。

普段はアレコレと悩んだ挙句、次回の放送ギリギリや周回遅れが常なのに。
今回はもう、『勢いに任せて、書いてしまおう!』と言う感じでした。

反面、その所為で非常に読み難かったかも知れません。(普段も、そうですけど…。)済みませんでした。
でも…書いていて、すごく楽しかったです。

第2期の放送は、来年との事。少なくとも、半年後。長ければ、一年先です。(最長で、来年9月から放送。)
でも、待ちますっ!だって、この作品…めっちゃ面白いですから!!

この楽しさを再び提供してくれるのなら、一年ぐらい喜んで待ちます。
でも、何のリアクションも無いと寂しいので、定期的にドラマCD等の展開を期待したいです。
(出来れば、『裏2話』などの番外編アニメを激しく希望。OVAでも可。)

『コンプティーク』7月号から、コミック版が連載されています。
第2期までは、まずこの作品を楽しみたいと思います。

では今回は、ここまでにします。
まだ書けていない5話以降の感想も、随時更新します。
勢い任せの文体になると思いますが、読んで頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第12話(最終話)

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第12話(最終話)  ドルアーガを倒すには、ファティナやケルブらと力を合わせる必要があると察したジルは...

ドルアーガの塔 第12話「~the Aegis of URUK~」

 …………………………。  ………………お。  終ってねぇぇぇぇぇ!!!!!  Aパートでの、ちょっと三文芝居っぽい(ゴメ...

【最終話】ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話「~the Aegis of URUK~」

ラストでまさかのどんでん返し。カーヤではなく、ジルとファティナのカップルが誕生! 今ではファティナのほうが好きなキャラなので、この展開は全然ありだな・・・・・・てかそう言うことは、とりあえずどうでもいいかw 

ドルアーガの塔 第12話 「the Aegis of URUK」 

ジルは生き残ったメンバーを率いてドルアーガとの最終決戦を挑み・・・ 全員を鼓舞するジル。序盤にもこんなシーンがあったけど今はその頃の...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話「the Aegis of URUK」

勝利を待つ裏切り。

(アニメ感想) ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話 「the Aegis of URUK」 

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ドルアーガを倒すには、ファティナやケルブらと力を合わせる必要があると察したジルは、面々を前に塔の地形をうまく利用した作戦を説明していく。僅かな勝機を作り出す為、ガーディアンとしての本懐でもある囮役を買って出る...

ドルアーガの塔 第12話 最終回 感想

 ドルアーガの塔   第12話 YOU ZAPPED TO…  マジかよこの終わり方・・・。  そして次章へ    -キャスト-  ジル:KENN  カーヤ...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話「the Aegis of URUK」

むかしの性質の悪いRPGですかぁぁ!!?(爆) ラストのあっけに取られるどんでん返しに目が点でした(^^; まぁ1クールじゃ終わらな...

ドルアーガの塔~最終回

ドルアーガの塔ですが、邪神ドルアーガとの最終決戦を迎えます。ジルパーティーとニーバパーティーの生き残り、親衛隊という混成部隊が協力することになりますが、ジルが自ら囮役を買って出ます。かなりたくましくなったジルを見て、ケルブが「アーメイの仕込みがよかった...

まさかの魔界村システム登場!!Bパートは黒すぎる展開満載でした!! ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第12話『YOU ZAPPED TO …』

 まず、最終輪を見終えた感想を一言で表すと……。  これはドルアーガの塔ではなくて、魔界村じゃー!!!!  あのラストだけに限れば、ゴンゾ...

ドルアーガの塔第12話「最終回」

 打倒ドルアーガを目指し、別々に戦った登頂者達。しかし積極的に挑んだアーメイが、弱点を 見抜いたが、背後から一突きされてしまった。最期の願いである、亡き婚約者に対するプロポーズの返答をして、その若い命を散らせた。結果アーメイの死は、残された登頂者達に絶...

(感想) アニメ 『ドルアーガの塔』 《最終回》

ドルアーガの障壁は一度だけ消すことができる。 なので、地形を利用した作戦を考えるジル{/roket/} チャンスは1度だけ{/kaminari/} さらにジルは自分から囮となることをかってでる{/kaeru_shock2/} ニーバはサキュバスと一緒にいた。 サキュバスはもともとドルアーガの地...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話(最終回)

最終回はドルアーガを倒したと思ったらまた別の塔が現れるという話。 最後の最後でまさかの展開、折角倒したと思ったら実は中ボスでしたって(笑)。 とはいえジルは格好良かったですしアーメイが残していた武器を使う展開が熱すぎましたし大満足ですよ。 書こう書こ...

ドルアーガの塔

第12話 二期………… ぜんぜん謎解きする気配が感じられなかったので少しだけ、(ほんと、少しだけ) 安心しました。問題だしっぱなしーぃ★ で終わってしまうものが本当に多いですよね……もうそんなもんだろうって感覚麻痺ですが……あっと驚きたいんですよ……(訴...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

今回、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてください。


今期放送中の幾つかのアニメが最終回を迎えますが、それらの作品に限りブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51042191.html


宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

微力ではありますが…。

ピッコロさん、コメントありがとうございます。

ご提案の件ですが、微力ながら協力したいと思います。
初の試みなので自信はありませんが、やってみようと思います。
プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。