yukitaの想い出日誌 らき☆すた・4話『やる気の問題』
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

らき☆すた・4話『やる気の問題』

こんばんは、yukitaです。

『らっきー☆ちゃんねる』では『本編』や『中の人』等、この作品が『劇中劇』であることを仄めかす描写があります。僕は『この作品はドキュメンタリーだ』と思っていました。
白石みのる君が、みゆきを熱く語る姿(3話)は、『憧れのクラスメート』に対する発言と感じました。
『涼宮ハルヒの憂鬱』のCMでハルヒが、
『私達SOS団の活躍を記録したDVDが発売される事が、決定したわ!』と言っていた様に、この作品にも『記録係』が居るのでは?と、考えていました。

でも僕は、一つの可能性に気付きました。
ヒントは『カガミンの新たな魅力』が何か、明かされなかった事。そしてもう一つ。
この作品が『美水かがみ劇場』である、と言う事です。


『美水かがみ』と『柊かがみ』二人の共通項は、名前が同じです。
かがみと言う名前は珍しいし、これは只の偶然では無いと思います。
結論から言います。この作品は柊かがみの回顧録です。つまり『柊かがみ=美水かがみ』です。
この作品が事実に基づくフィクションと考えると、『らっきー☆ちゃんねる』の存在意義が
説明出来る気がします。

『らき☆すた』は、かがみの高校生時代の思い出を元にした作品で、アニメ化に際し、
元・同級生の『白石みのる君』が声優になっているのを知り、本人役として出演依頼をした。
そして、楽屋ネタとして『らっきー☆ちゃんねる』を作ったのではないでしょうか?
3話で、みのる君がみゆきの事を熱く語ったのは、同級生の高良みゆきさん本人の事だと思います。
では何故あきら様は、みのる君に対して不満を表明したのでしょうか?
僕はあきら様は、『かがみの分身』だと思います。
つまり「みゆきの事ばかりじゃなく、私の事も言いなさいよ!」と言う、かがみの抗議だったのではないでしょうか?

『らっきー☆ちゃんねる』の現場には、みのる君・かがみ・あきら様役の声優(今野宏美さん)が居て、普段はラジオ番組風に進行していて『ここぞ!』という時に、かがみが即興で台詞を渡す、
というスタイルを取っているのだと思います。
3話でみのる君が、みゆきの事ばかり語るのに腹を立て、『私の事も褒めなさい!』という想いを
あきら様に手渡して、その気持ちをあきら様が代弁したのだと思います。

4話で髪型の話題に触れた時、やさぐれたあきら様に「それは、中の人の事ですよ。」と、みのる君が言ったのは文字通り、中の人(今野宏美さん)の事を指しているのだと思います。
つまり『らっきー☆ちゃんねる』は、今野宏美さんが、
『白石みのる君(本人役で、本人が出演)をあきら様中の人を使い分け、からかっている』と言う構成の番組なのだと思います。(かがみは、原作者・構成作家として参加している)

今回『カガミンの新しい魅力』について語られなったのは、
自分の事をあからさまに褒められないからかなぁ、と思いました。

・・・と此処まで書きましたが、実は自分でも良く解っていません。でも『本編』が、こなた達の日常を描いていて、それは実感をもった描写に見えました。
その反面『らっきー☆ちゃんねる』は、フィクションとして描かれています。
その理由を考えて、『2つの世界が繋がっているのでは?』と思いつきました。

そして『ちびまる子ちゃん』を思い出しました。
この作品は、作者と同一人物が主人公で、作者の過去を基にした物語です。
(アニメの脚本も自分で書いているそうです。)
そして『らき☆すた』の作者と、かがみが同じ名前な事に気付き『もしや』と思い、考えてみました。
(でも次回の放送を観たら、また意見が変わるのかなぁ?と、思ったりします。)
本編です。
今回もこなたを通じ、新たな関係が見えて来ました。

こなたと黒井先生は、ネットゲームでパーティを組んでいる様です。
そして二人とも、Kanonを知っている。二人がKanonを語り出したら、どれ位濃いのでしょうか?

