yukitaの想い出日誌 スイートプリキュア♪
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

遂に、念願のプリキュアグッズを手に入れたぞー!

『スイートプリキュア♪』放送時、どういう経緯かは忘れましたが、「ハミィがプリキュアに変身し、響達4人が猫に変身する姿が描かれたTシャツ」の存在を知りました。

商品名は『TPETS ハミィ⇔プリキュア?!』と言って、去年の11月からプレミアムバンダイや、各ショップで発売されていた様です。

現在は既に販売終了しているので、なかなか商品を見付ける事が出来ないのですが、偶然、販売していたネットショップを見付け、残り1着だったので、すかさず購入しました。

そして遂に、我が家に商品が届き、実物を見ると――。

メッチャ可愛いです!!
このイラストを元に、是非一話作って欲しいです!!
イラストだけで、色々と物語が想像出来ます。
(※猫に変身した奏が、興奮しながら、自分や響達の手の肉球を触りまくっている姿が、容易に想像出来ます。)

お花畑で戯れている、猫の姿のキュアメロディ&キュアミューズ。
2人を見守るかのように、同じく猫の姿のキュアリズム&キュアビートが描かれています。
しかも、キュアビートは、しっかりとセイレーン時代の黒猫の姿という、念の入れようです。

そして、ミラクルベルティエを手にしたハミィが、キュアメロディに変身して、楽しそうに踊っています。
攻撃力は無さそうですが、この姿を見るだけで、大抵の敵は和んでしまうかも知れません。

こんなに可愛いグッズが、幼児向けのTシャツだけなんて、とっても勿体無いです。
ハンカチやエプロンにして売ってくれれば、喜んで買います。

TPETSの絵は、結構可愛いモノが多いので、色んな商品展開をして欲しいです。
着用は恥ずかしいけど、ハンカチや財布(革製)なら、是非欲しいです。

プリキュアのグッズで一番欲しいのは、サウンドトラックやキャラクターソング集に収録されている曲の楽譜です。
OP・EDは『ぷりんと楽譜』等で入手可能ですが、他のBGMの楽譜は入手出来ません。

僕に採譜が出来れば良いのですが、そんな能力は無いので、適当に音を拾って(右手のみ)手慰み程度に楽しむことしか出来ません。(※音が合っているかは、不明です。)

正しい楽譜さえあれば、独学で弾くか、楽譜を手にピアノ教室の門を叩くのですが…。
少し高額でも良いので、公式サイトから『プリキュアBGM楽譜集』が発売されることを期待しています。

最後に『ハミィ⇔プリキュア?!』の映像をアップしたかったのですが、方法が今一つ解らなかったので、プレミアムバンダイの紹介ページのURLを、紹介いたします。

実際にグッズを手に出来なくても、その可愛らしさは充分に伝わると思います。
『スイートプリキュア♪』が好きな方には、おススメです。

『TPETS ハミィ⇔プリキュア?!』(販売終了)
URL:http://p-bandai.jp/apparel/character/suitep/item-1000013932/
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪・48話『ラララ~♪世界に響け、幸福のメロディニャ!』感想

本当に、何と書けば良いのか…。本当に迷いました。
自分の拙い文章で、どう表現すれば、今の気持ちが伝わるのか…?

結局解らないので、今回も、体裁を整えずに、ありのままに感じた事を書こうと思います。
この感動が、少しでも伝われば幸いです。

ノイズの深い悲しみを癒し、笑顔を齎した響達。しかし、ハミィが居ない事に気付く。
その直後、ノイズが消えた場所から、『伝説の楽譜』に守られたハミィが現れ、響達は胸を撫で下ろす。

最後の力を振り絞り、散らばった全ての音符を浄化し、『伝説の楽譜』に収めたハミィ。
『幸福のメロディ』が完成し、満ち足りた表情を見せるハミィ。しかし…。

いつも、響達の傍にて、笑顔を振りまいたハミィ。
でも、今は力尽き、いつ目覚めるか解らない――。

「ねぇ、エレン?歌ってよ。ハミィに届く様に。」
響に促され、深い眠りにつき目覚めないハミィの為に、歌うエレン。
やがて、その歌声は、響達の心をハミィの心へと誘う。

果たしてハミィは、響達の呼び掛けに応じて目を覚まし、『幸福のメロディ』を歌う事が出来るのだろうか?
そして、『幸福のメロディ』は、世界に何を齎すのだろうか?