夏風邪をひいた、こなた。でも5月病で休もうとした前科の為、信じて貰えず登校する羽目に。
翌日、『のどが痛い』と言うこなたに「じゃあ、こなちゃんは、のどで息するんだね?」とつかさ。
此処からつかさの、独自理論が。
【つかさの語る風邪をひく原因】
のど風邪は、のどにウイルスが入って起こる。
鼻かぜは、鼻にウイルスが入って起こる。
のどで息をする人は、のど風邪に、鼻で息をする人は、鼻かぜをひく。

その理論に、さすがのこなたも「みゆきさんに振った方が良いかな。」とツッコミ。
つかさ・かがみの誕生会。
みゆきは、二人の為を考えて『イヤリング』。こなたは自分の趣味丸出し。
かがみに『団長腕章』を。つかさに『トゥハー』の衣装。

かがみ、誕生日ケーキが4等分出来ない。それを見て「カガミンじゃ、萌えないなぁ」と、こなた。
でも、ケーキを食べる姿に萌えたのか、それを見て
「カガミンの魅力にまた一つ、気付いただけだゾ」と、こなた。

『夏の定番、と言えばコミケ』力説するこなた。
『それは、アンタだけ。』と、かがみ。

こなたが少年誌やギャルゲー等、興味の対象が男性的なのは、父の影響。
(エロゲーを娘の前で遊ぶ父って、凄すぎと思います。)
そんな父娘を母は、どう思ってるのか訊いたかがみ。こなた母がこなたの幼少時に他界していた事を知り驚く、かがみ。(こなたの母が他界している事をかがみが知らなかったのは意外でした。)

【料理についての話題】
こなたは父子家庭なので意外と出来る。
つかさは料理好き。(得意な様子。)
かがみは苦手っぽい。
(つかさが作ったクッキーが、かがみと合作と知ったこなたが、顔をしかめていた。)
みゆきは、大して出来ない。(本人の謙遜の可能性をかがみが示唆。)
黒井先生は、コンビニで済ませそうだが、一通りの事は出来る。(一人暮らし。)

こなたの学校はプールはあるが、何故か水泳の授業はない。
(みゆきは、水中で目を開けられないので、嬉しい。)

夏祭りは、巫女のバイトをしない、かがみ。(体重が減ったので。)
でも油断して、間食ばっかりしていたから、また増えた様子。
かがみの嘆く様を見て、「全く、これだから女って奴は・・・。」と愚痴るこなた。
こなたは若しかすると、女の子を『(ギャルゲーの)攻略対象』として見ているのかも知れません。
山本監督の更迭問題ですが、僕は静観しようと思います。
『らき☆すた』が面白いか否かだけを、見ていこうと思います。

今回は、急に『柊かがみ=美水かがみ』説を思いつき、書き直していたら大変な事になりました。
(一部地域では既に5話が、放送している。)
次回は、もう少し早く書きたいです。
では、また次回。みのる君は大丈夫でしょうか?

※おまけ情報
『kanon』公式HPで、DVD版のレビューを応募する企画があります。
詳細は次週(今週?)発表するそうです。


































スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らき☆すた 4話 「やる気の問題」と、「やる気ではどうしようも出来ない問題」

なぜか一瞬だけ写った「らき☆すた」らしくない『絵』。何処となくリアルチックなこの絵が、なぜここに挿入されたのか。その辺を軸にです。今回の話、『やる気の問題』。タイトルどおり、『やる気の問題』な話題

らき☆すた 第4話 「やる気の問題」

こんばんは、たこーすけです。「らき☆すた」第4話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。原作は単行本第1巻から第4巻まで既読です。以下、「らき☆すた」第4話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注意下さい。また、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」

らき☆すた 第4話 やる気の問題

ちなみに、これは「らき☆すた」第4話の感想です。「巨人の星」という熱血スポコンアニメがありました。梶原一騎原作の、スポコン、親子対決の元祖と言ってよいアニメでしょう。最近の若いもんは知らないかもしれませんが…(結構、ハルヒの「射手座の日」の感想でデスラー

レビュー・評価:らき☆すた/第4話 やる気の問題

品質評価 33 / 萌え評価 46 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 41 / シリアス評価 11 / お色気評価 11 / 総合評価 24レビュー数 333 件 学校の教科書は量が多く重たくて、いちいち自宅まで持って帰るのは面倒くさい。「泉こなた」も、いわゆる「置き勉」派だ。宿題も「柊かがみ...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。