※こんなにも心温まる最終回を観る事が出来て、本当に嬉しかったです。
今はただ、感謝の気持ちで一杯です。

続きを読む

コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪・47話『ピカーン!みんなで奏でる希望の組曲ニャ!』感想

放送開始から毎週、リアルタイム視聴後は、寝る前に1度観るのが日課になっている、『スイートプリキュア♪』。
でも今回の話は、何度観返した事か。

『これを観たら、寝よう』と決めたのに、また観直し、更にもう一度…。
そんな日々を、今日に至るまで繰り返しています。

今回の話は、どう感想を書けば良いか迷いました。
結局、どうしても纏まらないので、思いつくまま書こうと思います。
いつもに増して読み難い文になると思いますが、楽しんで頂ければ幸いです。

世界中の殆どから、音が消えてしまった――。
そして、残された『音』は、響達のノイズの鼓動のみ。

世界中の音を取り戻す為に、再びノイズと相対する事を決意する響達。
しかし、ノイズが生まれた理由と真の目的を知り、ノイズの悲しみの深さを知る。

「ニャプ…?ノイズは、悲しんでいるのニャ?」
ノイズの悲しみを知ったハミィが下した『重大な決断』により、響達は大切な事を思い出す。

『悲しみは、乗り越えればいい』
その事をノイズに伝える為に、響達は再び、戦う決意をする。
――ノイズを倒すのではなく、救う為に。

響達の『最後の戦い』が、今…始まる!

※今回のプリキュア達とノイズの戦いは、戦いと言うよりは『会話』だったと思います。
今迄、その出自により全ての人々に否定されてきたノイズが、響達と触れ合い、幸せを感じる事が出来た――。

こんなに優しい『戦い』を、かつて観た事がありませんでした。
今迄、この物語を観続けて、本当に良かったです。

そして、今回の放送を観て、何故この物語の主題が『音楽』だったのかが、解った気がしました。

続きを読む

コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪考察・『ノイズの存在理由と、音符が加音町に集まった理由について』

いよいよ、『スイートプリキュア♪』の物語も、2回を残すのみ。
ノイズとの最終決戦に向けて、最高の盛り上がりを見せています。

そんな最中、46話の放送でノイズは「音楽が幸せを齎すと、本気で思っているのか?」と、響達に疑問を投げ掛けました。
何気無い一言の様に思えますが、この言葉こそ、ノイズの存在理由を示していると思いました。

ノイズの出自については、音吉さんが既に、『全宇宙の悲しみが集まった究極の悪』と明かしています。
でも、本当にそれだけでしょうか?

46話の感想でも少し書きましたが、ノイズの究極の目的は、『人々の心の救済』だと思います。
ノイズが本当に『究極の悪』ならば、その圧倒的な力で、問答無用に全てを滅ぼせば事足ります。

でも、ノイズはかつての戦いでも、対の存在だと思われるクレッシェンドトーンに「どけ!この世界に音楽など、必要無い!」と『対話』しています。
ノイズの叫びは、ただの自己主張の様にも思えますが、クレッシェンドトーンを説得する様な口調にも受け取れます。

彼が頑なに音楽を拒む理由は、一体何でしょうか?
そして、加音町に音符が集まった理由は、何処にあるのでしょうか?

※半ば思い付きで、かなり読み難いですが、楽しんで頂ければ幸いです。

続きを読む

コンテントヘッダー

スイートプリキュア♪・46話『ズゴーン!プリキュア最後の戦いニャ!』感想

激戦の末、痛み分けとなったプリキュア達とノイズとの戦いは、いよいよ最終局面へ。
もう、片時も目を離せない展開になりました。そして…。
――ノイズはやっぱり、まだ変身を残していました!

完全体を超え、究極の存在と化したノイズを、果たして倒す事が出来るのでしょうか?

音吉さんとクレッシェンドトーンの犠牲により、辛うじてノイズと痛み分けしたプリキュア達。
大切な人達を失い憔悴する仲間の心を、響の歌が救う。

どんな時も諦めない――。
たった一つの武器を胸に、再びノイズと相対する事を決意したプリキュア達。
しかし、ノイズは非情な方法を用い、自らの傷を癒した上にパワーUPを果たしていた。

傷付き倒れたメロディを取り込もうと、ノイズの魔の手が迫る。
絶体絶命の彼女を救ったのは、意外な人物だった。

※たとえノイズに敵わなくとも、音楽を愛する心だけは消せない――。
最後まで音楽を愛し続けたメイジャーランドの国民の姿に、『音楽の国』の矜持を見ました。

続きを読む

プロフィール

yukita

Author:yukita
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。